« 辺境警備 | トップページ | いきばた主夫ランブル »

2009/10/10

ごうがいっ!

Img469 まるのすけ 著。COMIC SEED!にて2007年連載、単行本全1巻完結。

 一つ上の従姉弟、桑山ひよこに誘われ、中学1年生の園部輝一は新聞部に入部するために部室へと向かうが、薄暗い部室内に入ろうとしたところを、機嫌の悪そうな上級生に今日は休みだと追い返されてしまう。どうしようかと廊下で途方に暮れていた輝一だったが、そこに同じ1年生の風見萌という女生徒が現れ、新聞部への入部希望なら、部長のところへ連れていってくれるという。渡りに船とばかりについていく輝一だったが、連れて行かれた先は何故か暗室。そしてそこで待ちかまえていたのは新聞部の部長ではなく、新聞部を倒すためにうまれた、闇の新聞部の部長と副部長であった。ひよこの助けもあって、なんとか闇の新聞部から逃げ出し、本家の新聞部へと入部した輝一。だがその新聞部も、実は学校側から、校内新聞はもういらないんじゃないかと言われているという状態なのであった……。

 そんな出だしの、中学の新聞部を舞台とした学園ドラマ。新聞部と闇の新聞部のいざこざや、月に一度の学校新聞のあり方を考える等、基本のストーリーはシリアスですが、コメディー要素も多分に有り。そして個人的に一番のポイントなのですが、主人公の輝一が、登場する女生徒の胸を(事故で)触りまくるという、ちょいエロ要素も有り。なんというか、お約束要素として仕方ない部分もあるんでしょうが、正直なんでこういうことをやるのかなー、と思わずにはいられない作品でした。

 作者と言えばろりぷにな絵柄で(私の中では)有名であり、見た目だけで十分萌え系作品として成立するという逸材。正直この絵柄でフツーに作品を描いてくれれば、それだけでポイント高いと思うんですよね。なのに、無理矢理入れてるんじゃないかと思ってしまうような、サービスシーンの数々。しかも肝心のストーリー部分が、イマイチ盛り上がらないまま終わってしまうという状況。これ、サービスシーンを減らしてもっとストーリーを練ることができてれば、もっともっと面白い作品になったんじゃないかなー、と思わずにはいられませんでした。こういう構成になったのが、編集の意向なのか、はたまた作者の趣味なのかはわかりませんが、作者の趣味だとしたら設定をもう少し変えるべきだったんじゃないかと思いますし、編集の意向だった場合は……COMICSEEDも大変だったんでしょうし、読者を増やす方法としてお手軽なエロは間違ってないんでしょうから、その場合は仕方ないのかなー。うーん。色々な意味で残念です。

 この作品以降、作者は商業作品を発表していないようなんですよね。絵柄的にはシリアスでもコメディーでもどちらでもいけると思いますし、またそろそろ新作が読みたいなー、と思っています。いっそ、原作付きとかをやってみるのもいいんじゃないのかなー。

|

« 辺境警備 | トップページ | いきばた主夫ランブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辺境警備 | トップページ | いきばた主夫ランブル »