« 最近読んだマンガ(08/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(08/31) »

2010/08/24

最近読んだマンガ(08/24)

Img596 「嵐の伝説」(1) 佐藤将
 別冊少年マガジンにて連載中の世紀末ギャグ。なんというか、画も下手だし、汚いネタもあるし、理解し辛い部分もあるし、ものすごい人を選ぶ作品だとは思いますが、私は大好きです。最初はギャグパートが多かったですが、徐々にストーリーを彩る個性的なキャラも増えてきて、とても良い感じに。無貌の王、伏見閑太郎とかもう最高ですね。「愚者の王こそ人の王」とか、もうかっこよすぎます。できることならこのクオリティを落とさずに、末永く連載してほしいものです。

 「生徒会役員共」(4)  氏家卜全
 順調に4巻。相変わらず面白いです。そしてアニメをやっているらしいですが、うちでは見れません……。

 「ウイちゃんがみえるもの」 衿沢世衣子
 前に読んだ「ちづかマップ」が面白かったのでこれも読んでみたんですが……ちょっと! これ面白いよ! 精霊というか妖精というか、色々な物の精(みたいなもの)が見えたり話ができたりしてしまう小学生、ウイちゃんが主人公の話なんですが、そういう非日常な要素を盛り込んでおいて、やってることは日常系の作品です。そして何がいいのかですが、ウイちゃんというキャラクターにつきるんじゃないかと思っています。ずぼらでめんどくさがりで人見知りする性格で、でも子供の純粋さはまだ忘れていないウイちゃんが、いろんな出来事に遭遇してちょっとずつ成長していく姿。それがとてもほほえましくて、読んでいて気持ちがいいです。正直、この1冊だけで終わりというのが、ものすごい残念な所。かなりベタ褒めの一冊でした。
 ただし。ただし、一点だけ問題が。全編オールカラーなので仕方ないのでしょうが……限定版でもなんでもないマンガ単行本が、一冊1500円弱というのはいただけないと思います……。

 「さよなら絶望先生」(22) 久米田康治
 久米田は天才(挨拶) 内容はいつも通りなので特にコメントはしませんが、カバー下の芽留ちゃんがきびすぃですw

 「あまんちゅ!」(3) 天野こずえ
 ようやく実際の海でダイビング開始。これでももうやるやる詐欺とは言わせない? ARIAより時系列を厳密にせざるをえない作品でしょうから、数ある今後の展開候補の中からさらに選び抜かれたエピソードしか実際には描けないと思うんですよね。ということは、やはり今後も期待せざるをえないというわけであります。

 「がんばれ! メメ子ちゃん」(4)(完) むんこ
 完結。岸田と沢子がくっついてしまって、それでいて表紙がメメ子の白無垢という、果たしてどうやって完結させるのかと思わざるをえない最終巻でしたが、そういう意味ではちょっと拍子抜けな感じでした。3巻まででメメ子ちゃん自身に恋愛要素はあまり無かったのに、今更付けなくてもいいんじゃないのかなー、というのが大きな理由ですね。ただし、巻末に掲載されているエピローグから十数年後を描いた「おいでよみみ子ちゃん」は良かったです。というか、これを読む限り、もしかしたら作者はメメ子ちゃんでこういう作品を描きたかったのかな……? それとも描いてる途中で、そういう方面にシフトしたくなってきたのかな……? なんてちょっと思いました。
 まぁなにはともあれ、最後まで面白く読ませていただきました。現在連載中の他作並びに次回作も期待しています。

 「今週のハートキャッチプリキュア」
 先週でも来週でもなく、今週というタイミングはたしかにベストでしょう。コブラージャの演出もグッド。ただ、えりかの「宿題はやだけど学校は壊しちゃダメ」にもう一歩踏み込んだ理由が欲しかったなーと思いました。あと○○パンチはつぼみの専売特許だと思ってたのに、ちょっとショックですw

|

« 最近読んだマンガ(08/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(08/31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(08/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(08/31) »