« 最近読んだマンガ(02/23) | トップページ | 最近読んだマンガ(03/01) »

2010/02/28

週刊少年チャンピオンの新連載攻勢

Img567 最近の週刊少年チャンピオンは、なんと直近10号で7本も新連載が始まっています。入れ替わりが激しいとも言えるのでしょうが、新しい風が入るのは悪いことではないでしょう。ただし問題なのは、その新連載が果たして面白いのか、はたまた期待できるのかどうか、ということ。というわけで簡単にですが、新連載7本の感想を始まった順に書いてみたいと思います。

 「AL」所十三 現在10話
 竜の国のユタの作者の、再び恐竜マンガ。弱者(小さい者)が知恵と勇気で強者に対抗する、という普遍のテーマですので、今のところはフツーに面白いですが、疑問なのは何故ユタで確立した「人間と恐竜の共存する世界」という設定を使わなかったのかということ。せっかく自身で確立させた手法なんだから、使えば良かったんじゃないかと思うんだけどなー。

 「ケルベロス」フクイタクミ 現在8話
 ちょっと前にジョギリ屋ジョーがやってくるという短期集中連載をやっていた人の、憑依バトル。ジョーは独自な設定がなかなか面白かったと思うのですが、それを生かし切れてなかったかなー、という感じでした。そして今回の連載も、フツーには面白いのですが、正直今のところ売りが無いという感じです。もうちょっと話に引き込まれる要素が欲しいですね。

 「ハンザスカイ」佐渡川準 現在7話
 無敵看板娘、パニッシャーの作者の、ケンカラブコメ? 展開はオーソドックスですが、実績があるだけあって今の所はそれなりに面白いです。ただ気になるのは、展開の遅さですよね。パニッシャーの時も思いましたが、もう少ししまりのある展開にして欲しいなー、と思います。ムテムスは私は大好きだったわけですが、こうなると作者はストーリーは苦手なのかなー、と思ってしまいます。

 「シュガーレス」細川雅巳 現在6話
 星のブンガ、フンドシ守護霊の作者の、ケンカマンガ。クローバーとかクローズZEROとかと同様、ストーリーは少なくケンカばかりしている(ように見える)マンガです。正直それ以上何も言えない感じなんですが、チャンピオンだし仕方ないのかなー。またフンドシ守護霊みたいなキワモノマンガが読みたいです。

 「透明人間の作り方」増田英二 現在4話
 ミステリー。このメールに返信すると透明人間になれます、みたいなメールに返信した主人公が、徐々にクラスメイト達の記憶から消えていく、という話。長期連載ができる話とは思えませんが、どうやってラストしめるつもりなのかがとても気になります。これで鮮やかなラストを見せてもらえるなら、今後も期待できるでしょう。

 「はみどる!」まりお金田 現在2話
 GIRLSブラボーの作者の、アイドルエロコメ。秋田書店で書くのは初? エイケン枠という感じでしょうか。まだ2話ですし先はわかりませんが、少なくとも今のところはフツーに笑えます。ただ、浦安、みつどもえイカ娘、ツギハギ、フルットというギャグ陣に食い込むのはけっこう大変だと思うんですよね。うーん、チャンピオン読者ってエロコメを求めてるのかなー。求めてないんじゃないかと思うんだけどなー。

 「お兄ちゃんは銀河刑事」中村哲 現在1話
 小学校低学年の妹目線のヒーローコメディ。第1話の時点で話がオチていて、読み切りで終了でいいんじゃないかと思うんですが、短期集中連載ならまぁいけるのかな。1話のクオリティをどこまで維持できるかが勝負ですね。

 とりあえず簡単に感想を書いてみましたが、今のところ一番期待なのは「透明人間~」でしょうか。最初はどう読むマンガなのかイマイチわかりませんでしたが、今はラストをどうしめてくれるのかがとても気になってます。どうか尻すぼみで終わりませんように。

|

« 最近読んだマンガ(02/23) | トップページ | 最近読んだマンガ(03/01) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(02/23) | トップページ | 最近読んだマンガ(03/01) »