2009/12/25

ゴーゴー♪ こちら私立華咲探偵事務所。

Img544 渡辺航 著。週刊コミックバンチにて2006年~07年にかけて連載、単行本全4巻完結。

 子供のころ、川で溺れたときに助けてくれたような、みんなが頼れる探偵になりたい。そう思い、街の小さな探偵事務所に就職した金田一耕太郎だったが、その私立華咲探偵事務所の所長、華咲サヤは、殺しのからんだ難事件や、誘拐された姫の奪還、超セレブ王子の護衛など、ハードでエキサイティングでモエモエな仕事以外はやりたくないから断ってしまうという、選り好みしすぎの探偵だった。おかげで仕事はめったに無く、なんと事務所の家賃の支払いにさえ困っているという始末。理想と現実のギャップに悩む小金田一だったが、なんとそこに銀行の取り立てが現れ、一向に借金を返そうとしないサヤを筆頭に、小金田一を除く所員全員が捕まってしまう……。

 そんな出だしの、ドタバタ探偵コメディー。あくまでコメディーが主体であり、探偵っぽいこともしていますが、探偵マンガとしての整合性とかは期待して読んではいけません。作者の作品は主人公がトロかったり内気だったりと、自然テンポが遅くなるものが多いと思うのですが、今作は小金田一くんの視点で話が進み、かつサヤさんは面倒くさがり屋ではありますがトロくはないので、作者の作品にしては珍しくテンポのいいかけあいが楽しめるようになっています。とは言っても、サブヒロインのしおりちゃんという非常にトロくて内気な子もしっかり出てきますので、作者はそもそもこういうタイプのキャラが好きなんでしょうね。え、私ですか? もちろん好きですとも!(聞いてない

 サヤさんを筆頭としたキャラが良く、ラスト近辺の展開も衝撃的で、ドタバタコメディとしては十分面白かったとは思うのですが……残念ながら一年持たずに打ち切られてしまいました。その理由としては、一部展開に無理があったからなんじゃないかなー、と思っています。一応探偵物なんですから、ある程度展開にリアリティを持たせるべきだと思うんですよね。しかし全編にわたって何度も使われたロボットネタは、ちょっと(かなり)雰囲気を別方向にねじ曲げてしまっていたように思えました。また、いきなり掲載されていた番外編のような宇宙刑事ネタは、一体なんだったんでしょう。私は単行本でしか読んでないのですが、雑誌で読んでいれば、何かしらの説明があったんでしょうか……? 「制服ぬいだら♪」のノリをそのまま持ってきてしまい、失敗した、というのが一番しっくりくるような感じでした。

 作者は現在週刊少年チャンピオンで連載中の「弱虫ペダル」でついにブレイクした、という感じではありますが、個人的には今作のようなドタバタコメディーの方が合ってると思うんですよね。というかもしかしたら、総合的には私はこの華咲が一番好きかもしれません。最終巻後書きに、評判良かったら2の可能性も、なんてことも書いてあるので、その日がくるのを気長に待ちたいと思っています。

| | コメント (0)

2009/10/10

ごうがいっ!

Img469 まるのすけ 著。COMIC SEED!にて2007年連載、単行本全1巻完結。

 一つ上の従姉弟、桑山ひよこに誘われ、中学1年生の園部輝一は新聞部に入部するために部室へと向かうが、薄暗い部室内に入ろうとしたところを、機嫌の悪そうな上級生に今日は休みだと追い返されてしまう。どうしようかと廊下で途方に暮れていた輝一だったが、そこに同じ1年生の風見萌という女生徒が現れ、新聞部への入部希望なら、部長のところへ連れていってくれるという。渡りに船とばかりについていく輝一だったが、連れて行かれた先は何故か暗室。そしてそこで待ちかまえていたのは新聞部の部長ではなく、新聞部を倒すためにうまれた、闇の新聞部の部長と副部長であった。ひよこの助けもあって、なんとか闇の新聞部から逃げ出し、本家の新聞部へと入部した輝一。だがその新聞部も、実は学校側から、校内新聞はもういらないんじゃないかと言われているという状態なのであった……。

