« ぼくの彼女はウエートレス | トップページ | 絶対可憐チルドレン »

2009/12/19

ゆびさきミルクティー

Img538 宮野ともちか 著。ヤングアニマルにて2002年より連載中、単行本9巻まで以下続刊。

 都立桜深高等学校1年生、池田由紀(ヨシノリ)の趣味は、女装して自分で写真を撮ること。元々はモデルのアルバイトをすっぽかした姉の代わりにウェディングドレス姿の写真を撮るはめになったのだったが、その時に違う自分になれるという魅力に気付いてしまった彼は、姉や隣に住む2歳下の幼なじみ、森居ひだりにも内緒で、その趣味に没頭していった。そんなある日、由紀は女装中に、外でひだりに出会ってしまう。彼女のことを実の妹としてくらい大事にしていた由紀は、咄嗟にユキ(由紀)という偽名を使ってその場を逃れることに成功するが、ひだりにもバレなかったという事実は彼を少しずつ大胆にさせていった。やがて彼は、クラスの男嫌いらしい気になる女子、黒川水面に近づくため、女装して話しかけようとする。女装自体はあっさりバレてしまったものの、親しくなることには成功した由紀だったが、今度は女装中に再び出会ったひだりから、私は紀くんが好き、という秘密を打ち明けられてしまう……。

 そんな出だしの、女装ラブコメ。恋愛物として真面目に読むと、由紀の性格がちょっとひどいんですよね。ひだりと水面両方の想いを知りつつ、水面が好きと言ったりひだりは俺が守ると言ったり、二人を泣かせておきながらこっちだって泣きたいよと被害者ぶったり、場に流されてひだりとも水面とも行為に及ぶ直前まで行ったり、あっちへふらふら、こっちへふらふら、もう見てられません。ところがそんな三角関係を延々続けるのかと思ったら、なんと由紀が一番好きなのは、女装した自分自身だった、という超展開。その他にも思わず「ねーよw」とか言ってしまうような展開も満載で、「君たちはいったいどこへ行ってしまうのかね?」なんてツッコミを入れてしまうような、非常に続きの気になる、楽しい作品となってしまいました(褒めてますよ?

 しかしこうなってしまうと、最終的に由紀がどうするかというのは、ひだりと水面のどちらを選んでも何か違う気がするんですよね。かといって本当に、最後に選んだのは女装した自分自身、みたいな終わり方も無理でしょうし、ここは作者の腕の見せ所という感じでしょうか。安易にどちらかが身を引いて、とか、もっと最悪な新たな相手を見つけて、とかにだけはしないでくださいねー。

|

« ぼくの彼女はウエートレス | トップページ | 絶対可憐チルドレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくの彼女はウエートレス | トップページ | 絶対可憐チルドレン »