« 鞄図書館 | トップページ | ゆびさきミルクティー »

2009/12/18

ぼくの彼女はウエートレス

Img537 重野なおき 著。まんがホームにて1999年連載開始、まんがタイムオリジナルとの2誌連載を経て、2004年連載終了、単行本全3巻完結。

 23歳の星野アリスは、流行っているとはいいがたい喫茶店「with」の看板ウエートレス。料理はまったくできませんが、明るく元気な応対でお客様をお出迎えします。そんなアリスの彼氏は、同じく23歳の山本トシミツ。出会いは3年前、身長192センチのトシミツが営業回り中に立ち寄ったwitnの入り口で頭をぶつけてしまい、それをアリスが介抱したのがきっかけで二人は付き合うようになり、同時にトシミツはここ喫茶withの常連となったのです。さぁ、喫茶with、本日も開店です!

 そんな感じの、喫茶店コメディー4コマ。メイン舞台は喫茶withでありメイン主人公はアリスで間違いないのですが、アリスと喫茶店どちらも出てこない4コマもあるので、若干まとまりがない印象をうけます。特にトシミツの会社のチーフは、アリスと面識も無いのに出番が多く、まとまりを感じさせない一番の原因になっていました。ところが物語終盤で、そのチーフが実は……という感じで隠されていた設定が明らかになり、出番が多かったこと自体は納得できました。でもそれなら、もっと早い時期に読者にだけはネタばらししとくとかのほうが、個人的には良かったと思うんですけどねー。

 作品自体は問題なく面白いんですが、作者の他作に比べると、若干キャラが弱いかなー、という気はします。いや、キャラが弱いんじゃなくて、サブキャラが強すぎてメインキャラが押されてる、という感じかな。特にwithのマスター親子が強いため、いっそ喫茶withという舞台を主人公にしておいたほうが良かったのかもしれません。そしてそうなると、やっぱり上記のチーフネタが浮いてしまうんですよね。やはりその部分が、ウイークポイントだったんだと言わざるをえないでしょう。チーフというキャラ自体は問題なかっただけに、残念です。

 作者は現在も複数というかたくさんの4コマ作品を連載中ですが、さらについ最近、まんがタイムジャンボにて新連載「じょしもん」を開始。平凡な女子高生が入部した生物部は、マッドな動物がたくさんいて……という感じの作品で、面白そうではありますが、正直そんなに連載かかえて大丈夫なんですか? なんて心配になってしまいます。「ひまじん」が現在休載中で、再開する頃には「たびびと」が終わりそう? という感じなので、一応連載数は変わってない、ということなのかなー。

|

« 鞄図書館 | トップページ | ゆびさきミルクティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鞄図書館 | トップページ | ゆびさきミルクティー »