« 最近読んだマンガ(06/02) | トップページ | 最近読んだマンガ(06/16) »

2011/06/10

最近読んだマンガ(06/10)

Img644 「グラゼニ」(1) 原作・森高夕次 漫画・アダチケイジ
 「おれはキャプテン」「ショー☆バン」「砂漠の野球部」等の作者の新作野球マンガ。タイトルは「グラウンドには銭が埋まっている」という比喩表現から転じて、「グラウンドに埋まっている銭」を略したもの。そして主人公である、高卒プロ入り8年目の中継ぎ左腕、凡田夏之介の特技は、全球団の一軍選手の年俸をそらで言えること。そんな設定から、プロ野球界の年俸システムを赤裸々に語るような球界裏事情系漫画……かと思いきや、以上のように目先は代えているものの、まっとうな王道スポーツマンガでした。
 年俸にこだわる小物っぽい凡田が、小物なりにプロという世界で頑張っている、というのが非常に面白いですし、また年俸へのこだわりも作中で説得力があるので、興味深く読むことができます。
 泥臭い絵柄も原作にマッチしてますし、原作者(コージィ城倉・森高夕次)のファンなら抜群に面白いでしょう。べた褒め? そうですとも! グラゼニ!

 「CLAYMORE」(20) 八木教宏
 なんとなくの人物関係やストーリーはわかりますが、さーせん、もう顔と名前が一致しませんorz 最後に出てきたのはミリアなんだよね……? やっぱり完結してから、改めて読み直すしかないか……。

 「ゴッドバード」(2) 長谷川裕一
 ライディーンとコンバトラーVとボルテスVとダイモスが出てくるマンガ。長谷川裕一のSFマンガが好きであれば、前述のロボットはスパロボ程度の知識があるだけで十分楽しめるつくりになっています。というか、知らなければ知らないで、長谷川裕一のオリジナルマンガだと思って読んでも問題ありません(笑

 「百舌谷さん逆上する」(6) 篠房六郎
 色々迷走しているようにも見えますが、一応ラストに向けて、百舌谷さんと樺島くんが本格的に離れる、という状況をつくっているのかな……好意的に解釈すれば。不謹慎かもですが、カバー下マンガはとても面白かったです。

 「魔法先生ネギま!」(34) 赤松健
 おおお、この巻ラストは、これ以上ないくらい見事な王道少年マンガ展開ですね! シリーズラストがどうなるかという心配も無用でしょうし、続きも楽しみです。

 「おたくの娘さん」(10) すたひろ
 最終巻っぽい表紙ですが、次が最終巻のようですね。色々伏線も張ってますし、どういった締め方をするのかはわかりませんが、願わくばハッピーエンドになりますように。

 「僕らはみんな河合荘」(1) 宮原るり
 「恋愛ラボ」「みそララ」等の4コママンガ作者の、新作ストーリーマンガ。両親の転勤により、河合荘という下宿で一人暮らしをすることになった男子高校生、宇佐だったが、そこの住人は皆一筋縄ではいかない、いわゆるちょっと可哀想な人たちなのであった……。
 という感じの、一つ屋根の下ラブコメディ。内容は問題なく面白いですし、特に各話の間の書き下ろしマンガなんて最高なんですが、4コマと比べると頭身が変わっているからか絵柄の印象が大きく変わり、下宿という設定も含めて桂明日香神話ポンチ」にものすごい近いものを感じてしまいました。いや、ただ絵と設定が似てるなー、ってだけで、神話ポンチも面白かったですし、この河合荘も面白いですよ?

 「ダブル・フェイス」(24)(完) 細野不二彦
 完結。投票箱のギミックはリスクとリターンのバランスが取れてないんじゃなかろうか、なんて思ってしまいましたが、それでも大筋としては十分面白かったです。無事完結して良かったという意味も含めて、お疲れ様でした。

 「GIANT KILLING」(19) ツジトモ
 神戸戦終了、そして緑川と椿を欠いた状態で、山形戦開始。問題なく面白いんですが、特に言うべきことのない巻、という感じでしょうか。

|

« 最近読んだマンガ(06/02) | トップページ | 最近読んだマンガ(06/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(06/02) | トップページ | 最近読んだマンガ(06/16) »