« まじもじるるも | トップページ | エム×ゼロ »

2009/10/01

ちろちゃん

Img459 結城心一 著。まんが4コマKINGSぱれっとにて2006年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 前の学校ではみんなから一目おかれ、弱みを見せることなんて無かったという転校生、八岐智呂遠(やちまた ちろえ)。この大文字西小学校でも、一目置かれた存在になる。そう意気込んでいた智呂遠でしたが、実はナメクジや虫が大の苦手という事実を、よりによって高原馬頭子(たかはら まとこ)というクラスメイトに知られてしまいます。というのも、馬頭子は登校中に見つけた虫を大量に捕まえて学校まで持ってきてしまうような、度を超えた虫好きだったからなのです。このままでは威厳が保てない。そう考えた智呂遠は学級委員長に立候補し、虫の持込を禁止にしようと目論みますが、学期途中での転入のためそれも叶いません。結局、虫もちこみ禁止係長、略してむちきん係となった智呂遠でしたが、その実体は馬頭子が学校に持ってきた虫の一時預かり係という、なんの解決にもなっていないものだったのでした……。

 そんな出だしの、虫がたくさん出てくるちょっとシュールなストーリー4コマ。ちろちゃんが主人公なのは間違いないですが、話としては虫が大好きな(愛してはいない)まとちゃんに振り回されるクラスメイト、というのが一般的なスタイルです。悪意はほとんど無いまとちゃんに必死に立ち向かうちろちゃんの空回りっぷりが楽しい作品。あとはちろちゃんよりさらに虫が大嫌いなやちほ先生の不遇っぷりも楽しいです。

 この作品には前作として、まとちゃんを主人公としたそのまんま「まとちゃん」という作品がありまして、ちろちゃんが出てこない以外は続けて読んでも何の違和感も無いつくりになっています。学年も、まとちゃんの時は小学校2年生~3年生、ちろちゃんになって4年生~6年生と繋がっており、可能ならぜひまとちゃんから読むべきでしょう。そのまとちゃんの初出は、今となっては色々アレな「週刊わたしのおにいちゃん」 ちろちゃん作中でもこの件に関してはネタにされているんですが、確かに知っていれば笑えるものの、知らないとなんのことだかまったく意味不明でしょうし、ちょっとどうなのかなー、と思わないでもありませんでした。ただまぁ、そもそもとんがった作品ですし、とんがったネタでいいのかもしれませんけどね。

 作者の代表作は、うーん、どれを挙げればいいのかなー。PC用18禁ゲームメーカーLeafのアンソロをたくさん描いていた、というのが一番有名なのかもしれません。あとは、実妹が「かんなぎ」の武梨えりということでしょうか。個人的には好きな漫画家ですので、この手のシュール系ストーリー4コマがフツーに存在するようになった現在、もっと売れていいのになー、なんて思っています。

|

« まじもじるるも | トップページ | エム×ゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まじもじるるも | トップページ | エム×ゼロ »