2009/11/18

エイリアン9

Img503 富沢ひとし 著。ヤングチャンピオンにて1998年~99年にかけて連載、単行本全3巻完結。後に続編となる「エイリアン9 -エミュレイターズ-」が、チャンピオンREDにて2002年~03年にかけて連載、単行本全1巻完結。また、エミュレイターズの後日談となる「エイリアン9 -スペシャル-」が、チャンピオンREDにて2003年に掲載、単行本未収録。

 第9小学校6年椿組の大谷ゆりは、新学年の係決めで、不人気ナンバーワンのエイリアン対策係を押しつけられてしまう。それは、頭にかぶるタイプの共生型エイリアン「ボウグ」と協力して、次々と学校に飛来するエイリアンを、退治、捕獲する係であった。同じエイリアン対策係である、藤組の川村くみと桃組の遠峰かすみが、すぐにボウグに慣れて順調に仕事をこなしていく中、ゆりはいつまで経ってもボウグに慣れることができず、エイリアンの捕獲もできないままでいた。だが彼女たちは、気付かされていなかった。なぜかエイリアンの宇宙船は必ず小学校の校庭に着陸し、エイリアンは学校の敷地外には絶対に出て行かない、という不自然極まる事実に……

 そんな出だしの、ファンタジーSF。ストーリーは非常に真面目で、とある陰謀にまきこまれたゆりたちの一年間の顛末を描く、というものなのですが、小学6年生の女の子が嫌々エイリアンと戦う、という表層的な部分に一度囚われてしまうと、一気に理解が困難になってしまうような難解な作品でした。実際私は当初は理解しきれないまま読んでいたわけで、見事に騙されてしまっていました。単行本が完結して、通して読んでようやく大筋が理解できたという感じです。そして大筋が理解できると、今度はどうしても、設定の説明されていない部分が多すぎることが気になってしまう作品でもありました。一応話は完結しているわけですが、色々と判明していない事があり、ちょっと消化不良な気分です。独自の絵柄、テンポ、表現方法などが非常に魅力的で、読者を引き込ませる力はあるだけに、個人的にはもうちょっと説明が多ければ良かったのになー、と思わずにはいられませんでした。

 そしてこの作品には、中学1年生になったゆりたちを描いた続編「エイリアン9 -エミュレイターズ-」があるわけですが、うーん、私これ、読んだ記憶がありませんね。おかしいな、掲載誌のチャンピオンREDは、少なくとも創刊号は買ったはずなのに……。早速単行本を買おうかと思ったのですが、エミュレイターズにはさらに後日談があり、それは単行本には収録されていないとのこと。完全版が出るまで待つべきなのかなー。

| | コメント (2)

2009/10/02

エム×ゼロ

Img460 叶恭弘 著。週刊少年ジャンプにて2006年~08年にかけて連載、単行本全10巻完結。

 もし魔法が使えたとしたら、どんな事をしてみたいですか? と面接で聞かれ、世界征服と答えたがために同席していた女の子に吹き出されてしまい、私立聖凪高校の受験に失敗してしまった男、久澄大賀。その時の女の子の事が忘れられず、聖凪高校までこっそりやってきた彼だったが、敷地外にいたところを授業を抜け出そうとしていると勘違いされ、そこの先生に捕まってしまうのだが、その先生はどうみても空中に浮かんでいた。さらに自分の腕と先生の腕が合体したり、自分の首がネジになって身体から抜けてしまったりと、久澄は信じられない光景を連続で目の当たりにしてしまう。そう、不合格だった彼はもちろん知らないのだったが、この学校は魔力が強力に生まれる魔法特区に存在する、魔法の使い方を覚える学校なのであった。校内を逃げ回り、なんとか面接の時の女の子、柊愛花と再開した久澄だったが、最終的には先生に捕まり、規則ということで学校内での記憶を全て消去されそうになってしまう。学校のことなんてどうでもいい、だけどあの女の子の事だけは忘れるわけにはいかない。そう思った久澄は……。

