« 宇宙のSPARROW | トップページ | サイボーグ009 »

2009/12/23

あさぎちゃんクライシス!

Img542 弓長九天 著。まんがタイムラブリーにて2005年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 中学3年生の支倉あさぎの家庭教師、河野一郎は、ちょっとヘンな大学生。趣味はツボ押しや鍼といった東洋医学で、あさぎが腰が痛いとか目がかすむとか疲れたとかやる気出ないとか言うたび、その知識と技能をいかんなく発揮し、あさぎの身体の各所を刺激しまくります。一歩間違えなくてもセクハラレベルの行動ですが、本人は親切心から行っているのであり、実際近所のお年寄りたちには非常に好評であるため、あさぎもあまり本気では怒れません。また家庭教師としても、まともな勉強も教えてくれて成績自体は上がりましたが、豊富な雑学知識のせいですぐ話が突飛な方向に脱線したり、行動が読めなかったり神出鬼没だったりと、こちらでもあさぎは振り回されっぱなし。あさぎの母やクラスメイト、河野の友人たちも巻き込んで、今日もちょっと(かなり?)変な家庭教師の時間、はじまります!

 そんな感じの、家庭教師コメディー4コマ。実質的には勉強ネタが多い日常コメディーだと思いますが、中学生から大学生という広い年齢層で日常コメディーをやろうとした場合、家庭教師というネタはポピュラーではありますが違和感なく使えていいですね。主人公は心情がよく描かれるあさぎちゃんで間違いはないとは思いますが、ネタ的には河野先生がいなければ成り立たないものがほとんどなので、主人公は河野先生とあさぎちゃんの2人体制と言っていいんじゃないかと思います。二人とも……というか、登場人物全員が多かれ少なかれ天然で、彼ら彼女らのボケとボケとボケとあとたまにツッコミが楽しい作品。前作「さゆリン」と同様、独自の空気を持った作品なわけですが、これはもう作者のセンスの勝利と言っていいような気がします。

 あとこの作品、単行本にも書いてありますが、元々は1999年から1年くらい連載した同名作品の、リメイク? なんだだそうですね。ぜひその当時の原稿も読んでみたいですが、掲載誌を今から手に入れるのは無理でしょうから、いつか単行本化されるのを気長に待ちたいと思います。

|

« 宇宙のSPARROW | トップページ | サイボーグ009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙のSPARROW | トップページ | サイボーグ009 »