« 最近読んだマンガ(05/05) | トップページ | 最近読んだマンガ(05/19) »

2011/05/14

最近読んだマンガ(05/14)

Img640 「少女カフェ」(1) 板倉梓
 病気で死んでしまった母親の変わりに、父親が経営するカフェサンフランシスコのウェイトレスをやることにした5歳の双子の女の子、つくしとみお。5歳児らしからぬ物言いをするつくしと、年相応の無邪気さを持ったみおの二人に、父一郎も常連さんたちも、毎日元気と癒しをもらっているのです。
 と言う感じの、ファミリー喫茶店4コマ。5歳児にウェイトレスが勤まるのか? というツッコミはおいといて、父一郎とつくしとみお、それに常連客の葉月さんや浪人生といったキャラが作り出す空気が、読んでいてとても心地よい作品です。基本ギャグなんですが、母親ネタで時折ホロリとさせるのがまたうまいですね。次巻も楽しみです。

 「あかつきの教室」(1) 板倉梓
 上の作品と同じ作者ですが、こちらは基本シリアスなストーリーマンガ。とある田舎の中学校に赴任してきた、ちょっと不思議な理科教師、暁千代子を中心に据えたオムニバスストーリー。少女カフェとはまったく趣が違うのですが、やはりキャラたちが作り出す空気が読んでいてとても心地いいです。これはもう、作者の才能なんでしょうね。すごい。
 どちらかと言えば(主に登場人物の年齢で)少女カフェの方が好みだと言わざるをえませんが、こちらも非常に読ませる作品ですし、今後も楽しみです。

 「たまのこしかけ」(2) 荻野眞弓
 相変わらず楽しい2巻。内容は文句なしなんですが、残念なことが一つ、それはオビでのステキ仕様が無くなっていること……。やはり1巻の、オビを付けてると膝丈スカート仕様、オビを外すと絶対領域仕様、というのはいろんな意味ですごすぎましたw
 そしてオフィシャルブログの「たまてばこ」が、再開していました。期間限定という文字は消えたみたいですし、連載終了まで続くのかもしれませんね。こちらもラフ絵(と言っていいものなのかどうなのかよくわかりませんが)がちょくちょく見れて、とても楽しみです。

 「ONEPIECE」(62) 尾田栄一郎
 魚人島編開始。この巻はワンピにはめずらしく「ヨンカツーです」という萌えポイントがあるのですが、多分賛同してもらえません。あと多分初? カバー下の絵が差し替えてありますね。理由は言わずもがな。

 「ぬらりひょんの孫」(16) 椎橋筧
 羽衣狐編がようやく終わり、百物語組編へ。そしてつらら組前編のラストですが、「ガラクタ市はここか~」ってアオリが残ってるんだけど、これってミス? つららシャリシャリー!

 「弱虫ペダル」(17) 渡辺航
 インターハイ2日目ラスト、総北、箱学、京伏の三つ巴ゴール前スプリント開始。この巻5キロくらいしか進んでませんw

|

« 最近読んだマンガ(05/05) | トップページ | 最近読んだマンガ(05/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(05/05) | トップページ | 最近読んだマンガ(05/19) »