« まねこい | トップページ | 話の話 »

2009/11/16

めぞん一刻

Img501 高橋留美子 著。ビッグコミックスピリッツにて1980年~87年にかけて連載、単行本全15巻完結。

「疲れた……」と言い残して田舎に帰ってしまった前管理人の後を継ぎ、風呂無しトイレ共同というアパート「一刻館」にやってきた新しい管理人は、音無響子というまだ若い女性だった。五号室に住む浪人生、五代裕作はそんな彼女のことを好きになるが、面白おかしく飲めればいいという他の住人たちの邪魔もあって、なかなか二人きり良い雰囲気にはなれずじまい。そうこうしているうちに迎えた春、かろうじて二流大学に合格した五代は、衝撃の事実を知らされる。それは、音無響子が大家の義理の娘であるという事。そして、彼女の夫、音無総一郎は、すでに亡くなっているのだということを……。

 そんな出だしの、アパート一刻館を舞台としたラブコメディー。作者が同時期に連載していた「うる星やつら」もラブコメですが、うる星やつらに比べるとめぞん一刻のほうがストーリー色が強いのが特徴。説明するまでもないような作品かと思いましたが、タイトルはともかく内容は、若い人たちは意外に知らなかったりするかも? 当初はコメディー色が強く、五代君の響子さんに対するアタックは誤解されたり邪魔にあったり恋敵が現れたりと、オチに使われることが多数。響子さんは亡き夫に操をたてていますし、五代君の方にも彼女と呼べるような女の子がいましたので、つかず離れずを意図的にやっていたんでしょうね。五代君が大学を卒業するあたりからそう言った部分での物語は動き始め、終盤は序盤に比べると一転してストーリー色の強い作品となりましたが、いくつかの三角関係を精算し終わった最終巻は、全編がほぼエピローグ風にもとれると思うのですが、そのあたりの盛り上がりも、やはり前半~中盤のラブコメ部分の積み重ねがあってこそのものと言えるでしょう。20年以上前の作品ということで、一見して古い作品だと思ってしまうのはどうしようもありませんが、それでも今読んでも十二分に面白い、素晴らしい作品でした。

 作者は現在、週刊少年サンデーにて「境界のRINNE」という霊能コメディーを連載中。漫画家って年齢を重ねるごとに作風も変わっていき、徐々に掲載誌の年齢層も上がっていくのが普通だとは思うのですが、未だに少年誌で書いてるのってちょっとすごいですよね。まためぞん一刻のようなちょっと大人のラブコメディーを読んでみたいと思っているのですが、月一連載くらいでどこかでやってくれないものですかねー。ただ正直、めぞん一刻を超えるのは無理だと思うので、怖さもあるんですけどね……。

|

« まねこい | トップページ | 話の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まねこい | トップページ | 話の話 »