« 最近読んだマンガ(03/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(03/31) »

2011/03/24

最近読んだマンガ(03/24)

Img633 「中間戦士 Mr.中」(1) 矢上裕
 二択が決められないOL、六実の前に、ある日突然現れた何もかもが中途半端な男、Mr.中。このマンガは、Mr.中の中途半端な指示により、六実が振り回されるドタバタギャグである。
 という感じの矢上裕らしいショートギャグ。作者のショートギャグって初めてなんじゃないかと思うんですが、ストーリーマンガの中にもギャグはふんだんに盛り込まれてましたし、下地は十分にできてたんでしょうね。問題なく面白いです。この作品は携帯配信ということで、現在無料配信中と書いてあったので見にいってみたんですが、30日経つと自動的に有料契約に移るタイプだったのでやめました。まさに中途半端!(ちょっと違う)

 「鉄腕バーディーEVOLUTION」(6)(7) ゆうきまさみ
 積みマンガ消化。雑誌でも読んでますが、やっぱり単行本の方が状況把握がしやすくて面白いです。でもアレですね、こういった政治的な思惑の深いストーリーは、あんまりゆうきまさみっぽくないですね(笑) パトレイバーも基本的には最前線が舞台ですし。

 「LEVEL E」(上)(下) 冨樫義博
 文庫版。アニメは見てませんが、冨樫分が足りなくて買って読みました。近未来の地球を舞台とした連作集という感じで、幽々やハンタのやや理屈っぽい部分が好きならばやっぱり面白いと思います。ただアレですね、作者の作品としてはネームが多めなので、文庫版だとちょっと読みづらかったです(笑)

 「とある科学の超電磁砲」(6) 冬川基
 相変わらず原作は読んでませんが、やっぱりダークで面白いですねー。果たしてどういったラストにするんだろう。原作ではもう終わってるのかなー。どちらにせよ楽しみです。

 「ひまわりさん」 菅野マナミ
 ひまわり書房という古書店の店主、ひまわりさんと、彼女にあこがれている女子高生、風祭まつりの2人を中心としたハートフルストーリー。作品の雰囲気がとても良い作品で、正直これで終わりなのが残念だと思っていたのですが、今でも不定期掲載されている? ようですね。なので、次巻を楽しみに待ちたいと思います。

 「チュニクチュニカ」 水谷フーカ
 謎の大陸チュニクを発見した後亡くなった冒険家グラーニの一人娘、マージと、チュニクで見つかった少年、リンレの二人を取り巻くお話。中世~近代ヨーロッパ風の世界観と雰囲気は良いし、終盤のファンタジー風味になるのもけして悪くはないのですが、クライマックスの4千キロも離れた海の向こうにたった2人(しかも1人は女の子)で苦もなく辿りついてしまう、という部分にリアリティをあまりにも感じられなかったため、私としてはモヤモヤが残る終わり方になってしまったのが残念でした。冒険という定義づけがちょっと甘かったんじゃないかなー。「2人でいけるわけないじゃん」とか、そういうセリフとその回答さえあれば良かったんじゃないかと思うんですけどねー。ファンタジー風味で良かったんですから。

 「超弩級少女4946」(5) 東毅
 メインとなるストーリーに文句は無いのですが、ラブコメ部分に非常に不満があります。端的に言うと、まながいるのに明美ちゃんをここまで飛田に近づける理由って一体なんなんでしょうか? まさかまながこの時点でヒロイン陥落ってことはないですよね? だいたい赤の他人へのプレゼントに携帯ってどういうこと? 正直、私にはちょっと理解できず、このせいだけで読後感が悪いです。あとこっちはまぁニュアンスの問題もあるんでしょうが、オリジナルのDを作者みずからメインヒロインって言うのはちょっと???

 「魔法のいろは!」(3)(完) 井上和郎
 完結。こういうひねった終わり方もありだろうとは思いますが、王道的な終わり方も見てみたかったですね。エミリィ編とかは王道ですが良かったと思いますし。他出版社での連載もあるようですが、また週サンにも戻ってきてくださいねー。

 「ハチワンダイバー」(19) 柴田ヨクサル
 もはや将棋マンガというよりも、将棋バトルというかバトル将棋というか、そんな感じのマンガ。前巻の二こ神さんがもう最高すぎて、それと比べるのは酷というものなんでしょうが、それでも鈴木八段マジかっけーっす。

 「ほ~きん」 えひめポン
 携帯配信の放送部4コマ。携帯配信って画面スクロールとかが使えるおかげで、縦横方向には意外にコマ割りが自由になるんですね。内容としては今回は野球部にインタビュー、今回は水泳部にインタビュー、みたいな感じに毎回放送部としてうまくテーマ分けしてあるのがうまいと思いました。キャラや画も4コマとしては問題ないし、面白かったです。次回作も期待しています。

 「子供失格」(1) 松山花子
 前世の記憶が半端に残り、生まれた時から人生に絶望している5歳児、生留希望を中心としたギャグ4コマ。作者の味が存分に出ていて、今までの作者のギャグ4コマが好きな人なら、まったく問題なく楽しめると思います。

 「続・星守る犬」 村上たかし
 前作のハッピーの弟と、前作に出てきた浮浪児とが、それぞれ絡み合っていく連作。個人的にはハッピーの弟の話の方が好きですが、やはり前作があってこその今作なんでしょうね。

 「今週のスイートプリキュア♪」
 うーん、私がプリキュアをちゃんと観るようになったのはハートキャッチからですが、一番ストーリーが頂けない回なんじゃないでしょうか? 今後フォローが入るのかもしれませんが、この話で少なくとも私はかなでには好感を持てませんよ。

|

« 最近読んだマンガ(03/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(03/31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(03/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(03/31) »