« FADE OUT | トップページ | ちっちゃいナース »

2009/11/26

神はサイコロを振らない

Img511 竹内元紀 著。月刊少年エースにて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 亡くなった父が教師をしていた高校に、産休の先生の代理としてやってきた、まるで小学生のような体型の国語教師、紫明奏羽(しめい かなう)。赴任早々、彼女がクラス委員長を連れて考古学者でもあった父の資料室を訪れると、なんとそこには古代デアゴ○ティーニ製の若い女性型ロボットが彼女を待ちかまえていた。ミカゲと名乗るそのロボットによると、奏羽の身体が大人になっても小さいままなのは、神話の時代につくられたどんな願いも叶えるという不思議な箱「キャラメル・ダイス(C.D.)」に、奏羽の父がそう願ったのが原因らしい。ならば C.D.を使えば本来の姿になれると考えた奏羽は、C.D.の場所を感知できるミカゲと、あまり役に立っていない委員長を引き連れて、C.D.の捜索を始めるが……。

 そんな出だしの、ダメ人間系の変態ばかりが現れる、下ネタ満載のストーリーギャグ。作者の過去の作品はどれも単なるギャグマンガでしたが、今作ではC.D.を捜すというはっきりしたストーリーがあるのが特徴。また、ギャグの基本が下ネタなのは変わっていませんが、今作では下ネタ以外のギャグがほとんど見られなくなっており、個人的にはちょっと残念です。私は作者のデビュー作? である「Dr.リアンが診てあげる」のような、ギャグならなんでもあれのハイテンションギャグが好みだったのですが、同じスタイルだった「仕切るの? 春日部さん」や「シスター・ルカは祈らないで!!」が今一歩だったことを考えると、このあたりでの路線変更は仕方なかったんでしょうね。ストーリーギャグとなったことで、途中の展開やラストの締め方も評価の対象となるようになったわけですが、そのあたりをどのように見せてくれるのか、作者の新境地に期待しています。

 作者は現在、まんがライフMOMOにて「チカちゃんは知りたがる」という下ネタギャグ4コマも隔月連載中。掲載誌の問題もあってか下ネタレベルは低めですが、今度はちょっとネタが子供っぽすぎる気がしていたりします。うーん、下ネタギャグマンガって、さじ加減が難しいんですかねー。

|

« FADE OUT | トップページ | ちっちゃいナース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FADE OUT | トップページ | ちっちゃいナース »