 そんな出だしの、中学の新聞部を舞台とした学園ドラマ。新聞部と闇の新聞部のいざこざや、月に一度の学校新聞のあり方を考える等、基本のストーリーはシリアスですが、コメディー要素も多分に有り。そして個人的に一番のポイントなのですが、主人公の輝一が、登場する女生徒の胸を(事故で)触りまくるという、ちょいエロ要素も有り。なんというか、お約束要素として仕方ない部分もあるんでしょうが、正直なんでこういうことをやるのかなー、と思わずにはいられない作品でした。

 作者と言えばろりぷにな絵柄で(私の中では)有名であり、見た目だけで十分萌え系作品として成立するという逸材。正直この絵柄でフツーに作品を描いてくれれば、それだけでポイント高いと思うんですよね。なのに、無理矢理入れてるんじゃないかと思ってしまうような、サービスシーンの数々。しかも肝心のストーリー部分が、イマイチ盛り上がらないまま終わってしまうという状況。これ、サービスシーンを減らしてもっとストーリーを練ることができてれば、もっともっと面白い作品になったんじゃないかなー、と思わずにはいられませんでした。こういう構成になったのが、編集の意向なのか、はたまた作者の趣味なのかはわかりませんが、作者の趣味だとしたら設定をもう少し変えるべきだったんじゃないかと思いますし、編集の意向だった場合は……COMICSEEDも大変だったんでしょうし、読者を増やす方法としてお手軽なエロは間違ってないんでしょうから、その場合は仕方ないのかなー。うーん。色々な意味で残念です。

 この作品以降、作者は商業作品を発表していないようなんですよね。絵柄的にはシリアスでもコメディーでもどちらでもいけると思いますし、またそろそろ新作が読みたいなー、と思っています。いっそ、原作付きとかをやってみるのもいいんじゃないのかなー。

| | コメント (0)

2009/09/07

こどものじかん

Img434 私屋カヲル 著。COMIC HIGHにて2004年連載開始、同誌休刊に伴い一時中断し、コミックハイ!創刊号よりリスタート、現在も連載中。単行本7巻まで以下続刊。

 1学期途中で双ツ橋小学校にやってきた新任教師、青木大介は、赴任早々3年1組の担任を任されることになったのだが、実は前任の先生は、生徒からのいじめを苦に辞職したのだという隠された事実を知ってしまう。そのいじめのリーダー格だった生徒、九重りんは、青木が赴任した初日から彼のことを好きと言ったりと、非常になついているように見える生徒だったのだが、その件について問いただしたところ、親友である宇佐美々が不登校になるきっかけを作ったのがその先生だったため、やりかえしただけ、とこともなげに言う。当初は困惑した青木だったが、変わらず彼のことを好きと言ってべたべたしてくるりんと接していくうちに、彼女の性根はけして悪ではなく、友だち想いという気持ちが行き過ぎてしまっただけなんだと理解する。こうして順調に行っているように見えた青木とりんの関係だったが、実はりんには母とは死別、父は再婚して別居中であり、母の従弟であるレイジという男性と2人で暮らしている、という青木のまだ知らない事情があるのであった……。

 そんな感じの、教師と生徒を題材とした小学校ストーリー。エロコメ要素がふんだんに投入されていて、その基本は、りんが自分が小学生女児であることを利用したネタを青木に対して行う、というものです。いわゆる児○ポルノに引っかかりかねないネタのオンパレードはインパクトがすごく、連載開始当初はものすごいネタマンガだなー、と思っていました。ところが長期連載に入るにつれ、上記のようなりんの過去及び現在の境遇をメインとした話が増えていき、普通の作品になっちゃったなー、というのが正直な感想です。今でもエロコメネタはたくさんあるのですが、やっぱりもうメインは違うんだ、とどうしても思ってしまうんですよね。ただ、初期のインパクトのままで長期連載は無理でしょうし、今の展開がつまらないわけでもないので、問題無いとは思いますけどね。

