« 絶対可憐チルドレン | トップページ | 宇宙のSPARROW »

2009/12/21

機動戦士Vガンダム外伝

Img540 原案・矢立肇 富野由悠季、漫画・長谷川裕一。少年キッズ1994年に掲載、単行本全1巻完結。

 宇宙世紀0153、地球圏統一を狙うザンスカール帝国とそれを阻止せんとするリガ・ミリティアの戦闘は、激化の一途をたどっていた。そんな中、リガ・ミリティアのエースパイロット、ウッソ・エヴィンは、偵察飛行中に敵の仲間もろとも、金色のモビルスーツに撃墜されてしまう。木星船「ハインライン」の船長、木星じいさんによって救出されたウッソと敵モビルスーツのパイロット、カムイは、そのまま彼らのコロニー「ダンディ・ライオン」へと向かうが、なんとそのコロニーは巨大な宇宙船、そこに住む者は全員がニュータイプであり、彼らは今まさに地球圏を棄て、遙か4.22光年も離れたプロキシマ・ケンタウリへ旅立とうとしているのだった。木星じいさんから、お前らも一緒に行かないか、とウッソとカムイは言われるが、考える暇も無くそこに、ウッソを撃墜した金色のモビルスーツ、ジョングが襲いかかってくる。カムイによれば、そのモビルスーツのパイロットの名前はスケイル。彼やカムイはザンスカール帝国のニュータイプ部隊であり、その中でもずば抜けた才能を持つスケイルは、なんと心で嘘が付けるのだという……。

 そんな出だしの、機動戦士Vガンダムの外伝マンガ。作者が何度か使っている「歴史は――常に表に出なかったいくつかの断片を持つ」で始まる外伝シリーズの一つでもあります。上記あらすじ通り、内容は非常にシリアスで、長谷川裕一解釈による「ニュータイプとはどこに向かっていくのか」という答えの一つになっている作品だと思います。また、今作を含む長谷川祐一オリジナルのガンダムシリーズでは、機動戦士ガンダムZZの主人公、ジュドー・アーシタのその後が断片的に語られているのですが、そのラストシーンが載っているのも特徴で、ZZ好きならちょっと気になる作品だとは思います。ただこのあたりは、機動戦士ガンダムユニコーンが発表されてしまったことで、一部不利になってしまったとは思いますけどね。サンライズ公認の作品ではありますが、正史ではないということで、仕方ないのでしょう。

 そして、この作品においてもっとも素晴らしいのが、ラストシーン。スケイルを倒した後、ウッソは地球圏に残ることを決め、木星じいさんとカムイはプロキシマ・ケンタウリへと旅だってしまうわけですが……ここに至って、話はニュータイプとかオールドタイプとかではなく、「人はいつ地球人ではなくなるのか」という部分に向かっていくんですよね。ガンダム世界でもスペースノイドとアースノイドの対立は明確ですが、そのあたりを突き詰めた結果の一つと言えると思います。もしかするとここに、地球人ではなくなるにはニュータイプとしての素養が必要だった、という解釈まで入るのかもしれませんが、さすがにそれはちょっと好意的に解釈しすぎかなー。まーちょっとぼかしましたが、いやはや何はともあれ、このラストシーンは最高です。これがあるからこそ、まだ感想を書いていないクロスボーンガンダムやクロノアイズ、ダイソード等をさしおいて今作の感想を書いた、というわけでした。

|

« 絶対可憐チルドレン | トップページ | 宇宙のSPARROW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶対可憐チルドレン | トップページ | 宇宙のSPARROW »