« HUNTER×HUNTER | トップページ | ひなぎく純真女学園 »

2009/12/27

復活の地

Img551 原作・小川一水、作画・みずきたつ。月刊コミックフラッパーにて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 王紀440年5月44日夕刻、レンカ帝国の首都トレンカを、未曾有の大地震が襲う。建物は崩れ橋は落ち、国会がまさに開催中であったグノモン宮議事堂も崩壊。引き起こされた火災は旧市街を中心にまたたくまに広がり、メイポール祭の日でもあったため人で溢れかえっていたメインストリートは、阿鼻叫喚の地獄絵図と化してしまう。鉄道、道路、通信は断絶し、政府省庁をはじめとした行政機関も壊滅。かろうじて陸軍や天軍が独自の救助活動を始める中、総督が亡くなってしまったために臨時のジャルーダ総督となった帝国高等文官、セイオ・ランカベリーは、公僕としての矜持に従い、民を救うために動き出す……。

 そんな出だしの、災害パニックSF。ハヤカワ文庫JAから出版されている同名小説のコミカライズ作品です。原作者の小説がコミカライズされるのはこれが2作目なんですが、1作目の「第六大陸」に比べると、こちらはまずマンガとしてしっかりしています。そして忠実度度合いですが、こちらも第六大陸に比べると原作に忠実であり、変に凝って失敗したりはしていないので、原作を知っている人にならばこちらの方が受け入れられやすいでしょう。ただし、この場合の忠実度が高いというのは、マンガならではの表現が少ないということでもあり、なら原作を読めばいいんじゃないの? という風にも思えてしまうんですけどね。このあたりはコミカライズ作品が持つ難しさの一つであり、どう原作と違いを出すかは作者の腕の見せ所なんでしょうが、今のところは大きく冒険することもないので、失敗もしていない、という感じでしょうか。

 ストーリーはトレンカを大地震が襲い、そこからの復旧をとある志し高き官僚の視点で描く、というものなわけで、綿密に計算され、かつストイックな原作の展開は、読んでいて非常にひきこまれるものです。このコミカライズ版も現時点ではそれほど違いはなく、良く言えば原作に忠実、悪く言えばマンガである必然性が薄いわけですが、一つだけ大きな違いがあります。それは、物語のヒロインであるスミル内親王が、未だまともに出てきていないこと……。あれれ? 小説に対してマンガの一番のメリットは、当然絵があることなわけですが、なのに見た目にも映えるヒロインを出さないってどういうこと? 確かに時系列的には出番はまだ先なんですが、小説ではプロローグという扱いにして、一番最初に出番を持ってきているというのに……。最初にヒロインを出さないメリットがあるとは思えないんだけどなー。

 原作を知っている身としては、今作は現時点ではとりあえず読める、という感じでしょうか。ただ話は今後、人間関係がどんどん複雑になり、政権争いとかも出てくるので、そのあたりをどうマンガで表現するのかなー、というのが期待でもあり不安でもあります。あとはアレですね、小説とマンガは密度が違いますから、コミカライズする際には削れるエピソードは遠慮無く削る必要があると思うのですが、今作においてはそういうった削っている部分がまだあまり無いんですよね。なので、正直このペースだと、完結までにけっこうな時間がかかってしまうんじゃないかと思います。個人的にはそれでもいいんですが、でもマンガには途中打ち切りがありますし、やっぱり難しいんだろうなー。

|

« HUNTER×HUNTER | トップページ | ひなぎく純真女学園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HUNTER×HUNTER | トップページ | ひなぎく純真女学園 »