 もう一点問題となる、りんが青木のことを好きだという部分ですが、青木からすれば当然りんは生徒であり、どんなに可愛いと思ってもそういう感情を持つのはありえない、とちゃんと自制はしています。ところがストーリー的には今後レイジがりんに対し光源氏計画を考えていることを知り、それから守ろうとしたりしているので、最終回でりんが大人になったら結婚とかは十分あり得る展開です。現在はりんが幼すぎるためラブコメとは言い難いですが、構図としては一人の女の子を巡って2人の成人男性が争っている、で間違っていないでしょう。社会理念的には間違ってますけどね……。

 連載開始時は3年生だったりんも現在はで5年生となりましたが、話を中学まで延ばすとは思えませんから、長くてもあと2年で終わるとは思います。ラストがどうなるのかはわかりませんが、以前作者が「最後はハッピーエンドになります」みたいなことを書いていたのを、どこかで見た気がするんですよねー。ちょっと確認はできなかったのですが、ぜひとも読者が読んでそう思えるようなラストになってくれることを願っています。

| | コメント (0)

2009/07/19

荒野の蒸気娘

Img383 あさりよしとお 著。月刊コミックガムにて2005年~08年にかけて連載、単行本全4巻完結。

 原油が枯渇し、一部特権階級のみがエネルギーを独占、都市部以外の文明レベルは数百年前にまで戻ってしまったという近未来。流れ者のジョーは、とある村からガソリンを盗み出して売りさばこうとしていたところを見つかってしまい、殺されそうになるが、危ういところを旅の姉妹に助けられる。姉のアンは、粗野な性格で飾り気の無い格好。妹のアリスは、純真な性格で可憐な装い。という設定を持つ2人は、実はエネルギー不足のこの世界では最強とも言える、蒸気機関で動くロボットであった。だが、アンはそのことを理解しているものの、アリスは自分は本当は人間であり、呪いによりロボットの格好にさせられていると信じて疑ってはいなかった。かくしてアリスに気に入られたジョーは、2人の用心棒という名目で、西へ向かって一緒に旅をすることになるのであったが……。

 そんな設定の、ロボットコメディ。仕草、言動、思考等、容姿以外は美少女というアリスを話の中心に据えた、昨今の萌え事情を斜に構えたあさりよしとおらしい作品です。アリスの見た目はごつくて巨大な二足歩行ロボット(画像中央奥)で、その手前の金髪ロングな美少女が、脳内補完用イメージ。作中でもこのギャップをネタとしたギャグを繰り返し行いますが、やっぱこれはアレですか、容姿よりも性格が重要だという人に対して、このロボット娘に萌えてみろという作者の挑戦なわけですねわかります。いや、本当かどうかはわかりませんが……。

 以上のような、ネタ的、意欲的な部分は面白いのですが、ストーリー的には正直フツーで、やっぱりこの作者は、「宇宙家族カールビンソン」や「るくるく」のような日常コメディが一番面白いなー、と再確認させられた感じでした。るくるくも最終巻はまだですが本誌では完結済ですし、また次の日常コメディ、もしくはカールビンソンの続き……は無理かなー。まぁ無理とは思いますが、今後も読み続けますので、期待し続けたいと思います。

| | コメント (0)

2009/06/17

合同ナイン

Img350 若狭たけし 著。ビッグコミックスピリッツにて1998年~99年にかけて連載、単行本全3巻完結。

 毎年東大合格者を100名近く輩出する、私立徳英高等学校の野球部には、部員が5人しかいなかった。その中でキャプテンの松下海だけは甲子園出場という夢を持っており、彼の投げるフォークは一級品ではあったのだが、それを捕れるキャッチャーもいないというのが現実だった。そんな時、徳英高校のすぐ近くに存在する超ヤンキー校、私立天使工業高等学校の野球部員4人とマネージャー1人が彼らの元にやってきて、数枚の書類を差し出す。それはなんと、特英高野球部と天使高野球部が合併し、合同チームとなることを申請する副申書であった……。

