« 週刊少年チャンピオンの新連載攻勢 | トップページ | 最近読んだマンガ(03/08) »

2010/03/01

最近読んだマンガ(03/01)

Img568 「パーツのぱ」(2) 藤堂あきと
 自作マシンなんて組んだことない私ですが、この巻もすごい面白く読ませてもらいました。なんでこんなに面白いというか私好みなのかなー、と考えてみたんですが、絵が私好みであることと、キャラの良さなのかなー、と思っています。あと実は、私は客商売マンガって好きなのかもしれません。実際の仕事はまったく客商売じゃないんですけどねー。

 「」(11) 石塚真一
 相変わらず素敵なマンガです。いい部分ばかり取り上げてるのであろうことはわかってはいますが、これを読んでるとやっぱり山に登りたくなりますねー。そんな体力ありませんが!

 「ケロロ軍曹」(20) 吉崎観音
 一冊丸ごと映画原作。メールとマールが思いっきり侵略者なのに、なんかいい話っぽくまとめてるのが、なんだかなー、という感じでした。でも子供向けとしてはこのくらいが精一杯なのかなー。ひねくれつつも真面目なクルルがちょっと良かったです。

 「信長の忍び」(2) 重野なおき
 作者の作品はどれも好きですが、これは元ネタがあるということで、イマイチ弾けられていない気がします。元ネタがある分ネタ作りも大変だと思うし、正直デメリットだらけだと思うんですがそんなことはないのかなー。オマケペーパーの市の麻雀が一番良かったのは秘密。

 「ひまわりっ ~健一レジェンド~」(13)(完) 東村アキコ
 完結。12巻はかなりのgdgdだったということと、節子の退場の仕方を見るに、打ち切りだったのかなー、とは思ってしまいます。まぁ、だらだら続いてしまうよりはいいとは思いますけどね。作者の作品はこれときせかえユカちゃんしか読んでないのですが、他の作品も面白いという話を聞くので、読んでみようと思っています。

 「ヨコハマ買い出し紀行」新装版(6) 芦奈野ひとし
 最終回付近だけは本誌で読んでいたんですが、新装版ということで買っています。ストーリーは無いんだけど物語性はあるというか、読むと言うより感じるマンガなんでしょうね。○が飛んだり湯気が出たりといった、独自の表現が良い感じです。

 「テラオ」(2) 近藤るるる
 タカマルの単行本ではあった毎ページの注釈が無くなってしまったのが残念。話はラブコメとしては面白いんですが、物語のテーマがテラオであることを考えると、石原先生と蓮沼さんの仲はこのまま勘違いで進んでいくんだろうなー。

 「今週のハートキャッチプリキュア」
 常にバトルになってしまう部分にさえ目を瞑れば、理想的な展開でしょうか。デザトリアンになってしまうと本音を叫んでしまうというのは、えりか相手にはすごい効果的な手法ですねー。

|

« 週刊少年チャンピオンの新連載攻勢 | トップページ | 最近読んだマンガ(03/08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年チャンピオンの新連載攻勢 | トップページ | 最近読んだマンガ(03/08) »