« 鋼の錬金術師 | トップページ | ひまわりっ ~健一レジェンド~ »

2009/11/23

うちは寿!

Img508 小池恵子 著。月刊まんがくらぶにて2006年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 寿家はその名の通りのおめでたい一家。長女にして一家の大黒柱でもある万里は、仕事はできるが家ではグータラ脳天気という32歳。次女で一家の炊事洗濯をこなす女子高生、美鶴は良く言えばクールだがマニアックで年寄り臭い面も。早く大人になりたい小学生の長男、千宏の趣味はそんな家族の観察日記。そして3人の孫に囲まれる祖母のかめは、若いイケメンとの再婚を夢見る気持ちは乙女の80歳。さぁ今日もそんな寿一家の、おめでたい日常のスタートです!

 そんな感じの、家族コメディー4コマ。各人の名前は鶴は千年亀は万年から。ファミリー物ではありますが、寿家の家族構成は上記の通り長女、次女、長男、そして祖母の4人であり、父と母は出てきません。作中では存在が過去形で語られているので、死んでいるのかなーとは思いますが詳細は不明。また、姉弟の年は長女と長男で25も離れているのですが、実の姉弟ではあるようです。以上のように設定にはちょっと? となる部分がありますが、読んで気になるほどということはなく、むしろファミリー物なのに両親ネタ無しでこれだけできるのか、とちょっと驚きです。ただそのせいで、ファミリー物と言うよりは、非常に気持ちが若い祖母も含めた4人姉弟物と言った方が正しい気はしますけどね。

 作品としてはフツーに面白いのですが、特徴的なのはそのコマ割り。4コママンガのメリットの一つに、コマ割りを考えなくていいというものがあるわけですが、それは逆にコマ割りで状況を表現することができないというデメリットでもあるわけです。ところがこれに限らず作者の作品では、頻度が多いわけではないのですが、時折4コマのコマサイズや形が違ったり、2つのコマが繋がってたり逆に2つに分かれてたりと色々変化があって、上記デメリットの対策をしていると言えるでしょう。ただ正直言うと、これって描く方にはそれなりに手間だと思いますし、そこまでするなら4コマじゃなくて1ページマンガとかの方がいいんじゃないかなー、とは思いますけどね。

|

« 鋼の錬金術師 | トップページ | ひまわりっ ~健一レジェンド~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鋼の錬金術師 | トップページ | ひまわりっ ~健一レジェンド~ »