 そんな出だしの、高校野球マンガ。条件さえ揃えば合同チームは高野連から認められると作中で説明されていますが、その真偽は別として、設定としては面白いと思いました。進学校とヤンキー校の合併なので、当初はチームワークなんてあったものじゃありません。それでもしばらくは天使高キャプテン葉桜の剛速球のみの力で勝ち進むのですが、そのうちそれではやっていけず、松下と葉桜のダブルエース体勢になる……のだろうとずっと思っていたのですが、そうなる前に葉桜の肘が限界に達し、広げた風呂敷を畳む素振りも見せずに連載終了、となってしまいました。両校の経営者である神父の真意もまるで謎なままですし、やっぱり打ち切りだったんだろうなー。読者の予想は見事に裏切る展開続きでしたが、同時に期待も裏切ってしまっていたが故の結末だった、ということだと思っています。

 作者はその後も漫画を描き続けていますが、近年では集英社で「働け!メモリちゃん」や「博士と助手高生」といったギャグマンガを連載、完結済み。正直売れているとは言えない状況だと思いますし、また「ラブレター」や「どんまい!」のような原作付き作品を描くのがいいんじゃないのかなー、と思っています。

| | コメント (0)

2009/06/04

Go West!

Img339 矢上裕 著。月刊電撃コミックガオ!にて2003年~04年にかけて連載、単行本全4巻完結。

 生き別れの両親が、新大陸にいるのかもしれない。自分の事を捨て子だと思っていたナオミがそのことを知ったとき、すぐに彼女は両親を捜すため、新大陸へと旅だった。だが、アメリシア合衆国東岸の港町に着いたナオミがその目で見た物は、自由の国とは名ばかりの、単なる無法地帯だった。西にしか進まない馬、レッド・バレットを旅の仲間としたナオミは、両親が向かったとされる大陸の西へと進むが、次の町で賞金首と賞金稼ぎが争っているところに鉢合わせしてしまう。ところがナオミの姿を見たとたん、賞金稼ぎの男は「我が娘よ」と突然口走る。いきなり父親が見つかったのかと思ったが、ナオミが黄色人種なのに対し賞金稼ぎは白人。ありえないと言うナオミだったが、次の瞬間、今度は黒人の賞金首が「妹よ」と口走る。妻が黄色人種だと言い張る賞金稼ぎと、母が黄色人種だと言い張る賞金首に対し、ナオミは絶対に違うとも言い切れないまま、とりあえず西へと向かうのであった……。

 いわゆる西部開拓時代のアメリカをモチーフとした、西部劇風コメディー。誇張無しに西にしか進まない馬(家どころか山や崖があっても迂回しない)や、肌の色が違うのにナオミの事を肉親だと言い張ってつきまとう賞金稼ぎと賞金首、それとなにかにつけてナオミに気を使ってくれる青年らと共に旅をしていく、という感じで、スタイルは作者の代表作「エルフを狩るモノたち」とそんなに変わらなかったりします。そして、これはもう作者のセンスというか才能なんでしょうが、エル狩ると同様大胆な設定でありながら読ませる話が多く、私はストーリーも好きだったんですが……。ラストの流れは、これってきっと打ち切りだったんだろうなぁ、という感じの、設定的に疑問の残る、後味の悪い終わり方となってしまいました。

