2009/12/17

鞄図書館

Img536 芳崎せいむ 著。ミステリーズ! にて2004年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 そのゲーテ好きの喋る鞄の中には、古今東西のありとあらゆる本が取りそろえられていて、ほとんどの本は1年間という期限付で借りることができる。そしてそのラインナップは現存する本ばかりではなく、過去に火災によって失われた本や、伝説上の存在の本、さらにはこれから書かれるはずだった本までもが含まれているのだという。司書の男性と共に世界中を旅し、ありとあらゆる場所で本を貸し出している伝説の鞄図書館。もしあなたが運良く出会ったのなら、ぜひ声をかけてください。捜している本、きっとみつかります。

 そんな感じの、本にまつわるオムニバスストーリー。喋る鞄と司書さんのコンビが主人公兼語り部となり、毎回何かしらの本(小説が多いです)にまつわるストーリーが展開される、という感じの作品です。やっていることは作者の代表作「金魚屋古書店」の小説版、という感じではありますが、金魚屋はあくまで現実をベースにした作品んなのに対し、こちらは上記あらすじのように、鞄が喋ったり焼失した本まであったりと、かなりファンタジー寄りの作品。その手法にはメリットもデメリットもあるわけで、どちらが上だということは無いのでしょうが、両方やった意図というのは金魚屋の設定ではできないような話をこちらでやろう、というものなのかもしれませんね。

 鞄の中は広大な空間が広がっているけど、どうなっているのか。司書さんは年をとらないというか時代を超えている感じだけど、どういうことなのか。鞄レコードというありとあらゆる音楽を集めた鞄が出てくるが、他には何があるのか。そして、鞄図書館とはそもそも何故存在するのか。そういった部分を解明する話では無いのはわかっていますが、現実的な設定ではない以上、気になってしまうのもまた事実。刊行ペースは非常に遅いわけですが、次巻ではちょっとずつそのあたりの謎が明らかになっていくのを期待しています。

| | コメント (0)

2009/11/26

神はサイコロを振らない

Img511 竹内元紀 著。月刊少年エースにて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 亡くなった父が教師をしていた高校に、産休の先生の代理としてやってきた、まるで小学生のような体型の国語教師、紫明奏羽(しめい かなう)。赴任早々、彼女がクラス委員長を連れて考古学者でもあった父の資料室を訪れると、なんとそこには古代デアゴ○ティーニ製の若い女性型ロボットが彼女を待ちかまえていた。ミカゲと名乗るそのロボットによると、奏羽の身体が大人になっても小さいままなのは、神話の時代につくられたどんな願いも叶えるという不思議な箱「キャラメル・ダイス(C.D.)」に、奏羽の父がそう願ったのが原因らしい。ならば C.D.を使えば本来の姿になれると考えた奏羽は、C.D.の場所を感知できるミカゲと、あまり役に立っていない委員長を引き連れて、C.D.の捜索を始めるが……。

 そんな出だしの、ダメ人間系の変態ばかりが現れる、下ネタ満載のストーリーギャグ。作者の過去の作品はどれも単なるギャグマンガでしたが、今作ではC.D.を捜すというはっきりしたストーリーがあるのが特徴。また、ギャグの基本が下ネタなのは変わっていませんが、今作では下ネタ以外のギャグがほとんど見られなくなっており、個人的にはちょっと残念です。私は作者のデビュー作? である「Dr.リアンが診てあげる」のような、ギャグならなんでもあれのハイテンションギャグが好みだったのですが、同じスタイルだった「仕切るの? 春日部さん」や「シスター・ルカは祈らないで!!」が今一歩だったことを考えると、このあたりでの路線変更は仕方なかったんでしょうね。ストーリーギャグとなったことで、途中の展開やラストの締め方も評価の対象となるようになったわけですが、そのあたりをどのように見せてくれるのか、作者の新境地に期待しています。

 作者は現在、まんがライフMOMOにて「チカちゃんは知りたがる」という下ネタギャグ4コマも隔月連載中。掲載誌の問題もあってか下ネタレベルは低めですが、今度はちょっとネタが子供っぽすぎる気がしていたりします。うーん、下ネタギャグマンガって、さじ加減が難しいんですかねー。

| | コメント (0)

