« 神はサイコロを振らない | トップページ | 宇宙家族カールビンソン »

2009/11/27

ちっちゃいナース

Img512 荻野眞弓 著。まんがタウンオリジナルにて2004年連載開始、同誌休刊に伴いまんがタウンに移籍し、現在も連載中。単行本2巻まで以下続刊。

 町の小さなお医者さん、但馬医院に勤務する佐藤瞳子は、小学生程度の背丈しかないちっちゃいナース。だけど明るく元気で声も大きく、行動力も腕力もあるという彼女の存在感は、そんな見た目では計り知れません。同僚のモデルのような体型のおっきいナース、遠野洋子や、東洋医学や民間療法を取り入れた患者さんに優しい治療を心がける若先生、但馬修二らと共に、佐藤瞳子は今日も患者さんたちに、元気と明るさを振りまいているんです!

 そんな感じの、ナースコメディー4コマ。内容としては本格的な医療シーンはほとんど無く、瞳子さんの小ささや洋子さんの大きさをネタにした話と、病院の内外で起こる様々な出来事をネタにした話が、だいたい6:4くらいの感じでしょうか。元気で明るい瞳子さんと他キャラのかけあいが、読んでいて非常に楽しい作品なわけですが、瞳子さんは無邪気天然でもあるので、なんというかもう、私のストライクゾーンど真ん中ですね(聞いてない) ちっちゃいという部分も含めると、もうゲームセットレベル?(黙れ

 作者特有の絵柄の艶っぽさは、もちろんこの作品でも健在。ちょっと前に買った同作者の「ツンデレラ」は、同じ絵柄ながら内容はかなりアダルトで驚かされたのですが、個人的にはやはり、一般向け作品でこの絵柄だからこそだと思うんですよね。もちろん描くのを否定するわけではありませんが、アダルトな内容の作品ばかりにならずに、ぜひ一般向けも描き続けていってほしいと思っています。

|

« 神はサイコロを振らない | トップページ | 宇宙家族カールビンソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神はサイコロを振らない | トップページ | 宇宙家族カールビンソン »