« 最近読んだマンガ(12/06/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/07/01) »

2012/06/24

最近読んだマンガ(12/06/24)

Img702 「タオの城」 板倉梓
 低所得者用の集合住宅群、通称百窟城へと流れ着いた体力だけがとりえの青年、林 孔明。様々な年代の男女が、様々な理由を持って暮らす百窟城で、管理人として暮らし始めた孔明は、そこでタオという名のアイスクリーム売りの少女と出会う……。
 という感じの、スラムを舞台にしたミステリアスストーリー。作者の持つ独自な雰囲気はこの作品でも生かされていますが、全1巻としてはちょっと掘り下げが物足りなかったなー、という感じでした。全2、3巻でもうちょっと色々な話を読んでみたかったです。

 「ちいちゃんのおしながき 繁盛記」(4) 大井昌和
 ストーリーマンガの方。相変わらず仕事しないママにはむかつきますが、ちいちゃんは相変わらずがんばりやさんです。ところでこのご時勢、ストーリー的に意味があるとは言えちいちゃんにお酒を飲ませるのはどうなの? と心配してしまいました。

 「GoodMorningティーチャー」(14)(完) 重野なおき
 完結。みなが卒業して、余韻も多少描いてのラストは、とても感慨深かったです。そして、まさかの最終巻背表紙は購買のおばちゃん。舞先生じゃないけど、まさに怖ぇー!w

 「木造迷宮」(7) アサミ・マート
 地上げ話は都合よすぎ展開ではありますが、良かったですね。いや、このマンガである意味もあまりないわけですがw あー、ヤイさんのおにぎり食べたいなーw

|

« 最近読んだマンガ(12/06/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/07/01) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(12/06/17) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/07/01) »