« ゴーゴー♪ こちら私立華咲探偵事務所。 | トップページ | 復活の地 »

2009/12/26

HUNTER×HUNTER

Img545  冨樫義博 著。週刊少年ジャンプにて1998年より連載中、単行本27巻まで以下続刊。

 くじら島で叔母のミトと二人で暮らしていた少年、ゴン・フリークスは、知らずのうちに子連れのキツネグマの縄張りに入ってしまい、殺されそうになったところを、ハンター、カイトに助けてもらう。その場で、事故で死んだと聞かされていた父、ジンは存命であり、彼こそが世界最高のハンターだとカイトから聞かされたゴンは、それ以来、いつか父に会うために、ハンターになることを目指すようになっていた。そして3年後――12歳を間近に控えたゴンは、渋るミトとの約束であった沼の主をついに釣り上げ、ハンター試験を受けるために島を後にする。だが彼はまだ気付いていなかった。このハンター試験会場の街へ向かう船までもが、実は本予選前の予備予選なのであり、ハンター試験はすでに始まっているのだということを……!

 そんな出だしの、アドベンチャーバトル。ハンターとは国家を超越した資格で、1回の試験で数人しか合格しないような狭き門ですが、それがあればどこへ行ってもVIP扱いになり、ありとあらゆる便宜を図ってもらえるというものすごい資格です。ハンターになった後、何をするかはその人次第ですが、財宝ハンター、遺跡ハンター、幻獣ハンター、美食ハンター等、基本的には名前の通り、何かをハントする、という感じですね。世界公認のインディ・ジョーンズ、みたいなものと考えれば近いんじゃないかと思います。

 上記あらすじの頃はまだ知恵と勇気で戦うバトルマンガという感じだったんですが、ハンター試験編が終わったあとに念能力というオリジナルの超常能力が登場し、能力バトルにシフトしていきます。そして、それまでも十分面白かったのですが、この作品が本当に面白くなったのは、この念能力が出てからだと私は思っています。オリジナルの能力のため、作中にけっこうな頻度で設定の説明が入るんですが、それすら読んでいて面白いというのがすごいですよね。また、こういったオリジナル能力同士のバトルというのは、意図的な部分が丸見えになってしまいがちなわけですが、今作においてはそういうこともほとんど無く、これも作者の構成力の高さがあってこそなんじゃないかなー、なんて思っています。褒めすぎですか? 褒めすぎですね。でもしょうがないんです、だって面白いんだもん!

 ハンターハンターと言えば、休載がとにかく多いことでも有名であり、最近は10週(単行本1冊分)連載しては長期休載するという繰り返しで、漫画家としての態度的に問題にはなっています。確かに毎週きちんと描いている人と比べたらどうなの? という気持ちはわからないでもないですが、私はもう信者と言って差し支えないレベルですので、どんなスタイルでもいいから連載が続いてくれて、そして物語がきちんと完結してくれさえすればいい、と思っています。何年かかっても読み続けますから、ぜひよろしくお願いしますねー。

|

« ゴーゴー♪ こちら私立華咲探偵事務所。 | トップページ | 復活の地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーゴー♪ こちら私立華咲探偵事務所。 | トップページ | 復活の地 »