« アストロベリー | トップページ | NERVOUS BREAKDOWN »

2009/12/12

ドラゴンクエストモンスターズ+

Img531 吉崎観音 著。月刊少年ガンガンにて2000年~03年にかけて連載、単行本全5巻完結。

 勇者になることを夢見て、日々ひのきの棒でスライム退治を繰り返していた少年、クリオの前に、ある日突然見たことのないモンスターがあらわれる。ふわふわもこもこで凶悪そうには見えないそのモンスター、わたぼうに、ボクらの世界を助けに来て欲しいと言われたクリオは、当然のように即決。自前の勇者装備と木の剣を手にし、わたぼうに連れられて異世界、タイジュの国を訪れるが……実はクリオは勇者としてではなく、モンスターマスターとしてこの地に呼ばれたのであった。モンスターに対抗するため、モンスターの力を借りて共に戦う職業、モンスターマスター。かつてこの国はテリーという一流のモンスターマスターがいたことによって守られていたが、彼が消えてしまったことで加護が失われはじめ、野生のモンスターによる襲撃を受けてしまっているのだという。当初その申し出を断ろうとしていたクリオは、モンスターマスターのかっこよさを目の当たりにし、自分も一流のモンスターマスターになると決意するが……。

 ゲームボーイ用ソフト「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」のクリア後の世界を舞台としたモンスターアクションバトル。実は私はゲームはやっておらず、作者の名前でこの作品を買ったので、ゲームとリンクしている部分の設定等はあまりよくわかっていません。ストーリーは、テリーがいなくなってしまい、彼を捜すための新しいモンスターマスターとして選ばれたクリオが、旅のとびらを通じて他の世界を旅していくうちに、隠された恐るべき真実に気付いていく……。という感じなのですが、この他の世界というのが、ドラゴンクエストⅠの世界だったり、Ⅱの世界だったりと、他のドラゴンクエストシリーズとクロスオーバーしているのがポイント。特にⅡクリア後の世界編はなかなかシビアで、クリオはローレシアの王子と出会うのですが、彼は破壊神シドーよりも力を持った存在として人々に恐れられた結果、国を棄て各地を放浪している、という感じの、ちょっと陰鬱な展開となっています。と、ここまで書いたわけですが、果たしてこの設定がマンガオリジナルのものなのか、ゲームの方でも登場しているものなのかが私にはわからないので、もし何か根本的に間違っていても許してください(弱気

 その他には、ゲーム自体にはモンスター同士の「配合」という要素があるらしく、マンガではそれを超えた「邪配合」という要素があったり、テリーがその邪配合を極めようとしている? 敵役として出てきたりと、それなりに燃える展開ではあったのですが……残念ながらそのあたりの決着がつくことは一切なく、様々な伏線も回収できないまま、Ⅱの世界編終了後にあえなく打ち切られてしまいました。うーん、このタイミングで打ち切るって、なんでだったんだろう? 当時は「ケロロ軍曹」で売れ始めていた頃だったと思うので、スクエニ側から切る要素は無いと思うんだけどなー。もしかしたらケロロが忙しくなったことで、作者の方から終わりにしたとかだったり? まったく根拠はありませんが、まだその方が納得できそうです。もしくは版権絡みなのかなー。

 ドラゴンクエストはナンバリングタイトルしかプレイしたことがない私でも、それなりに楽しめる作品でしたので、おそらくはテリーのワンダーランドをプレイした人なら、もっともっと楽しめると思います。正直今からゲームボーイ版、もしくはリメイクのPS版をやる気にはなれないので、できたらDSでリメイクとか出てくれないかなー。いやでも、出ても時間的にやるかどうかはきびしいですが……。

|

« アストロベリー | トップページ | NERVOUS BREAKDOWN »

コメント

作者と雑誌でモメ事⇒打ち切り(´゜ω゜)
自分も好きだったな・・・DQM+

投稿: | 2010/07/09 03:36

あらら、そういう流れだったのですか……。
となると、一応完結して単行本も出ただけマシ、と思うしかないんですかねー。
どうもありがとうございましたー。

投稿: やの | 2010/07/14 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アストロベリー | トップページ | NERVOUS BREAKDOWN »