2009/11/13

カブのイサキ

Img498 芦奈野ひとし 著。月刊アフタヌーンにて2007年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 なぜか地面の大きさが10倍となり、隣町へ行くにも10倍の距離を進まなければならなくなってしまったこの世界では、人々の足として自家用の飛行機も使われるようになっていました。食品加工工場に勤める少年、イサキの足は、近所のシロさんから借りて飛んでいるパイパー・スーパーカブ。まだまだ飛行機という物に慣れず、操縦は危なっかしいのですが、それでも練習を兼ねつつ、気ままに飛んだり配送の仕事を手伝ったりしています。今日もイサキは、シロさん、カジカの姉妹と共に、空を飛んだり、空に想いを馳せたりしながら、日々をのんびりと過ごしているのです。

 そんな感じの、ちょっとノスタルジックな飛行機マンガ。これも一種のモータースポーツ系と言えるのかもしれませんが、バトルとかをする熱いタイプの作品ではなく、飛行機はどちらかと言えば手段であるほのぼの系の作品です。地面の大きさが10倍になってしまった、という設定は現時点では説明が無さすぎでちょっとトンデモですが、ようは飛行機に必然性を持たせるための設定である、と解釈するのが吉。ゆったりとして、それでいてちょっと独自な作品の雰囲気は、読んでいて非常に心地良い気分にひたれるのですが、重要なのはイサキの周りを固める登場人物たち。オトナのシロさん、思春期のカジカ、それに2巻から出てくる不器用なサヨリも含めて、彼女たちがいるからこそのこの作品、この雰囲気である、と言ってしまって過言ではなと思います。というか実際、イサキが出てこない話もありますし、みんなが主人公である、と言っていいのかもしれませんね。

 作者のデビュー作にして代表作「ヨコハマ買い出し紀行」は、最終回前後の頃は本誌を購読していたのですが、初期~中期はほとんど読んでなかったりします。ちょうど今新装版が出はじめたばかりですし、月1冊なら財布にも優しいし、何よりこのカブのイサキは本当に良いと言える作品ですので、ヨコハマ~もこれから買いそろえようと思っています。

| | コメント (0)

2009/11/08

軽井沢シンドローム

Img493 たがみよしひさ 著。ビッグコミックスピリッツにて1982年~85年にかけて連載、単行本全9巻完結。画像は文庫版全5巻。続編となる「軽井沢シンドロームSPROUT」は、ヤングチャンピオンにて2002年~06年にかけて連載、単行本全7巻完結。

 7年前、大宮で高校生をしていた相沢耕平と松沼純生は、それぞれカメラマンとイラストレーターを目指すため、家出をして東京へ向かう。その後プロの仲間入りはするものの、年功序列の世界に嫌気が差した二人は、とにかく日本を飛び出そうとロサンゼルスに行くことを決意。だが先立つものが無いため、一人暮らしをしている純生の姉、薫を頼って、二人は冬の軽井沢へと向かう。それは、別荘地軽井沢を舞台とした若い男女たちの、複雑な人間関係の始まりであった……。

 そんな出だしの、軽井沢を舞台とした青春群像劇。ストーリーの基本は、出てくる女キャラのほとんどと関係を持つような、女好きで無節操でちゃらんぽらんだけどケンカが強くて皆から慕われていてやる時はやる、という耕平を軸に進んでいきます。なんというか、文章にしてみるとちょっとあざとすぎる設定ですね。しかし作中では耕平は基本的に受け身であり、巻き込まれることはあっても自ら出しゃばることはあまり無いため、読んでいてあざとい設定だなー、と思うようなことはそんなにはありません。それよりも、出てくるキャラたちの複雑な相関関係を理解しながら読むのが忙しくて、気にする暇があまり無い、というのが正解かもしれません。面白い作品ではありましたが、四半世紀以上前の作品ということで今とはだいぶ意識も違うでしょうし、現在二十代前半の人たちが読んでどう思うかはちょっとわかりませんね。絵柄は作者独自のものだし、ネームが多くて読むのに時間もかかる、という点も不利かもしれません。ですがそれらをふまえた上でなら、青春群像劇として非常に面白い作品でした。人間関係が複雑でネームが多いというのは、じっくり読むのに適している、ということでもありますしね。

 その後20年近く経って始まった続編、「軽井沢シンドロームSPROUT」は、耕平と薫の息子、薫平を主人公とした話なのですが、やはり時代が変わったせいか無印と同じようなことをやっていてもイマイチ話が盛り上がらず、物語の終盤に耕平がメインキャラになってようやく面白くなった、という感じの作品でした。しかもそれだって、おそらくは無印の軽シンを知っていた私だからそう思ったのであって、知らない読者は終始おいてきぼりだったんじゃないかなー。作者は現在も漫画家を続けているわけですが、そういった点をふまえた現代風の作品を描けるかどうか、そこが今後のポイントになるような気がします。

| | コメント (0)

