« 最近読んだマンガ(12/07/22) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/08/05) »

2012/07/29

最近読んだマンガ(12/07/29)

Img707 「おおかみこどもの雨と雪」(1) 原作・細田守 漫画・優
 女子大生の花が講義で知り合い、相思相愛となった男性は、なんと絶滅したとされるニホンオオカミの血が混じった狼男であった。男と結ばれ、やがて雪と雨という姉弟をもうけた花だったが、ある日男は狼の姿で死体で発見され、帰らぬ人となってしまう。残された花は雪と雨を立派に育てようとするが、狼に変身してしまう子供たちを都会の雑踏の中で育てるというのは、想像を絶する苦労が待っているのだった……。
 そんな感じの、ファミリードラマ+ケモナー。映画原作のコミカライズであり、映画は現在絶賛上映中。監督は原作者である細田守で、私は前々作の「時をかける少女」の大ファンでして、その流れで見に行きました。
 このコミカライズは、ストーリーはかなり映画に忠実で私的には好印象。絵柄も柔らかいタッチが雰囲気によくあってると思います。ただし忠実すぎるため、私が映画で不満に思った点が、このコミカライズでもそのまま不満点として出てきてしまっていますが、それは致し方ないところか。
 このペースだとおそらく全3巻と言ったところでしょう。このままストーリーは映画準拠にしつつ、ぜひコミカライズ版だからこそできる部分を見せてほしいです。

 「銀の匙」(4) 荒川弘
 早くも400万部突破だそうです。もちろんはがれんあってのことなんだろうけど、でもやっぱり面白いですね。ある程度貯まったらアニメ化もするんだろうなー。あとベーコン食べたいw

 「生徒会役員共」(7) 氏家ト全
 相変わらず安定して面白いです。実は微妙にきわどいネタが増えてる気もしますが、おそらく慣れでそうは感じなくなってるんでしょうねw

 「猫ラーメン物語 子猫のトーマス」 そにしけんじ
 猫ラーメンの大将の子供時代にスポットをあてたショートギャグ。猫ラーメンのような4コマではなく、作風としては動物のカメちゃんに近いです。猫ラーメンシリーズの外伝として読めば普通に面白いと思います。

 「PEACE MAKER」(9) 皆川亮二
 2部の主人公? ニコラの復讐がひとまず終わり、1部の主人公ホープが復活し、物語は新たなるステージへ。ニコラvsホープってやるのかなー。やったらどっちが勝つ展開になるのかなー。ここは物語が進むうちに、どちらがより主人公としての立場を獲得できるかの勝負な気がしますね。いやまぁ、コールvsニコラはまだちょっと必然性が薄いとは思いますけどね。

 「リコーダーとランドセル」(4) 東屋めめ
 タケ兄の出番が一気に増えた気がするんですが、やっぱり顔は出ないんですねw アニメ化もされたわけですが、ぜひ他の作品もアニメ化してほしいなー。でもこれが一番やりやすかったのかなー。

 「うしのこくまいる!」(1) 湖西晶
 かみさまのいうとおり、等の作者の新作。呪いの藁人形の神様と、丑の刻参り1万人目の利用者としてその神様にとりつかれた霊能者の、ドタバタ霊能ギャグ4コマ。神様は人間の姿に変身することもでき、釘を持って「私にこれを突き刺して使ってください!」みたいな感じでわざとエロネタ風味にしています。つまらないわけではないのですが、かみさまの~がある以上、もうちょっと違ったテイストにしても良かったのでは、とは思いました。

|

« 最近読んだマンガ(12/07/22) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/08/05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近読んだマンガ(12/07/22) | トップページ | 最近読んだマンガ(12/08/05) »