« CLOTH ROAD | トップページ | 神話ポンチ »

2009/11/05

MISTERジパング

Img490 椎名高志 著。週刊少年サンデーにて2000年~01年にかけて連載、単行本全8巻完結。

 時は天文17年(西暦1548年)、なけなしの所持金を夜盗に奪われ、殺されそうになっていた日吉は、うつけと呼ばれた織田家の跡取り、信長に偶然助けられる。その後、行商をして生計を立てようとしていた日吉は、ヒナタという一人の渡り巫女と知り合いになるが、実は彼女は武田家の抜け忍であった。偶然日吉を見つけて後を付けていたがために、信長と部下の犬千代らは日吉、ヒナタと共に武田忍軍に囲まれてしまうが、その時気を失ったヒナタが、突如神懸かったかのように話し出す。曰く、自分はヒナタのもう一つの人格であるヒカゲであり、予知能力で武田家の滅亡を占ってしまったが為、追われる身になってしまったのだという。ヒカゲの予知と日吉の機転によってその場を逃れた一行だったが、その頃三河では天回という謎の僧が、時代を変革しようと動き始めていた……。

 そんな感じの、史実を元にした歴史ファンタジー。作者の作品らしく、ふんだんにコメディーも取り入れられています。日吉はいわゆる日吉丸=豊臣秀吉であり、信長との関係は大筋では史実に基づいた物となっていますが、細部はけっこう(かなり)違います。連載当初は、予知ができる巫女ヒナタ=ヒカゲだけがオリジナル設定だったんですが、中盤で謎の僧天回が実は未来からやってきた者であるとわかり、タイムパラドックスまでからんできてしまい、展開としてはかなり史実とは離れてしまいました。しかしながら、信長や秀吉と言ったメインキャラが皆それぞれキャラが立っていて、作中でも(ある程度は)納得のいく言動をしていたため、物語としては最後まで面白く読むことができました。史実との整合性に関しても、ギリギリ踏みとどまったかなー、という感じですね。ツッコミ所は色々ありましたが、それらをふまえた上でのファンタジー作品として非常に笑える作品でした。ようはアレです、「こんな信長や秀吉もアリだよね」ってことで。

 当時はこれは打ち切りだったのかなー、と思っていましたが、進めていけばいつかボロが出るor史実とは異なってしまうわけで、もともとあったいつ終わらせるかの候補の一つで終わらせたのかもしれませんね。ただ、やはり信長ということで桶狭間くらいまでの構想はあったでしょうから、そこまでは読んでみたかったなー、とは思わずにはいられませんでした。信玄の出番が終盤すごい多かったので、長篠は難しかったかもですけどね。

|

« CLOTH ROAD | トップページ | 神話ポンチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CLOTH ROAD | トップページ | 神話ポンチ »