« MISTERジパング | トップページ | サディスティック・19 »

2009/11/06

神話ポンチ

Img491_2 桂明日香 著。ヤングガンガンにて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 表では男ウケしそうな演技して媚びへつらってくるくせに、裏では罵詈雑言言いたい放題という姉2人との3人部屋という環境は、有形梯守(でいご)を卑屈心の塊とするには十分なものだった。卑屈を愛し、卑屈に生きることをポリシーとするようになった彼は、一人で卑屈になれる場所を求めて高校進学を機に一人暮らし始めようとするが、向かった不動産屋で隣に座っていた少女が持つ像から、とうとう幻聴を聞いてしまう。卑屈レベルが上昇したと喜ぶ梯守だったが、その像に触らせて貰った瞬間、像は消失、自身は気を失ってしまい、次に目覚めた彼を待っていたのは、あなたは狂気の神リュッサに取り憑かれてしまいましたと真顔で言う、知恵と戦いの女神アテナを自称する変なコスプレ女だった。さらにアテナは、あっけにとられる梯守を尻目に、取り憑かれた人間が心の底から幸せになればリュッサは追い出せる。そうでなければ死んでしまうので、くれぐれも卑屈になったりしないでね、と言葉を続けるのだった……。

 そんな出だしの、ギリシャ神話を扱ったドタバタコメディー。正直、設定は難解というか無駄に凝りすぎだと思うんですが、ようは卑屈な生き方が好きな高校生がいて、そこに女神アテナが現れ、卑屈に生きると死ぬと宣告されてしまう、というものです。さらにリュッサの化身だった像を持っていた空子先輩、アテナの友人のドジっ子女神アルテミス等がからんできて、ドタバタコメディーを繰り広げるという感じです。どのキャラもまだ表に出てこない設定が色々あるようで、メインストーリーに関してはまだ何とも言えないというのが本当のところなのですが、一つだけ確かなことがあります。それは、やっぱり作者のラブコメは面白いなー、ということ。この作品に関して言えば、ラブコメ部分はメインではない可能性が高いわけですが、少なくとも現時点では、空子先輩の絡んだラブコメ部分がかなり最高です。お金持ちで天才でちょっと変人だけど寂しがり屋、というわりとお約束な空子先輩をこれだけ可愛く見せるのは、作者の力量だと言っていい気がします。あーもー、もっとフツーの学園ラブコメをやってくれればいいのに!(問題発言

 タイトルなんですが、神話ポンチのポンチは、フルーツポンチのポンチなのか、いかれポンチのポンチなのか、ポンチ絵のポンチなのか、はたまたそのどれでもないのか、もしくは複数かけているのか、どれなんでしょうね。イメージ的にはフルーツポンチかなーと思ったのですが、フルーツポンチは英語にするとFruit Punchであり、この作品はアルファベットだとSHINWA PONCHIと表記してあるので、違うようなんですよね。となるとポンチ絵かなーとは思いますが、それだとようは神話マンガということになり、ひねりがないなぁ……なんて思ってしまいます。ただいずれにせよ、タイトルの語感はちょっと作品とあってないなー、というのが現時点では感想です。最終的にピッタリになってくれればいいんですけどねー。

 今後どういった展開になっていくかでこの作品の評価は変わってきそうですが、とりあえず最低、空子先輩だけは幸せにしてあげてくださいね?

|

« MISTERジパング | トップページ | サディスティック・19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MISTERジパング | トップページ | サディスティック・19 »