« ダブル・フェイス | トップページ | BREAK-AGE »

2009/12/09

すいーとるーむ?

Img523 東屋めめ 著。まんがタイムにて2006年より連載中、単行本3巻まで以下続刊。

 とある建築資材会社の設計担当のゆかりさんは、設計以外の様々な仕事もテキパキこなす有能社員。そんな彼女の住んでいる所は、夜になると静かなビル街という立地、セキュリティーも万全で安心安全、通勤時間もかからず朝ものんびりでき、家賃も光熱費も一切不要という夢のような場所……そう、なんと彼女が住んでいるのは、会社内だったのです。元々は普通に通勤していたゆかりさんでしたが、通勤時間がもったいないと毛布や寝袋持参で社泊を繰り返していたところ、会社の業績が上がったために社長の許可が下り、住民票まで移してしまったとのこと。そしてそんなゆかりさんの事が好きな中途採用社員の永井くんは、彼女を起こすという役目を得るために毎日朝早くの出社を心がけていますが、まだまだ仕事のミスが多く、ゆかりさんからフォローしてもらう毎日。100%の確信が持てたら告白するつもりではあるのですが、果たしてその日はいつになったら来るのでしょうか……。

 そんな感じの、オフィスコメディー4コマ。上記の通り、ゆかりさんは職場にそのまま住んでいて、さらに買い物等も可能な限りネットで済ませるため、会社からほとんど出ない、というのが基本設定です。主人公はゆかりさんで正しいのでしょうが、そんなゆかりさんに対する永井くんをはじめとする社員の人たちの反応、というのがネタの基本ですね。ゆかりさん自身は有能ということもあり、ボケは主に永井くんの担当となっているので、永井くんも主役と言っていいのかもしれませんが、そのためには今後どれだけゆかりさんに近づけるか、が問題となるでしょう。そしてコメディー作品である以上、少なくとも最終回まではずっと関係はこのまま、という可能性は高いわけですね。報われないだろうけどがんばれ永井くん!

 作者の作品はどれも面白いのですが、勢いやインパクトに任せたオチとか、読者の想像に委ねるオチとか、そういうのがほとんど無いのがポイントなのかなー、と今回なんとなく思いました。個人的にはそういった傾向が一番色濃く出ている「ご契約ください!」が一番面白いとは思うのですが、うーん、これって、メリハリの付いた作風とでも言えばいいのかな……? ちょっとこのあたりの分析は、今後の課題としたいと思います。

|

« ダブル・フェイス | トップページ | BREAK-AGE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダブル・フェイス | トップページ | BREAK-AGE »