 打ち切りとは言っても風呂敷を畳むページ猶予はあったと思われるんですが、設定部分の畳み方がちょっと酷かったんですよね。これならいっそ、その部分は畳まなければ良かったんじゃ、と思ってしまうほどです。具体的に言うと、大陸名が新大陸、国名がアメリシア合衆国と言っているのに、大陸西岸からさらに海路で西に向かうと、そのまま大陸東岸に戻ってきちゃうんですよね。なんじゃそりゃー、アメリカ大陸がモチーフなんじゃないのかよー、という感じです。え、アメリカだなんて一言も言ってない? そういう問題じゃないっちゅーねん。

 この作品はラストがちょっとアレでしたが、作者の話作りがうまいのはエル狩るで十分わかっていますし、これからもずっと追い続けていきたいと思っています。次の連載はまだかなー。

| | コメント (0)

2009/05/16

高校球児ザワさん

Img319 三島衛里子 著。ビッグコミックスピリッツにて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 日践学園高等学校に通う都沢理紗、通称ザワさんは、甲子園にも出場する同校野球部のマネージャーではなく、唯一の女子部員。紅一点ということであらぬ噂をたてられることもありますが、男子部員同様に汗をかき泥にまみれ、太陽の下野球一筋の青春を送っているのです。そんなザワさんの青春グラフティ。

 毎週5Pの野球マンガ。野球と言っても試合のシーンはほとんど無く、ザワさんの練習風景とか練習外の出来事とか授業中の風景とか、野球部員ならではの日常を切り取った感じの作品です。野球マンガというよりは、野球部員ザワさんのマンガ、と言った方が正しいですね。ちょっと無愛想ででも野球が好きで、日に焼けるのも気にせず授業が終われば練習に直行というザワさんの日常は、ストイックでそれでいて心温まるという不思議な感情を味わわせてくれます。読むというよりも、感じる系の作品ですね。

 作者はスピリッツ賞出身とのことですので、これが初の単行本なのでしょうか。絵はまだまだこなれていない部分はありますが、このセンスのまま、描き続けていってほしいです。

| | コメント (0)

2009/04/27

この世界の片隅に

Img299 こうの史代 著。漫画アクションにて2006年~09年にかけて連載、単行本全3巻完結。

 昭和18年末、広島市江波に住む絵を描くことが好きな少女、浦野すずは、幼少時に一度出会ったことがある北條周作の求婚を受け、呉市上長ノ木町へと嫁ぐことになる。時は大東亜戦争(いわゆる太平洋戦争)まっただ中、東洋一と名高い軍港のある呉は、すずが生まれ育った江波と比べると、当然の如く戦争が身近な町であった。呉鎮守府に勤める夫とその両親との、すずの新しい生活が始まる。

 太平洋戦争中期~末期の呉を舞台とした、すずと戦争の物語。主婦としての視点からの戦争なので、空襲を除いた直接的な戦闘の様子が描かれることはなく、配給品を買いに行ったり、闇市に行ったり、防空壕を掘ったり、空襲にあったり、等々、戦時下でも当然のように営まれる日々の生活を描いた作品です。テーマは暗いですが、すずのうっかり屋で天然で物事を良い方に考える性格のおかげで、ほのぼのとした作品に仕上がっています。敗色濃厚となり本土空襲が始まる終盤はさすがに重苦しい話が続きますが、最終回の終わり方も、ホロリ涙がこぼれる非常に良い、未来を感じさせるものでした。このあたり、同じ戦時中で原爆の投下される広島を舞台とした「夕凪の街 桜の国」とはちょっと趣が違いますね。夕凪~は映画化もされた名作ですが、この作品も派手さはないものの間違いなく名作と言えるでしょう。

 こうの史代と言えば、スクリーントーンとベタをほとんど使わずに手書きで処理する漫画家として、私の中では有名です。そのせいで絵柄はやややぼったいものとなりますが、それがまたいいと思える様になれば、立派なこうの史代ファン……なんじゃないかと思います。いやいやホント、一目でこうの史代とわかる、味のある絵柄ですよ。

 この作品が完結し、現在は次回作へ向けて準備中というところでしょうか。もちろん、次も期待しています。

 さんさん録(サイト内レビュー)

| | コメント (0)

2009/04/21

ご契約ください!

