« 最近読んだマンガ(10/26) | トップページ | 最近読んだマンガ(11/10) »

2010/11/04

最近読んだマンガ(11/04)

Img609 「かんぱち」(1) 原作・武梨えり 漫画・結城心一
 かんなぎのスピンオフコミック。かんなぎの世界にナギに憧れるかんぱちの神様が切り身状態でやってきて、ねんどろいどナギのような容姿で居着いてしまって……という感じのギャグマンガ。最初かんなぎ絡みということすら全然知らず、妹原作兄漫画という組み合わせに惹かれて買ったんですが、そういう意味ではちょっと裏切られた感じでした。でもアレですね、結城心一がフツーに描く女の子は、やっぱ私好みでかわいいなー。

 「マリア様がみてる」(9) 長沢智
 8巻で終わっていたと思ったのに、まさかの9巻。そしてまさかの主人公交代。というか、乃梨子がメインの話、という事なんでしょうけどね。瞳子の性格が今と全然違い、そういや登場直後はこんなだったっけ……と戸惑ってしまいました。

 「超弩級少女4946」(4) 東毅
 来るべき最後の戦いへの伏線巻、という感じでしょうか。どういうラストにするのか以前に、どういう最後の展開にするのかが見えてこなくて、ちょっと不安だったりもします。宇宙生物多数来襲とかは、ギャグってわけじゃないんですよね……?

 「絶対可憐チルドレン」(23) 椎名高志
 サバンナ編、これよく見たらメスライオン殺して食べてるのね。もしサンデーがジャンプくらい売れてたら、ちょっと問題になった気もしますw そして乳首券は予想通りのオチとは言え、蕾管理官と兵部のかけあいは笑えましたw

 「ジャジャ」(13) えのあきら
 久しぶりの単行本な気もしますが、相変わらず面白いです。何度も言ってる気もしますが、バイクのことをほとんど知らない私が読んでこれだけ面白いっていうのは、ホントすごいと思います。そしてこれまた何度も言ってる気がしますが、バイク乗りが読んで面白いマンガなのかどうかは、私にはわかりませんけどね。ミヤギとレナさんは最終的にはくっつくんだろうけど、それはやっぱり最終回、もしくは最終回近くでの出来事なんだろうなー。

 「テラオ」(4) 近藤るるる
 この巻の途中でテラオが起動させていたゲームが何なのか全然わからなかったのですが、あれが噂のデモンズソウルだったんですね。やったことないので全然わかりませんでした。

 「DARKER THAN BLACK -漆黒の花-」(3) 岩原裕二
 情け容赦無い展開が逆に好印象。この辺のキャラって、原作(アニメ版?)にも出てくるキャラなんだろうか……? 最初は作者買いだったんですが、ちょっと続きも気になってきました。

 「デカガール」(4) 芳崎せいむ
 前巻から引き続き、鞍馬警部とロッシーニ事件が延々続くわけですが、うーん、読んでて気分悪くなりますね。それらは作者の意図するところで、その貯まったうっぷんを晴らすようなラストを用意しているんでしょうが、最後まで読む気力が萎えてしまいそうです。ここまで読んだ以上、読むつもりではありますがー。

 「はやて×ブレード」(13) 林家志弦
 会長のバトルがどうなるかとかはすごい楽しみなんですが、いかんせんキャラが多すぎて、メインの数人以外はどうしようもなく覚えられません。これをなんとかするには、もっかい最初から読み直すとかしないとやっぱダメなのかなー。

 「今週のハートキャッチプリキュア」
 こういう表現の仕方だとすると、やっぱりつぼみがメインってことなのかなー。今までのシリーズにもプリキュアは複数人いるわけだけど、このキャラがメインとか扱いはあったのだろうか。
 そして多分先週から? OPの絵が映画バージョンに変わってますが、歌自体は変わらないのかなー? フレッシュの時のハイブリッドバージョンみたいに。あと、ガンバランスdeダンスはもうやらないのかなー。

|

« 最近読んだマンガ(10/26) | トップページ | 最近読んだマンガ(11/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(10/26) | トップページ | 最近読んだマンガ(11/10) »