« めだかボックス | トップページ | 辺境警備 »

2009/10/08

猫ラーメン

Img467 そにしけんじ 著。コミックブレイドMASAMUNEにて2004年連載開始、現在は月刊コミックブレイドにて連載中、単行本は本編3巻+番外編1巻が発売中、以下続刊。

 血統書つきのアメリカンショートヘアーであるウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世は、トップモデルである父の大きすぎる期待に反発し、家を飛び出してしまう。そして彼は、寿司職人、自動車教習所教官、医者、スポーツ選手、作家等、職を転々とするが、どれもうまくいかず人生に悲観していたところを、とある屋台のラーメン屋に救われる。その店が出してくれた、煮干しとカツオベースのぬるいスープ、噛みやすい薄いチャーシューに味のしないメンマ、短く切った麺、という猫のためを思ってつくられたラーメンは、彼がラーメン屋を目指すきっかけになるには十分すぎる物であった。やがて屋台を譲られ、大将と呼ばれるようになった彼は、オリジナルの牛乳と鰹節を練り込んだ麺、猫麺を完成させ、ついには自分の店を持つに至る。さぁ、元祖猫ラーメン、本日堂々の開店です!

 そんな設定の、猫が経営するラーメン屋を舞台としたちょっとシュールなギャグ4コマ。大将のサイズは普通の猫と同じですが、二本足で立って菜箸と麺揚げを器用に操ったり、人の言葉を話せたりと、その辺はギャグマンガ仕様。ネタの基本は、ラーメンの内容やサービス方法について大将が思いついたことを、常連客のサラリーマン、田中相手に色々試す、というものなのですが、それがどれもこれも的を外していてとても面白い。太麺と言ってのびたラーメンが出てきたり、冷麺と言ってラーメンに氷を入れたり、おにぎりをサービスしようとするが猫なので握れなかったり、店主のまかないラーメンが猫缶入りだったり、回転寿司ならぬ回転ラーメンを始めてみたり、流しそうめんならぬ流しラーメンを始めてみたり、etcetc……とよくもまぁこれだけネタが続くものです。わりと麺を粗末にする描写が多いのがちょっとアレですが、そのへんはきっとほら、終了後にスタッフで美味しく食べていることでしょう。

 線が太く大ざっぱな絵は明らかに今風ではありませんが、でも下手というわけではないし読みにくさも無いため、ギャグマンガとしてならこれでまったく問題ないと思います。難を言うならば、作者の作品すべてが似たテイストになってしまっている、ということなんでしょうが、どれもこれも一定以上には面白いので私的には問題無し。中でもやはり、この「猫ラーメン」が一番面白いかなー、と最近は特に思うようになってきました。いつまでも読み続けますので、いつまでもこの作風のまま続けてもらいたいものです。

|

« めだかボックス | トップページ | 辺境警備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めだかボックス | トップページ | 辺境警備 »