« ゆびさきミルクティー | トップページ | 機動戦士Vガンダム外伝 »

2009/12/20

絶対可憐チルドレン

Img539 椎名高志 著。週刊少年サンデーにて2005年より連載中、単行本19巻まで以下続刊。

 21世紀初頭、およそ地球上のあらゆる分野で、エスパーはその重要性を増していった。だがその才能は稀少であり、大きな影響力を持つとされるレベル4以上の者は全体の3%以下。内務省特務機関超能力支援研究局、通称BABELが把握している国内のレベル7に至っては、たったの3人であった。そろって10歳というその3人、レベル7サイコキノの明石薫、レベル7テレポーターの野上葵、レベル7サイコメトラーの三宮紫穂は、その強大すぎる能力からノーマルの子供たちとは隔離され、BABELによって育てられつつ、彼女たちでないと対処できないような事故や犯罪等に対応させられていた。新たに彼女たちの主任となった一般人、皆本光一は、彼女たちのことを自分の感情も制御できないようなワガママなクソガキと言いつつも、自分も超天才で学校等に馴染めなかった過去を持つことから、少しでも彼女たちのことを理解し、彼女たちが健やかに育つことができるよう、様々な方面から働きかけるようになっていく。だが世間にはまだまだ誤解も多く、エスパーとノーマルの間には、依然深い溝があるままだった。そんな折、皆本は太平洋戦争時の動物実験から生まれたレベル7プレコグ(予知能力者)のイルカ、伊九号から、恐るべき予知を聞かされる。それは、10年後の未来、薫、葵、紫穂の3人はエスパーの地位向上を目論むテロ組織、PANDRAの一員となり、皆本はその女王となった薫を、ブラスターで撃ち殺す、というものであった……。

 そんな出だしのSFコメディ。超能力を持つ者(エスパー)と持たざる者(ノーマル)が混在する世界というものを構築しようとすると、当然そこには対立や利害関係が生まれ、そういった部分をある程度正面から思い切り描いている作品です。自然とストーリーは重厚かつ暗いものになってくるとは思うのですが、そのあたりはキャラや見せ方を工夫することで、重苦しい展開にはならないようになっています。具体的には、主人公を10歳の女の子3人にして、ギャグを多く入れている点ですね。ギャグ展開は作者の得意とするところでしょうし、掲載誌的にもこれで問題ないでしょう。一つ個人的に思うのは、メインストーリーの一つとして、20歳の皆本にあこがれる10歳の女の子たち、という部分があるのですが、このあたりが非常に少女漫画向けだと言うこと。敵方の兵部の存在なんて、もうそのまま使えるでしょうし。その他さじ加減を変えれば少女雑誌に載っていてもおかしくない作品になったと思うので、まだこの作品がいまいちブレイクしきれていなかった頃は、少女漫画にしちゃえば良かったんじゃないのかなー、とずっと思っていました。現在は作中で数年が経ち、中学生編になったことで、あまり少女漫画向けではなくなってきたかなー、とは思っていますけどね。

 現在作中では、BABELとPANDRAの戦いという構図以外に、エスパーをテロの道具として扱う「黒い幽霊」という組織が出てきて、それぞれの思惑が絡み合いつつ、話が進んでいる、という感じです。PANDRAは局所的な戦闘力はともかく、規模としてはそれほど大きなものに成り得ないと思うので、個人的にはこの黒い幽霊にBABELが対抗しつつ、そこにPANDRAが絡んでくる、という構図が一番しっくりくるんじゃないかなー、と思っています。

 物語の終着地点は、やはり10年後に薫が皆本に撃たれるという予知を覆す、ということになるのでしょう。ただもちろん終わる前に、対黒い幽霊も対PANDRAもある程度の決着を付けなければならないわけですが、PANDRA側は予知さえ覆ってしまえば、わりとどうにでもなってしまう気がするんですよね。そうなるとあとは黒い幽霊だけですが、まぁこちらはさすがに力で制圧するしかないのかなー、という気はします。最終的には黒い幽霊vsBABEL&PANDRA、という構図になるのかもしれませんね。パンドラの箱の底には希望が、って話は絶対にからめてくるでしょうし、来るべきその最終シリーズでそのあたりをどう見せてくれるのか、今から楽しみにしています。

|

« ゆびさきミルクティー | トップページ | 機動戦士Vガンダム外伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆびさきミルクティー | トップページ | 機動戦士Vガンダム外伝 »