« 復活の地 | トップページ | SPRIGGAN »

2009/12/28

ひなぎく純真女学園

Img552 ふくやまけいこ 著。月刊COMICリュウにて2006年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 ひなぎく純真女学園高等部2年生の樫宮アミは、勉強も得意、運動も大好き、友人にも恵まれ、家も裕福という、すべてにおいて恵まれたお嬢様。およそ物事においてうまくいかなかったことなど一度も無く、それ故に悩みというものに縁の無かった彼女でしたが、ある朝校内でぶつかったジャージ姿の女生徒のことが気になってしかたなくなってしまいます。実はクラスメイトであったその女生徒、木成ユイとなんとか親しくなりたいと思うアミでしたが、何故か彼女に対してはまともな受け答えができず、ぶつかったお詫びにと持ってきてくれたおにぎりも、本当は欲しいのにいらないと答えてしまう始末。果たしてこの気持ちの行方、どうなってしまうのでしょうか……。

 そんな感じの、女子校を舞台としたストーリー4コマ。上記あらすじ後しばらくは樫宮さんと木成さんが徐々に仲良くなっていく過程を描いていますが、仲良くなってからは学園ライフ、という感じですね。そしてその学園ライフ部分が、読んでいて非常に楽しい作品です。樫宮さんはいわゆるツンデレの範疇に入るのかもしれませんが、ツンデレと言うよりは、単に好きな子の前では素直になれない、というタイプなだけですね。百合っぽい要素はありますが、少なくとも現時点では木成さんは樫宮さんの気持ちに気付いておらず、仲の良い友だち同士以上の関係ではないでしょう。おそらく今後関係は進展していくのだとは思いますが、そうなると連載が終わりに近づいてしまう気もするので、個人的にはずっとこの状態のまま、延々連載が続いてもいいんだけどなー、なんて思っています。

|

« 復活の地 | トップページ | SPRIGGAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活の地 | トップページ | SPRIGGAN »