 そんな出だしの、魔法という非日常をテーマとした学園コメディー。魔法を使うにはプレートが必要で、能力に応じてプレートのレベルも上がっていく。応用は色々効くので、資質や努力ももちろんだけど、ひらめきも重要、という感じです。物語はこの後、久澄は聖凪高校に入学するものの、新規のプレートはいつでも作れるわけではないため、魔法は使えないまま。しかし使えないことがバレると退学になるため、使えるフリをしなければならないのだが、魔法学校だけあって、魔法を使う授業もたくさんあるわけで……という感じで進んでいきます。そして2巻でようやく手にするM0(エムゼロ)プレートは、それ自体は魔力を持たない物の、他人の魔法を消すことができるという見事なまでの主人公系能力。内容的には魔法がある以外はフツーの学園コメディーなわけですが、オリジナル要素である魔法パートが非常に面白い作品であり、作者の都合で終わってしまった(らしい)のが、本当に残念な作品でした。

 作者は前作「プリティフェイス」も、同じような終わり方をしてるんですよね。同じマンガを描き続けるのが苦手(読み切りを描くのが好き)ということらしいですが、これだけ面白い作品を描けるのに、それが苦手っていうのは、作者にとっても読者にとっても不幸な話だよなー、と思ってしまいました。なんて言うんでしょう、正直、途中で終わってしまうのなら、最初から読みたくなかった、みたいな? いずれまた連載をはじめるのでしょうが、どんなきっかけでもいいので、次回こそはきちんと最後まで終わってくれればなー、と思っています。当初から全5巻程度の構想にしておくとかで、なんとかなったりしないのかなー。

| | コメント (0)

2009/07/08

エンバーミング

Img375 和月伸宏 著。ストーリー協力 黒崎薫。ジャンプスクエアにて2007年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 5年前、13歳の時、正体不明の殺人者によって両親を殺されたヒューリー=フラットライナーは、ついに復讐の時を迎えていた。だが一瞬の隙を突かれ、一緒に生き残ったレイスは胴をまっぷたつにされて死亡、自身も首に大きな傷を負ってしまう。目覚めた時、ヒューリーは助けてくれた女医、Dr.ピーベリーの口から、あの殺人者が死んだこと、そして奴が人造人間(フランケンシュタイン)であることを知らされる。人造人間を作ったヤツを斃すまで、この復讐は終わらない。そう誓ったヒューリーが五年前からお世話になっているワイス家の屋敷に戻ると、そこでは五年前に一緒に生き残ったエーデルと、死んだはずのレイスが彼の帰りを待ちわびていた。ヒューリーはとっさに、レイスの服を引きちぎる。するとまっぷたつにされたはずの胴は繋がっており、そこには人造人間の証である、起動用の電極が備わっていたのだった……。

 人造人間(フランケンシュタイン)伝説をモチーフとした、アクションホラー。ちょっとネタバレとなりますが、実はヒューリーも首を切られた際に死んでいて、人造人間として蘇っているという状態。この後ヒューリーは、自身を人造人間としたDr.ピーベリーと共に、人造人間を斃すための人造人間として戦いに赴くことになります。まだまだ謎な設定の部分が多すぎて、今後の展開がどうなるのか正直わかりませんが、一つだけ言えるのは、1巻ラストで死んじゃったエーデルが、きっとそのうち敵側の人造人間として……(涙)

 けしてつまらないわけではないのですが、現時点では謎な部分が多すぎて、ちょっと判断に困る作品です。1巻は上記のヒューリーの物語なのですが、2巻になると突然、敵側(?)の人造人間少女、エルム=L=レネゲイドの物語になっていたりしますし、次の主役はまた違う人造人間だったりするのでしょうか。今後どうなるのかはわかりませんが、私個人としてはまた「GUN BLAZE WEST」のような少年少女物を期待していますので、そのためにもまずは、この作品を構想通りにしっかり完結できるよう祈っています。

| | コメント (0)

2009/06/03

NHKへようこそ!

Img334 原作・滝本竜彦、漫画・大岩ケンヂ。月刊少年エースにて2004年~07年にかけて連載、単行本全8巻完結。

 大学入学後、ささいなきっかけからひきこもりとなってしまった佐藤達広は、大学も中退し22になった現在も一人暮らしのアパートにひきこもっているという現状を、NHK、日本ひきこもり結社の陰謀だったのではと考えるようにまでなってしまっていた。現状を打破しようとアルバイトの応募をしようと考えることはあるのだが、4年間のひきこもりのツケは大きく、他人と話すこともままならない日々が続く。そんなとき、偶然顔見知りとなった女子高生、中原岬から、「あなたは私のプロジェクトに大抜擢されました。ひきこもりを治したければ、今夜9時に三田四丁目公園にきてください」と書かれた手紙を受け取る。佐藤はいぶかしみながらも、岬が美少女だったということもあって時間通りに公園へと向かうが、佐藤をひきこもりから脱出させようという岬の言葉は、少なくとも表面上は本当だった。こうして、佐藤のひきこもりから脱出するためのプロジェクトがはじまるのだが……。

