« 最近読んだマンガ(12/04/22) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/05/06) »

2012/04/29

最近読んだマンガ(12/04/29)

Img694 「チロリン堂の夏休み」(1) オオカミうお
 取り壊されたお社の主さまが、小学生の女の子のスマートフォンの中に住み着いてしまった、という出だしの設定の妖怪物。イメージ的にはもっけとがらくたストリートの中間という感じでしょうか。そして一番の問題点は、これは掲載紙の問題なのか、作者の問題なのか、正直パンツが見えすぎです……。

 「銀の匙」(3) 荒川弘
 夏の巻というか豚丼編。豚はピッグで豚肉はポークという話を思い出しました。

 「波打際のむろみさん」(6) 名島啓二
 あとがきまんがにもありますが、そろそろ〆に入っていいんじゃないかと思います。今ならまだ、面白いうちに終われるんじゃないかと……。

 「よこしまゼミナール」(1) 松田円
 横田くんと島村さんと瀬峰さんという講師のいる学習塾を舞台としたコメディ4コマ。講師とは思えないような講師というパターンはありがちですが、生徒側に主要キャラがいないというのはちょっとめずらしいですね。必然的にネタの広がりは難しくなるとは思うのですが、今のところは十分面白いです。まぁ、リアルでこんな講師いないでしょうがw

 「みりたり!」(4) まもウィリアムズ
 これももう4巻。後書きでも書いてありますが、前半出演の亡命少女は面白かったですね。

 「月刊なかとば」 山口舞子
 2人組の漫画家を主人公にしたショートコメディ。中いつる と 鳥羽春 のペアで 中鳥羽ハル という名前なのですが、どう見ても「鳴かず飛ばず」の略ですよねw まぁ、それもねらっているのでしょうがw

|

« 最近読んだマンガ(12/04/22) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/05/06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(12/04/22) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/05/06) »