2009/10/05

影ムチャ姫

Img463 ナントカ 著。まんがタイムきららにて2002年~07年にかけて連載、単行本1巻まで未完。

 ある日、緑化忍群の仕える大名家に、姫様を誘拐するという予告状が届く。敵の目を欺くため、11歳の見習いくのいち、菊花が姫様の影武者として仕立て上げられるが、彼女はお気楽天然いたずら好きドジっ子という、くのいちとしても姫様の身代わりとしても周りに迷惑をかけずにはいられない、超問題児であった。実は緑化忍群頭領の仕掛けた認定試験であった襲撃を、主に二つ上の兄、桜丸の功績によって防いだ菊花は、2人合わせてかろうじて合格、という結果を得るが、そこに本物の姫様が警護の忍びと駆け落ちをしたという知らせが入る。もしこんな事が殿の耳に知れたら、緑化忍群存亡の危機。かくして菊花は、姫様が城に戻ってくる日まで、殿の目を欺くための影武者を続けることになったのであった……。

 そんな出だしの、忍者ギャグ4コマ。タイトルの意味は、影武者+姫+ムチャクチャの語呂合わせですね。そのタイトル通り、舞台は戦国時代ですが時代考証なにそれ? みたいな無茶な展開が多いわけですが、ギャグ4コマとしては問題なしでしょう。ただ個人的には、せっかっく上記あらすじのような設定のあった姫様奪還ネタを、毎回もう少しにおわせてほしかったなー、という感じでした。(これは1巻の内容だけの話です。理由は以下)

 そして、ここが一番ポイントなのですが、この作品、あきらかに単行本3、4巻くらいまでの連載ストックがあるにもかかわらず、1巻が出たきり続きが単行本化されていないという不遇な作品だったりします。そして私といえば、本誌の購読は途中でやめてしまったため、1巻より後の内容がどうなっているのか、まったく覚えていない&知らないんですよね(威張れません) というわけで、実は不満点として挙げた姫様奪還ネタもその後ちゃんとやってるのかもしれませんが、そのあたりの確認はできませんでした。終わり方もそういった伏線を回収してきちんと結末を迎えたのか、打ち切りだったのか、まったく不明です。現在も芳文社にて連載を持っているので、出版社から切られたというわけではないのでしょうが……。ここらで一発どかんと当てて、続き出てくれないかなぁ、なんて思っています。

 ちなみにこの作者、他に「新釈ファンタジー絵巻」という完結済みの連載もあるのですが、こちらも1巻だけしか出ていないとの事。うーん、芳文社だけじゃなくて、竹とか双とか行ってみるのもいいんじゃないでしょうか……。

| | コメント (3)

2009/09/27

ガケップチ・カッフェー

Img455 大前田りん 著。モーニングにて1992年~93年にかけて連載、中断中。単行本1巻まで未完。

 この何もない田舎町で、どうにかその日を生きていければいい。そう考えるサルタが経営するのが、人里離れた道路沿いにある、外観はボロボロ、中もまるで整頓できていないという、とても営業しているようには見えないドライブイン。ところがある日そんなところに、大きな荷物を持った1人の若い女性が、歩き疲れたようにやってくる。ありあわせの食材からテキパキと料理をつくってしまった彼女のことを、たった1日だけの奇跡と思うサルタだったが、予想に反して彼女は翌朝もまだそこにいた。ならばあと半日、財布の中身3600円で、その日暮らしの男のミエを貫き通してやる。そう考えたサルタは彼女を連れて町まで行き、朝食を食べた後に喫茶店へと行くが、さぁお別れという段になったところで、なんと彼女はまずは大掃除から始めないと、などと言いだしはじめる。よく見れば持っていた大荷物も置いてきたという彼女に対し、サルタはなんとか今日中に追い出そう、そうすれば男のミエを貫き通せるんだと考え、その軍資金として父親の形見の腕時計を質入れするのであった……。

