« めとろガール | トップページ | 飛べ!イサミ »

2009/11/11

でもくらちゃん

Img496 なかせよしみ 著。同人誌にて1997年より断続的に発表、単行本全1巻完結。

 昭和20年、出茂倉家に一組の双子が生まれた。昭和42年、双子は同じ日にまた双子の母となり、平成に入ってその二組の双子は、またしても同じ日に今度は全員三つ子を授かる。そして現在、出茂倉家には、見た目も行動もそっくりな12人の女の子がいるのであった……。

 見た目も性格もまったく同じという、4組の三つ子を主人公にしたショートコメディー。実際には姉妹と従姉妹の集団ですが、感覚的には12人の多胎児と捉えて問題ありません。個人個人の判別は親ですらできませんが、普段はヘアゴムの色の組み合わせで、年に一度の誕生日には指紋のチェックで判別しています。ただし作中では個性が出ることは無いので、判別の必要はありません。そもそも白黒じゃあ判別もできませんし(笑) ネタとしてはもちろん12人のそっくりな子というのをメインに出したものがほとんどですが、前述通り個性が出てくることはなく、12人が日常生活の中で同じような行動を取り、それによって引き起こされる笑い、とういものがほとんどです。普通なら長女、次女、とかで性格を変えて個性を出して話を作るところなんでしょうが、これはちょっと意外でしたね。名前すら数人分しか出てきませんし。

 そんな感じの内容であり、一見イロモノ系かと思うわけですが、ところがどうして、非常によくできた、面白い作品だったりします。作者が意図的に表現している部分として、とある一連の動作(例えばアイスを買って転んで落とすところまで)を12分割し、それを12人に当てはめて1コマに収める、というものが何度も出てきますが、やはりこれが1コママンガ的な面白さもあって一番上手いですね。他には意図的にコピーを11枚使う手法や、個性を出さない意味もあってセリフが極端に少ない事など、どれも実験的なものだとは思いますが完成度はけして低くなく、設定とかみあった上手い表現だと思います。抜群に面白いというわけではありませんが、興味深いという意味でも非常によくできた作品だと思いました。

 単行本は1巻で終わりであり、同人誌もNo12(!)でシリーズ完結とのことですが、その後も作品は断続的に発表されているので、そのうち2巻が出る可能性もあるかもしれませんね。作者は他には、SFJapanやコミックリュウにて連載があるとのことですが、pixivに同人誌収録作品が多数アップされているのもポイント。私も今回調べていて知ったばかりで、まだ数作品しか読んでないのですが、正直どれもレベルは高く、かつ登録数もすごいです。興味を持たれた方は、ぜひpixivにて「なかせっとマンガ」でタグ検索してみてくださいませ。

|

« めとろガール | トップページ | 飛べ!イサミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めとろガール | トップページ | 飛べ!イサミ »