Img292 東屋めめ 著。まんがライフオリジナルにて2006年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 松野産業の若手社長、松野の所に入り浸るは、起業から倒産まで企業のトータルサポーター、セールスレディ吉田晴美。いつも買わされてばかりの松野社長は、今日こそはハンコを押すものかと固く決意をするのですが、そこは吉田の方が一枚も二枚も上手。今日も直球搦め手裏工作等あの手この手を駆使されて、結局契約書に判を押すはめになってしまうのでした……。

 営業ギャグ4コマ。そもそも松野社長が雰囲気にも情にも勢いにも流されやすい性格で、そこにつけ込んだ吉田が面白おかしく色々な物を売りつけまくる、という流れの作品。売り方がオチになってる場合もあるし、売る物自体がオチになってる場合もあるし、そのへんは様々です。主人公は一応吉田なんでしょうが、ネタを振るのが吉田でオチを付けるのが松野社長という形なので、実はいなければならないのは松野社長の方ですね。さわやかな笑顔でわりと強引に商品を売りつける吉田と、結局口車に乗せられてハンコを押したり、たまに押さなくても押さなかったことを後悔したりする松野社長との、かけあいが楽しいマンガです。

 作者はこれがデビュー作だそうですが、現在は他にも「リコーダーとランドセル」「L16」「すいーとるーむ?」「まぐばぐ」と、多数の作品を連載中。どの作品も面白いのですが、キレの良さという点で、私はこの「ご契約ください!」が一番好きですね。すらっとした絵で女の子も可愛いし、目と口の描き方が特徴的で個性もあると思うし、今後も期待していきたい4コマ漫画家の一人です。

| | コメント (0)

2009/04/01

コルセットに翼

Img271 もとなおこ 著。月刊プリンセスにて2007年より連載中、単行本3巻まで以下続刊。

 イギリス南部ワイト島に住む少女、クリスティン・ラングトンは、育ての父が死んでしまったことで家を追い出され、ヨークシャーにある女子寄宿学校に入れられてしまう。だがそこは、経営者兼校長であるミス・デスデモーナが恐怖で生徒たちを支配する、レディーを育成する寄宿舎とは名ばかりの、監獄の様な場所だった。当初はデスデモーナに反発し、反省房に入れられるなどしてしまうクリスだったが、故郷を離れ寄宿舎へ向かう道中で出会った足の不自由な男性、ミスターバードの「鳥も幼い間はうまく飛べない。訓練をし、鷹を避ける知恵を得、嵐の日はじっと晴れ間を待つ」という言葉を思いだし、現状を嵐と考えて、じっと耐えることを決意する。やがて、デスデモーナという鷹の爪を避ける知恵を得たクリスは、寄宿舎の生徒たちが夜中にこっそり行っている勉強会にも参加するようになり、社会に羽ばたくための訓練を始めるのだった。

 19世紀末~20世紀初頭を舞台とした、ブリティッシュファンタジー。設定だけを見れば、まさに王道の世界名作劇場。身寄りのないクリスはいじわるな先生のいる寄宿舎に入れられるが、友人の助けを得たり謎の男性に援助してもらったりしながら、強く成長していく、という感じです。世の中こんなに甘くないと思ってしまう部分もありますが、まぁそれこそが目を瞑るべきファンタジー部分。少年少女の強くまっすぐな想いは、汚い大人の思惑なんかに邪魔はされないってわけですよ。

 私は単行本でしか読んでないので雑誌がどうなっているのかわかりませんが、そろそろ寄宿舎編は終わりが近づいてる雰囲気なんですよね。果たして寄宿舎編の次があるのか、はたまた寄宿舎編のままクライマックスへ向かうのか。そういった部分も含めて、続きを楽しみにしています。 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り