« ちっちゃいナース | トップページ | 揉み師 »

2009/11/28

宇宙家族カールビンソン

Img513 あさりよしとお 著。プチアップルパイにて1984年連載開始。85年に少年キャプテンでも連載開始に伴い、プチアップルパイ版は「元祖宇宙家族カールビンソン」と改題するも、同誌休刊に伴い未完のまま終了、単行本全1巻。少年キャプテン版は連載を続けるが、これまた同誌休刊に伴い未完のまま終了、単行本全13巻。その後アフタヌーンにて1999年に仕切り直しで連載開始、現在は中断中、単行本1巻まで。画像は少年キャプテン版第13巻。

 星から星を渡り歩く旅芸人の一座が、宇宙の辺境で起こした接触事故の相手は、未知の文明圏の宇宙船だった。破片をまき散らしながら墜落していった宇宙船を救助すべく、一座は惑星アニカへと降り立つが、生存者はたった一人、赤ん坊の女の子だけ。宇宙船のデータベースも破損してしまっていたため、女の子を母星へ送り届けることすら叶わなかった一座は、いつか誰かが捜しにくるまで女の子の親代わりとなって、この星で待つことを決意する。「わたしたちは芸人だよ! できないものか! この子の親を演じてやるんだ!」 こうして一人の女の子のための、一座あげての大芝居が、幕を開けたのであった……。

 そんな出だしの、(疑似)家族コメディー。物語は上記あらすじから4年後、生き残った女の子、コロナちゃんがある程度大きくなったところから始まります。惑星アニカは原住生物はいるものの町などは無く、一座はコロナちゃんを可能な限り母星の習慣に沿って育てるため、学校、警察、商店等を備えた町までつくりだすわけなんですが、登場人物たちが皆どこかしらおかしいため、演じるべき日常もかなりおかしくなってしまっている、という感じのコメディー作品です。基本的な軸は2つあり、作られた世界という部分に触れる話と、単なるご町内コメディーの話とがあるわけですが、その比率は下手をすると1:9くらい? コロナちゃんの母星絡みの話は、ほとんど進んでませんしね。SF的な設定と日常コメディーがうまくかみあった、非常に楽しい作品でした。

 さてこの作品、一番最初にも書いた通り、経歴が非常に複雑だったりします。私は上記のように認識していますが、間違っている可能性もあることをご承知ください。アフタヌーンでは現在中断中らしいのですが、そのアフタヌーンで連載していた「るくるく」は完結しましたし、現在は果たして再開するのかしないのか、という感じでしょうか。正直他誌(少年キャプテン)で10年以上連載した作品を、また仕切り直して再連載、というのは、モチベーションが果たして保てるんだろうか? という気はします。ただおとうさんの謎等、解明されていない部分も多々ありますので、いつか再開してほしいなー、とは思っていますけどね。

|

« ちっちゃいナース | トップページ | 揉み師 »

コメント

小学生のとき読んだのをずっと探していました。記事作成ありがとうございます。

投稿: ゆーし | 2010/09/15 21:31

偶然にもお役に立てたようで良かったです。
私もおぼろげな記憶しか残ってないマンガとかがあって気になってはいるんですが、なかなか見つけられないですよねー。

投稿: やの | 2010/09/28 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちっちゃいナース | トップページ | 揉み師 »