« ひなぎく純真女学園 | トップページ | りびんぐゲーム »

2009/12/29

SPRIGGAN

Img553 原作・たかしげ宙、作画・皆川亮二。週刊少年サンデーにて1990年連載開始、その後掲載誌を週刊少年サンデー増刊号に移し、96年完結。単行本全11巻。画像は文庫版全8巻。

 高度に発達しすぎてしまったが為に滅んだと言われる、超古代文明。彼らが残した様々な遺産は、現代の科学力では到底解明できないような、恐るべき力を秘めた物ばかりだった。そんな折に深海の底から発見された、年代も材質も不明の金属プレート。それには古代ヘブライ語で「我々が残した様々な遺産を、悪しき目的の者から守ってほしい」というメッセージが刻まれていた。全世界規模の巨大財閥、アーカム財団に所属するS級エージェント、通称スプリガンの一員である男子高校生、御神苗優の仕事は、そういった古代文明を守り、封印すること。例え背後にアメリカやロシアといった巨大国家がついていようとも、相手の目的が古代技術の戦争利用である限り、一歩も引くことは許されないのだ……!

 そんな設定のSFアクション。神話に出てくるような様々な古代技術は、超古代文明が残した遺産だった、という設定のもと、それを奪おうとする様々な組織と、優たちスプリガンの戦いを描く、という感じの内容です。扱う遺跡、遺物は、メギドの炎、ノアの箱船、バベルの塔、水晶髑髏、オリハルコン、賢者の石、等々一般に知られているものが多く、対抗組織もアメリカやロシアを筆頭とした知名度の高いものばかりなので、「もし本当に古代文明から現代の科学力を超える技術が発見されたらどうなるか」を考えたとき、本当にこのマンガのようになってもおかしくはない、と思えるようなつくりになっています。むしろ一番現実的でないのはアーカム財団なのでしょうが、そのあたりの話も作中で語られており、ある程度満足はいきます。まぁ、そういった政治的駆け引き部分よりも、最前線で戦う御神苗優たちが繰り広げる人間ドラマとバトル、が一番面白い部分だとは思いますけどね。

 作者はその後、複数の作品を発表していますが、個人的にはアニメ化もされた「ARMS」と現在連載中の「ADAMAS」が、スプリガンの後を継ぐ作品と言えるんじゃないかなー、と思っています。なのでどっちかと言うと、私は原作担当のたかしげ宙よりも、作画担当の皆川亮二の方が好きなんでしょうね。原作と作画が違うマンガの場合、たいてい私は原作びいきだと自分では思っているだけに、めずらしい結果だと思っています。

|

« ひなぎく純真女学園 | トップページ | りびんぐゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひなぎく純真女学園 | トップページ | りびんぐゲーム »