« サイボーグ009 | トップページ | HUNTER×HUNTER »

2009/12/25

ゴーゴー♪ こちら私立華咲探偵事務所。

Img544 渡辺航 著。週刊コミックバンチにて2006年~07年にかけて連載、単行本全4巻完結。

 子供のころ、川で溺れたときに助けてくれたような、みんなが頼れる探偵になりたい。そう思い、街の小さな探偵事務所に就職した金田一耕太郎だったが、その私立華咲探偵事務所の所長、華咲サヤは、殺しのからんだ難事件や、誘拐された姫の奪還、超セレブ王子の護衛など、ハードでエキサイティングでモエモエな仕事以外はやりたくないから断ってしまうという、選り好みしすぎの探偵だった。おかげで仕事はめったに無く、なんと事務所の家賃の支払いにさえ困っているという始末。理想と現実のギャップに悩む小金田一だったが、なんとそこに銀行の取り立てが現れ、一向に借金を返そうとしないサヤを筆頭に、小金田一を除く所員全員が捕まってしまう……。

 そんな出だしの、ドタバタ探偵コメディー。あくまでコメディーが主体であり、探偵っぽいこともしていますが、探偵マンガとしての整合性とかは期待して読んではいけません。作者の作品は主人公がトロかったり内気だったりと、自然テンポが遅くなるものが多いと思うのですが、今作は小金田一くんの視点で話が進み、かつサヤさんは面倒くさがり屋ではありますがトロくはないので、作者の作品にしては珍しくテンポのいいかけあいが楽しめるようになっています。とは言っても、サブヒロインのしおりちゃんという非常にトロくて内気な子もしっかり出てきますので、作者はそもそもこういうタイプのキャラが好きなんでしょうね。え、私ですか? もちろん好きですとも!(聞いてない

 サヤさんを筆頭としたキャラが良く、ラスト近辺の展開も衝撃的で、ドタバタコメディとしては十分面白かったとは思うのですが……残念ながら一年持たずに打ち切られてしまいました。その理由としては、一部展開に無理があったからなんじゃないかなー、と思っています。一応探偵物なんですから、ある程度展開にリアリティを持たせるべきだと思うんですよね。しかし全編にわたって何度も使われたロボットネタは、ちょっと(かなり)雰囲気を別方向にねじ曲げてしまっていたように思えました。また、いきなり掲載されていた番外編のような宇宙刑事ネタは、一体なんだったんでしょう。私は単行本でしか読んでないのですが、雑誌で読んでいれば、何かしらの説明があったんでしょうか……? 「制服ぬいだら♪」のノリをそのまま持ってきてしまい、失敗した、というのが一番しっくりくるような感じでした。

 作者は現在週刊少年チャンピオンで連載中の「弱虫ペダル」でついにブレイクした、という感じではありますが、個人的には今作のようなドタバタコメディーの方が合ってると思うんですよね。というかもしかしたら、総合的には私はこの華咲が一番好きかもしれません。最終巻後書きに、評判良かったら2の可能性も、なんてことも書いてあるので、その日がくるのを気長に待ちたいと思っています。

|

« サイボーグ009 | トップページ | HUNTER×HUNTER »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイボーグ009 | トップページ | HUNTER×HUNTER »