 そんな出だしの、日銭を稼いで暮らしていければいい、くらいしか考えていないサルタのドライブインに、綺麗好き世話好きの訳あり女、ユリエがやってきて居着いてしまう……という感じのラブストーリー。ラブと言っても恋愛ではなく、近くにいる男女が引力に引かれるようにくっついていく様、という感じと言えばいいのでしょうか。わりと我が儘で気分屋だけど、今日に至る経歴は不明。そんな共通点を持った2人が織りなす物語なわけですが、これがなんとも不思議な読後感を持った作品で、後を引く面白さなわけです。察するにこれは、本作が読むと言うより感じる系の作品であり、かつ作者のセンスが私好みだからなのかなー、なんて思っています。

 そのへんをもっとはっきりさせるためには、続きもぜひ読みたいところだったのですが……。事情はわかりませんが作品は中断?してしまい、1巻には「1」の文字があるというのに2巻以降が出ることもなく、さらには作者はその後漫画家活動を行っていないらしいんですよねー。せめてもの救いは、1巻ラストが一応最終回のように見えなくもないこと。また復刊ドットコムにもけっこう票が入ってますので、きっといつか完全版が出てくれることでしょう。でもそれよりも、もう漫画家活動をしてないらしい、と言うことの方が本当にしょんぼりです。いつかこっそりでいいので復活してくれる日を、気長に待ちたいと思います。

| | コメント (2)

2009/09/03

カードキャプターさくら

Img430 CLAMP 著。なかよしにて1996年~2000年にかけて連載、単行本全12巻完結。

 友枝小学校4年生の木之本桜は、ある日父の書庫で古い不思議な本を開いたところ、なんと本の表紙からケルベロスと名乗る小さなぬいぐるみのような生き物が出てくるという事態に遭遇する。実はケルベロスはこの本を守る封印の獣であるというのだが、本の中に収められていたはずのクロウカードという魔力を持ったカードは、ケルベロスが寝ている間にすべて無くなってしまっていた。クロウカードとは1枚1枚が生きていて、本から出てしまうと実体化し、様々な悪さをするのだという。ケルベロスはカードを再び集めるための協力者として、魔力が無ければ開けないはずのこの本を開いたさくらに目を付ける。こうしてケルベロスから封印の杖を渡されたさくらは、カードキャプター(捕獲者)としてご町内を守るため、今日も不思議な事件があった場所に出向き、カード集めにいそしむのであった。

 そんな感じの、魔法少女物。明確な敵もしくは敵組織というものは基本的に存在しない、古いタイプの魔法少女物です。クロウカードを1枚ずつ捕獲していくわけですが、次は捕獲したカードの能力を使ってまた次のカードを捕獲する、という感じの、順次パワーアップ要素入り。また、杖やカードに変身能力は無いのですが、同級生のお嬢様、大道寺知世がデザインした服を毎回着るという着せ替え要素も入っており、それまでの魔法少女物の美味しいとこ取りした作品、というふうにもとれそうです。主人公さくらの健気ながんばりっぷりがかわいく、読んでいるといつのまにか応援したくなるような作品でした。売れたが為に批判も多い作品だとは思いますが、私は大好きです。というか、私のマンガ人生を語るに外せない作品の一つですよ(聞いてない

 この作品はアニメ化もされており、ストーリーの細部には変更が加えられているものの、全体としては非常に満足な出来でした。さくらが星の杖を使えるようになるところなんかは、アニメ版の方が良かったと思えるくらいです。そして主人公さくらの声を充てていたのが、名前が同じ声優の丹下桜なわけですが、本日発売のDS用恋愛シミュレーションゲーム「ラブプラス」にて、その丹下桜がヒロインの一人の声を充てているのだそうです。え、さくらの声でギャルゲー? mjd? これは買い? いやいやいや落ち着け? これが落ち着いていられるか!(終了

| | コメント (0)

2009/07/18

がんばれ!消えるな!!色素薄子さん

Img382 水月とーこ 著。月刊ComicREXにて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 バスにまだ乗っていないのに扉が閉まってしまったり、ようやく乗っても今度は降りる停留所を素通りされてしまったり。そんな存在感も幸も薄い彼女の名は、色素薄子。名は体を表すかの如く、とにかく色々薄い女子大生です。そのせいで色々と大変な目にあっているのですが、ところが本人は特に気にした様子なく、日々を平和に過ごしています。そして平和な日常こそが、彼女が一番幸せを感じることなのです。

