« SPRIGGAN | トップページ | 2009年(俺的)マンガランキング »

2009/12/30

りびんぐゲーム

Img554 星里もちる 著。ビッグコミックスピリッツにて1990年~93年にかけて連載、単行本全10巻完結。

 社長を含めて従業員5人という小さな会社に勤める25歳の会社員、不破雷蔵の目下の不満は、住んでいる部屋がとにかく狭いということ。意を決して引っ越した先は、家賃は高いが広々とした2DK、しかも後日決まった会社の引っ越し先であるビルの目の前という好立地だったのですが……。なんと会社の引っ越し当日になって、会社が入る予定だったそのビルが手抜き工事で傾いてしまい、入れなくなってしまいます。元のビルには戻れないし、かといってある程度の広さがあって、すぐに荷物が置けて仕事が始められる場所なんて……。というわけでまさかのまさか、その条件にぴたりと当てはまった不破の新居に、会社が転がり込んできてしまったのでした。狭いのは嫌だと訴える不破でしたが、現状他にどうしようもなく、最終的には我慢するしかありません。ところがただでさえ狭いそこに、以前から約束していたからと、新人を入れると社長が言い出します。もう机を入れるスペースも無いと不満を募らせる不破でしたが、島根から出てきたばかりという15歳の女の子、氷山一角(ひやま いずみ)の希望とやる気に満ちあふれた台詞を聞いているうちに、不破は自分がまだ新人だった頃、仕事に広さは関係ありませんと熱意を持って言っていたことを思い出すのでした……。

 そんな出だしの、ホーム(住宅事情)ラブコメ。ストーリーはこの後、15歳ということで部屋探しがうまくいかないいずみちゃんが、最終的には不破くんの部屋(兼会社)で一緒に暮らすようになり……という感じで進んでいきます。そのあたりはとにかくいずみちゃんが健気で可愛いということもあり、展開的にもシチュエーション的にも読んでいて非常に楽しかったのですが、残念ながら中盤以降の三角関係部分にちょっと不満が残りました。具体的に言うと、今作では不破くんといずみちゃんはずっと両思いなのですが、そこに新キャラを出してどっちかに近づけさせて誤解から話がこじれて……、というパターンの繰り返しなんですよね。中盤までの時子絡みの三角関係はキャラも立ってたし設定もきちんとしてたし問題なかっただけに、中盤以降は非常に残念でした。

 しかしその部分にさえ目を瞑れば、いずみちゃんは健気で可愛いし、住宅事情ネタというのは当時の時流にもあっていましたし、いずみちゃんは健気で可愛いし、丸っこい輪郭の画は私好みだし、いずみちゃんは健気で可愛いしと、もう壊れたレコードのようになってしまうくらい、文句なしに私好みの作品でした。なんというかですね、この作品は私のマンガ人生の元となる作品(の片方)である、と断言してしまうくらい、私にとって重要な作品だということです。ああホント、いずみちゃん可愛かったなー。当時は萌えなんて言葉はありませんでしたが、今思うに私が初めて萌えたキャラというのは、このいずみちゃんだったのでしょう。

 ちなみに私のマンガ人生の元となるもう一つの作品は、椎名高志「ゴーストスイーパー美神 極楽大作戦!!」です。2009年の最初にGS美神の感想を書き、最後にこのりびんぐの感想を書くというのは、初期の頃から考えていたことですが、無事達成できてほっとしています。閑話休題。

 作者はその後、いくつもの作品を連載、完結させ、現在はビッグコミックスペリオールにて「光速シスター」を不定期連載中。どの作品もつまらないとまでは言いませんが、徐々に面白みは減ってきてるかなー、というのが私の正直な感想です。そんな状態なので、りびんぐの続編を書いて欲しいとはちょっと怖くて思えませんが、いつかまた、りびんぐ並みに面白い作品を描いてくれることを信じて、これからも読み続けたいと思っています。

|

« SPRIGGAN | トップページ | 2009年(俺的)マンガランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPRIGGAN | トップページ | 2009年(俺的)マンガランキング »