« 最近読んだマンガ(12/30) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/01/08) »

2011/12/31

2011年(俺的)マンガランキング

 本日は趣向を変えて、2011年の(俺的)マンガランキング発表です。

 選考基準は2011年中に単行本が出た作品ですが、完全にそうとは言えない部分もあるので、そのあたりは軽く流してくださいませ。

Img647

 1位「ぼくらのよあけ」全2巻 今井哲也

 その夏を経て、少年は大人に変わる……。というのを地で行った、見事なまでのジュブナイルSF。「人間はウソをつけるのにつかないからすごいんデスよ」というオートボット(人工知能)ナナコのセリフには、色々な意味でやられました。こんな作品が読めて、幸せです。

Images_3

 2位「うさぎドロップ」1~9巻 宇仁田ゆみ

 世間的には評価が低かったらしい第2部も、私はまったく問題なく楽しませてもらっていました。9巻のあの展開だけは不要だったんじゃないのかなー、と思わずにはいられませんでしたが、それでもこの作品が面白かったんだという事実は変わりありません。と言いつつ9巻のアレが無ければこれが1位だったかなぁ、とも思ってしまうんですけどね。

Img160

 3位「男爵校長」シリーズ。全6巻 OYSTER

 瞬間最大風速的に面白い4コママンガっていうのはそれなりにたくさんあるんですが、その上で最後まできちんと書ききって完結した4コママンガと言うと、やはり数は限られてしまうと思うんですよね。そしてこの男爵校長は、間違いなく面白くてかつ最後まで描ききって完結した4コママンガだと思います。大好きでした。

Img596

 4位「嵐の伝説」全3巻  佐藤将

 最初気付かず別マガを読んでいて、「なんだこの汚い絵のマンガは…… → あれ、なんだこれ面白いぞ? 誰? → ちょ、コトノハ学園の佐藤将じゃん!」 と驚かされたのも今となっては良い思い出です。あと拒否されるのが嫌だから私はこの作品を人には薦めないのですが、そういった意味でもレアな作品かもですね。他にぱっと思いつくのは、ダイヤモンドくらいだし。

Img670

 5位「ST&RS -スターズ-」1巻 原作・竹内良輔 漫画・ミヨカワ将

 1位のぼくらのよあけと同じ、ジュブナイルSF。ジャンプというステージでの戦いは本当にシビアで、すでに毎号巻末掲載といつ打ち切られてもおかしくない状況ではありますが、続いている限り、応援したいと思います。おそらく全5巻くらいでの完結構想に移っていると思うので、他誌に移ってもいいからなんとか完結を……

 今年の選考は、1位と2位はすぐ決まったんですが、3~5位の候補が4作品あり、本気で悩みました。結果次点となった作品は、脚本・倉田英之 漫画・okamaの「CLOTH ROAD」 メイ様が最高だったわけですが、密かに9巻のアルジャンヌのポイントも相当高く、本当に最後まで悩みました。

 それ以外だと、完結作品としては未来日記ぱにぽに超弩級少女4946あたり。連載中作品だと、野村24時グラゼニ宇宙兄弟ヒナまつりめだかボックス(球磨川先輩最高ー)あたりが特に記憶に残った作品という感じですね。宇宙兄弟とめだかは、完結したらランクイン間違いなしかなー、という感じではあります。でもグッドルーザー球磨川はかなりつまんなかったよ! 西尾維新もきっとわかってやってるんだと思うけど!
 グッドルーザー球磨川の話題が出たのでついでですが、ジャンプNEXTの袋とじ、超能力者斉木楠雄のΨ難 が超面白かったですw 「超能力を使えばたいていの事は可能だ。……読み切りなのに7回も本誌に掲載されることも、連載してる訳でもないのにNEXTの袋とじに参加することも!」

 ちょっと話が逸れてしまいましたが、マンガの話題だからいいよね! とまぁそんな感じで、今年もだらだらマンガを読むことができました。来年もぜひ、だらだらマンガ読み続け、だらだら感想を書きたいと思っています。
 2012年も当ブログを、どうぞ適当によろしくお願いいたします。

|

« 最近読んだマンガ(12/30) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/01/08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(12/30) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/01/08) »