« 魔法先生ネギま! | トップページ | 深夜食堂 »

2009/12/06

CLAYMORE

Img520 八木教広 著。月刊少年ジャンプにて2001年連載開始、同誌休刊に伴いジャンプスクエアに移り、現在も連載中。単行本17巻まで以下続刊。

 華奢な体に大剣をかつぎ、妖魔と呼ばれる人に仇なす存在を退治するまだ若い女性たち。その背負った大剣から、畏怖の念もこめてクレイモアと呼ばれる彼女たちこそは、実は妖魔の血肉をその身に取り込み、半人半妖となることで妖魔に対抗する術を得た娘たちの集まりであった。その一員であるクレアは、今日も彼女らが所属する組織の命に従い、指示された街に赴き妖魔を狩るという日々を送っていたが、そんな折、兄が妖魔に取り変わられてしまい、天涯孤独となってしまったラキという少年に出会う。そして彼女に付き従うラキを見ているうちに、クレアはかつて彼女が同じように付き従っていた元組織のナンバー1、テレサの事を思い出すのであった……。

 そんな出だしの、ダークファンタジー。見た目としては、大剣と身体能力のみを武器とする若い女性たちが、妖魔を相手に熾烈な戦いを繰り広げる、というものであり、若干ネタ風味な部分もありますが、内容はけっこうハード。クレアたちは妖魔相手には正直余裕で勝てるのですが、彼女たちより強い覚醒者というのが出てきて、実は覚醒者とは、クレイモアたちが妖魔になってしまった姿、という展開。さらに、その覚醒者の中でも特に力を持った深淵の者と呼ばれる3体がいて、ストーリーは絡み合っていく、という感じなわけなんですが……実は最近、ちょっと衝撃な展開がありました。それは、実はこの世界は壮大な実験場であり、妖魔もクレイモアも覚醒者も、組織によって作られた存在であるという事実。正直予想外ではありましたが、え、これってやっていいの? とも思ってしまうわけで……。おそらくラストまでを見据えた状態で発表された設定であり、けして安易な考えで生み出されたものではないとは思いますが……正直、この話をどう締めてくれるのか、とても心配です。今のままで十分面白いんだから、こういうちょっとルール違反な設定は使わなくていいと思うのになー。

 前作「エンジェル伝説」がギャグマンガとして非常に面白く、今作が始まったときはギャグ要素無しでどこまでいけるのかと思いましたが、そんな心配はする必要もなかったですね。今回改めて読み直してみたら、あまりの面白さに一気に読み終えてしまいましたよ。というかアレですね、これクレアが最初っから主人公ですね。テレサのイメージが強すぎたせいか、私、途中で主人公変更があったと勘違いしてましたよ。登場人物が多くて、やや設定が分かりづらい、という理由もあったかもしれませんね。上記のように展開的にはちょっと不安ではありますが、でもやっぱり面白いですし、果たしてラストがどうなるのか、楽しみに読み続けたいと思います。

|

« 魔法先生ネギま! | トップページ | 深夜食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔法先生ネギま! | トップページ | 深夜食堂 »