« BREAK-AGE | トップページ | ドラゴンクエストモンスターズ+ »

2009/12/11

アストロベリー

Img525 金田一蓮十郎 著。月刊少年ギャグ王にて1999年連載開始。同誌休刊に伴いコミックバウンドにて仕切り直し連載再開。同誌休刊に伴いガンガンパワード、ガンガンYGと掲載誌を移し、ガンガンYG休刊後は約3年の連載中断期間を経て増刊ヤングガンガンに移り、現在も連載中。単行本2巻まで以下続刊。

 見たところおとなしく、騒がしくなく、自己主張強くなく、目上の者に従順。そんな奴隷用、ペット用として最適と思われる人格をコピーして作った2人の人間、男子中学生のチョコと成人女性のバニラの性格は、片や反抗的で心配性、片や淫乱で出しゃばりと、元人格となる女子中学生、桜まことは似ても似つかないようなものであった。従順な地球人を複製して自分の星で販売することで大もうけを企んでいた科学者ベティは、この失敗の原因究明のため、元人格となるまこを詳しく監視、調査することを決意。そのためにチョコ、バニラと共にまこの家の隣の空き家に住み着くが……

 そんな出だしの、ドタバタコメディー。今回はこんな作戦でまこのことを調べよう、という感じの実験系の作品でもあります。作者曰くラブコメとのことですが、個人的にはラブコメとはちょっと違うかなー、という印象。その理由は、おそらくチョコの存在ですね。「ジャングルはいつもハレのちグゥ」シリーズで言うところのハレであるチョコの存在はあきらかに主役級であり、ベティとまこのラブコメディをメインにするには、ちょっと邪魔だと思います。また、肝心のベティとまこが、お互い恋愛感情を全然持っていないというのも大きな問題です。話が進んでいけば徐々にラブコメになっていくとは思いますが、展開は遅いのでそれもまだまだだと思いますし、当分はこのままなんじゃないのかなー、と思っています。ドタバタコメディーとしては十分面白いので、別にかまわないんですけどね。

 作者はつい先日、代表作である「ハレグゥ」を完結させ、現在は「ニコイチ」や今作を連載しつつ、月刊少年ガンガンでの新連載を準備中、というところでしょうか。私はハレグゥの頭身の低かった初期の絵柄が好きだったので、新連載は頭身を落としたものがいいなー、なんて思っているのですが、絵柄は変わっていくものですし、それは難しいのかなー。

|

« BREAK-AGE | トップページ | ドラゴンクエストモンスターズ+ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BREAK-AGE | トップページ | ドラゴンクエストモンスターズ+ »