 いわゆるひきこもりをテーマとした青春ラブコメ。出てくる登場人物たちはほとんどすべてがいわゆる痛いキャラであり、そういった部分に嫌悪を感じる人は、とても読めない作品だと思います。私ですか? 今の生活を維持できるという条件下でなら、ひきこもりというかニートにはなりたいですよ? ストーリーはまぁ、岬ちゃんが佐藤くんのひきこもりを治そうと色々作戦を考えるんですが、佐藤くんが結局は逃げちゃうというか、そんな感じですね。しかも岬ちゃん自体も実はわりと痛いキャラでして、読んでいて救われる部分がありません。

 じゃあどうやってこの作品を楽しむのかと言われると、ちょっと言い方は悪いですが、佐藤くんみたいなダメ人間もいるんだから、自分もがんばろう、みたいに捉えるのがいいのかなー、と思いました。あくまでリアルと切り離して客観的に読めば、佐藤くんのダメライフは笑えますし、ねーよと思うような展開もギャグとして読めると思います。ただし、一瞬でもリアルと重ね合わせてしまうと、とたんに読むのがキツくなる、私にとってこの作品は、そんな感じでした。実は途中で一度読むのをやめたんですが、完結したので読んだ、というのが本当の所です。しかし、ラストは結局ひきこもりから脱出し、これから頑張ろう、みたいな感じで終わることは終わるんですが、正直言ってこの作品のラストがこんなで、誰が満足するの? と思ってしまいました。あれあれ? けなすために読んだんじゃないよ?

 こういう人間の痛い面を表に出した作品というのは、読む方にもそれなりの人間としての格が求められる、ってところでしょうか。私には少々荷が重かったようです。

| | コメント (0)

2009/04/11

エンジェル伝説

Img281 八木教広 著。月刊少年ジャンプにて1992年~2000年にかけて連載、単行本全15巻完結。

 碧空高校1年11組に転入してきた北野誠一郎は、まるで天使の様な清く優しく美しい心を持っていたが、目は小さく眉は薄く寝癖のひどい髪はポマードでべったりと、まるで悪魔の様な容貌をしていた。自分の外見が怖がられているのを理解している彼は、新しいクラスメイトたちとなんとか友好的に接しようとするが、そもそも第一印象から過剰に怖がられてしまうため、なかなかうまくいかなかった。そんな時、北野の噂を聞きつけた碧空高校番長である3年の黒田清吉がやってくるが、その黒田ですら北野の顔を見た瞬間、勘違いしたフリをして逃げ出してしまう。こうして本人はまったく望まないまま、北野誠一郎の伝説は幕を開けたのであった……。

 主人公の見た目がちょー怖いけど性格はちょー優しいという、ギャップで笑わせてくれるマンガ。それだけだと本当の不良には勝てないので、技術は無いが身体能力や耐久力は非常に高く、本人ケンカしているつもりは無いけどいつのまにか勝ってしまう、という設定にもなっています。作者の絵柄とネタが見事にマッチした、類い希なる作品と言えるでしょう。連載開始当初は北野くんのことを理解してくれる人は皆無ですが、徐々に真実を知った仲間が増えていくという展開も、王道ですが非常にいいストーリーですよね。ギャグマンガとしてはかなりの長期連載でしたが、最後まで非常に面白かったです。

 作者は現在、ジャンプスクエアにて「CLAYMORE」というバトルアクション作品を連載中。エンジェル伝説があまりに面白かったので、ギャグではない作品はどうなのかなー、と思っていましたが、十分面白いですね。しかし個人的には、まさかテレサを殺すとは思っていませんでした。現在の展開を見るに、構想としては最初からあったんでしょうけどね。

| | コメント (0)

2009/01/21

えりか

Img175 中山かつみ 著。コミックガムにて2007年~08年にかけて連載、全1巻完結。

 小学生、葉山えりかは、元気がとりえの女の子。ピーマンはどうしても食べられないけど、母親や同級生のまな、三冬たちと一緒に、日々を楽しく過ごしています。そんなえりかの日常をサイレントで描いたほのぼのストーリー。

