« 新世紀エヴァンゲリオン | トップページ | 鋼の錬金術師 »

2009/11/21

夕凪の街 桜の国

Img506 こうの史代 著。漫画アクションにて2003年~04年にかけて断続掲載、単行本全1巻完結。

 太平洋戦争の終結する昭和20年8月、家族で広島に住んでいた平野皆実は、米国の原子爆弾により被爆する。皆実は幸い軽いやけどで済んだものの、父は翌日死亡、妹は行方不明のまま二度と会えず、直後は元気だった姉は二ヶ月後に倒れ、伯母宅に疎開していた弟はそのままそこの養子となり、皆実は生き残った母と二人で、焼け出された人たちが集まるスラムのような集落で暮らし始める。そして10年後――23歳となり、とある建築会社で働いていた皆実は、表向きは元気な若い女性として回復していた。だが、しあわせだと思うたび、美しいと思うたび、皆実の心はあの日に引きずり戻される。家族を失い、町を失い、そして人としての尊厳を失った、悪夢のようなあの日に……。

 そんな感じの、いわゆるヒロシマを扱ったドキュメンタリー風マンガ。上記あらすじは第一部となる「夕凪の街」のものであり、それに32年後(1987年)を舞台とした「桜の国(一)」と、さらにその17年後(2004年)を舞台とした「桜の国(二)」を合わせた、三部構成の作品となっています。圧巻なのは、第一部となる「夕凪の国」。作者も後書きでオチの無い物語と書いていて、実際その通りなのですが、ストーリーのキーとなるものが戦争や原爆に対する批判とか現状とか思いとかそういう直接的な物ではなく、精神的なダメージとそれにともなうPTSDなんですよね。細部は書きませんが、この作品内で主人公の皆実がしているような思考は、ちょっと私が今まで想像したことが無かったものでした。果たしてそれが現実にありうるものなのかどうかは私には判断できませんが、こういう一面もありますと面と向かって言われれば、信じるだけに足るリアリティはありましたね。ああ、原爆投下という事実にはこういう一面もあったのか、と思い知らされた気分です。世の中、知らないことばっかりだー。

 マンガ作品としては、「夕凪の街」のラストは悲劇的なものですが、心情的には救われている部分もあるので、読後感が悪いということはありません。良いというわけでもないので非常に複雑なんですが、そこがオチの無い物語たる所以でしょう。「桜の国」の方は、ラストも救われているというかすがすがしくて、こちらはマンガ作品として成り立ってると思います。ただやはり「夕凪の街」があってこそだとは思いますけどね。

 「夕凪の街」ラストで、このお話はまだ終わっていません、と繰り返し書かれていますが、実際、人の記憶にある限り、永遠に終わらないお話なのでしょう。そしてこの話が記憶にあるということは、けして悪いことではなく、むしろ人として良い結果を導いてくれる素養となるはず。この作品には一読の価値があると私が考えるのは、そのような理由からです。

|

« 新世紀エヴァンゲリオン | トップページ | 鋼の錬金術師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新世紀エヴァンゲリオン | トップページ | 鋼の錬金術師 »