« 深夜食堂 | トップページ | すいーとるーむ? »

2009/12/08

ダブル・フェイス

Img522 細野不二彦 著。ビッグコミックにて2002年より連載中、単行本19巻まで以下続刊。

 街の小さな消費者金融、月影ファイナンスに勤務する春居筆美は、普段はうだつのあがらない手品好きのサラリーマンだが、その正体は実は月影ファイナンスのオーナーであり、裏社会にその名を知られる魔術師、Dr.WHOO(ドクター・フー)でもあった。彼は街金での営業業務の傍ら、金銭的にもそれ以外でも借りをつくってしまったことで困っている人々を見るや、その債権が有効か無効かを判断。そしてひとたび無効と断じれば、Dr.WHOOとしてのマジックの腕前を巧みに使い、不良債権は本人に代わって必ず回収するのだった。

 そんな感じの、ダークヒーロー系のヒューマンストーリー。ストーリーの随所にトリックやイリュージョンが使われるのが特徴。ストーリーはしばらくは単発での勧善懲悪が続きますが、そのうちにDr.WHOOがかつて在籍し、現在も形式上は残っている? 黒淵機関と、その対抗組織の戦い、という流れになっていきます。法では裁けないような悪を裁く、というテーマに外れはないでしょうし、リアルの社会情勢を組み込んだ話作りにもなっているため、読んでいて気分が晴れる作品です。現実はこんなにうまくいくはずないよー、という部分は確かにありますが、それはそれ、創作作品なわけですから、問題ないでしょう。

 正直この作品は、トリックを色々考えなければならないという部分もあって、こんなに長期連載になるとは思っていなかったのですが、今や立派な代表作の一つになってしまいましたね。さすがにストーリーは黒淵機関絡みばかりになってしまいましたが、もう締めに入っているとは思いますし、来るべきラストに向けてどうなっていくのか、楽しみに読み続けたいと思います。

|

« 深夜食堂 | トップページ | すいーとるーむ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜食堂 | トップページ | すいーとるーむ? »