« 逢魔ヶ刻動物園 | トップページ | ぼくの彼女はウエートレス »

2009/12/17

鞄図書館

Img536 芳崎せいむ 著。ミステリーズ! にて2004年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 そのゲーテ好きの喋る鞄の中には、古今東西のありとあらゆる本が取りそろえられていて、ほとんどの本は1年間という期限付で借りることができる。そしてそのラインナップは現存する本ばかりではなく、過去に火災によって失われた本や、伝説上の存在の本、さらにはこれから書かれるはずだった本までもが含まれているのだという。司書の男性と共に世界中を旅し、ありとあらゆる場所で本を貸し出している伝説の鞄図書館。もしあなたが運良く出会ったのなら、ぜひ声をかけてください。捜している本、きっとみつかります。

 そんな感じの、本にまつわるオムニバスストーリー。喋る鞄と司書さんのコンビが主人公兼語り部となり、毎回何かしらの本(小説が多いです)にまつわるストーリーが展開される、という感じの作品です。やっていることは作者の代表作「金魚屋古書店」の小説版、という感じではありますが、金魚屋はあくまで現実をベースにした作品んなのに対し、こちらは上記あらすじのように、鞄が喋ったり焼失した本まであったりと、かなりファンタジー寄りの作品。その手法にはメリットもデメリットもあるわけで、どちらが上だということは無いのでしょうが、両方やった意図というのは金魚屋の設定ではできないような話をこちらでやろう、というものなのかもしれませんね。

 鞄の中は広大な空間が広がっているけど、どうなっているのか。司書さんは年をとらないというか時代を超えている感じだけど、どういうことなのか。鞄レコードというありとあらゆる音楽を集めた鞄が出てくるが、他には何があるのか。そして、鞄図書館とはそもそも何故存在するのか。そういった部分を解明する話では無いのはわかっていますが、現実的な設定ではない以上、気になってしまうのもまた事実。刊行ペースは非常に遅いわけですが、次巻ではちょっとずつそのあたりの謎が明らかになっていくのを期待しています。

|

« 逢魔ヶ刻動物園 | トップページ | ぼくの彼女はウエートレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逢魔ヶ刻動物園 | トップページ | ぼくの彼女はウエートレス »