 一応サイレントと銘打っていますが、吹き出しを使っていないだけでセリフがまったく無いわけではないので、極端にセリフの少ないマンガ、の方が正しいと思います。ほのぼの日常系マンガとしてはフツーに面白いのですが、正直なところ、わざわざセリフを極限まで減らしている意味は無いかなー、というのが感想です。サイレントというとセリフを使わず画や効果だけで状況を説明することになるわけですが、所々に小さく文字を入れてしまっていては、全然意味がないと思うんですよねー。それならフツーに吹き出しを使ってセリフを入れた方がいいんじゃないかと思いました。

 ただ、一話まるまるサイレントの回がある、という作品は色々なところで見ますが、一作丸ごとサイレントという作品は、他にちょっと思い出せません。そういう意味では、話題性を兼ねた意欲作ということでいいのかなー? とは思います。もしまたサイレントをやるのなら、今度こそセリフ一切無しで挑戦してみてもらいたいですね。

| | コメント (0)

2008/11/25

エン女医あきら先生

Img306 水城まさひと 著。まんがタイムジャンボにて1994年連載開始、2000年からまんがタイムスペシャルとの2誌連載に移行し、2008年完結、単行本全11巻。

 悠明病院に勤務する外科医、日向晃は、常に仕事に対して一生懸命。だけどそのせいか、すぐ周りが見えなくなってドジもしまくり。後輩の野呂歩や、看護士をしている妹の海尋たちにフォローしてもらいながら、日向晃は今日も精一杯がんばっています。

 医療4コマの双璧と言えば、ひらのあゆの「ラディカル・ホスピタル」とこれでしょう。14年という歳月をかけ、無事完結して良かったです。さすがに連載期間が長かったせいか、人間関係の変化も多く、あきらが実家の日向医院に移ったり、野呂先生とつきあうようになったり、海尋も病院の納入業者と結婚したりと、色々ありました。抜群に面白いというわけではありませんが、安心して読める作品でしたね。やはりあきら先生の、親しみの持てる性格が大きかったんだと思います。

 そういえば、タイトルが「学園女医」の略だと長いこと勘違いしており、ENJOYの当て字だと気付いてませんでした。作品内に学校なんてまったく出てこないのにねぇ……。

| | コメント (0)

2008/11/22

エマ

Img237 森薫 著。コミックビームにて2002年連載開始、2006年本編完結、2008年番外編完結。全10巻。

 上流階級に連なるジョーンズ家の跡取りウィリアムは、元家庭教師のケリーを訪ねた折、その家に雇われていたメイドのエマに興味を持つ。幾度かの偶然と必然を経てウィリアムとエマは互いに心惹かれていくが、時は19世紀末、イギリスでは階級の差が絶対的な壁として立ちはだかり、上流階級と労働者階級の結婚など、認められるものではなかった。

 主人と使用人のラブロマンス。と思ったけど、エマはウィリアムのメイドになったことは一度もありませんね。アメリカ行きなどの中だるみはあったものの、幸せなラストを迎えることはできたんじゃないかと思います。ストーリーで読ませるというよりは、シーンごとの描き込みというか演出で読ませるという感じでしょうか。この時代とメイドが大好きな作者の、渾身の一作と言えるでしょう。おそらくはこれが商業デビュー作というのもすごすぎます。

 これや同人誌で発表された「シャーリー」(単行本でも発売)を読む限り、この作者はストーリーやページ数を気にさせず、とにかく好きに書かせておくべきだと思いました。エマの中盤以降がストーリーという枠に捕らわれて、イマイチ弾けてられない印象が大きかったのですが、8巻以降の番外編に入り、主人公も入れ代わり立ち代わりで好きに描けるようになった途端……、そのはじけっぷりったらもう!(褒めてます)

 あと忘れてはいけないのが、書き込みの細かさ。単行本のオマケ漫画(これも楽しみ)にもよく描かれていますが、作者本人が細かく描き込むのが本当に好きなんでしょうね。主にフリルとかレースとか。必然的に生産量は落ちてはしまうとおもいますが、そんなことは気にせず、心ゆくまで描き込んでほしいです。

 現在は、Fellows!創刊号より新連載「乙嫁語り」を連載開始。19世紀末の中央アジアを舞台とした作品で、描き込みの細かさは相変わらず。ストーリーはなんだかきなくさい部分があり、消化しきれるのか不安な部分もありますが、まだ第1話だけだし、まだまだこれからでしょう。期待しています。

※2008年度(俺的)マンガランキングノミネート作品

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り