 そんな感じの、ほのぼのストーリー。一番最初にタイトルを見たときは、これは存在感の薄い主人公をネタにしたギャグマンガに違いないと思ったのですが、ものの見事に騙された感じです。いや、存在感が薄いネタは入っているのですが、メインはあくまで薄子さんのほのぼのとした日常、という感じで、存在感ネタは単なる設定レベル、というのが正しいですかね。ところがそうなると、タイトルに違和感を感じてしまいます。タイトルというか、主人公の名前ですね。ギャグマンガならこの名前もアリでしょうが、ストーリーマンガで色素薄子ってどんなギャグ? と思ってしまいました。ほのぼの部分の話はフツーに面白いだけに、そのあたりのバランスの悪さが目に付いてしまう、ちょっと残念な作品でした。

 今回調べていて知ったのですが、この作品はもともとが同人で発表されたものらしいですね。ちょっと読んでみたい気はしますが、同人誌ってフツーの単行本に比べると、あきらかに割高なんですよねー。悩ましいところです。

| | コメント (0)

2009/06/29

がんばれ酢めし疑獄!!

Img363 施川ユウキ 著。週刊少年チャンピオンにて1999年~2004年にかけて連載、単行本全5巻完結。

 高校生カップル、ミネ子とマモルの、だいぶおかしな日常会話。その名の通りサルのモンキー先生と、振り回される生徒たち。お姉ちゃんが大好きなさーやの屈折した愛情表現と、激しすぎる姉のツッコミ。ジャスティスロボよ、地球の平和を守るのだ! シュールでナンセンスでだけどちょっとほのぼのという、チャンピオンが生んだ鬼才、施川ユウキのオムニバスギャグ4コマ!

 明確な主人公を持たず、単発ネタと連続ネタが入れ代わり立ち代わりに掲載されるタイプの4コマです。古くは吉田戦車「伝染るんです。」や榎本俊二「GOLDEN LUCKY」、秋月りす「OL進化論」と同タイプの作品がありますが、最近だとあんまり無いのかな……? 4コマではないですが、大石浩二「メゾン・ド・ペンギン」がタイプとしては同じでしたね。不思議といわゆる不条理系が多いですが、うーん、不条理4コマとオムニバス4コマは単純にイコールで結ばれる関係だとは思わないので、何か謎がありそうです。ちょっとこの部分は突き詰めると面白そうですね。閑話休題。

 1巻の頃はとにかくシュールだし毒もあるしでかなり読む人を選ぶと思いますが、回を重ねるごとにネタもやわらかく、ほのぼのした感じになっていきます。そしてこの作品から毒を取り除いたのが、次作の「サナギさん」ですね。当初は毒の無さに物足りなさを感じましたが、ネタ出しが軌道に乗ってからは問題なく面白い作品でした。

 サナギさん終了後、すぐまたチャンピオンで新連載が始まると信じていたのですが、今のところはその様子はありません。楽しみにしてますので、いつかまた戻ってきてくださいねー。

| | コメント (0)

2009/06/05

カギっこ

Img337 山口舞子 著。まんがライフMOMOにて2006年連載開始、まんがライフオリジナルとの2誌連載に移行し、2009年両誌にて完結。単行本全3巻。

 中学1年生の花村みつは、小さな雑貨屋を営むお母ちゃんとの二人暮らし。お母ちゃんが帰ってくるのは毎日遅いため、みつは小学1年生の時から自分専用のカギを持っています。のんびりほがらかな性格ですが、カギっこ生活6年目ともなれば、炊事洗濯もお手の物。ちょっと夢見がちなお友達の佳乃ちゃんや、隣の部屋に住む保険の桂先生、母のお店の従業員、実ちゃんたちと一緒に、今日も花村家は元気いっぱいです。もちろん、天国のお父ちゃんもいっしょだよ。

 そんな感じの、ほのぼの4コマ。お母ちゃんのよく言えば子煩悩、悪く言えば子離れできない性格がちょっとアレですが、全体的にはのんびりほがらかと、楽しく読むことができました。カギっこ生活6年目としてしっかりはしているのですが、でもどこか抜けてるみつが可愛いのは当然として、個人的には実ちゃんの出てくる話が好きでした。もっと出番欲しかったなー。あと、みつが小さい頃に隣に住んでいたという春子おねーさんが、そのうち登場すると思っていたのに出てこなかったのが残念です。

 作者は他に「もうすこしがんばりましょう」という、ゆるーい女子高生ショートギャグを連載していましたが、そちらも昨年中に完結済み。カギっこも終わってしまい、どうなるのかなーと思っていましたが、現在は再びMOMOにて「ひなちゃんが王子!」を連載開始。まだ始まったばかりですが、こちらも期待しています。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り