2009/12/13

NERVOUS BREAKDOWN

Img532 たがみよしひさ 著。月刊コミックNORAにて1988年~97年にかけて連載、単行本全13巻完結。

 頭脳は明晰だが身体は弱く、しょっちゅう食べた物を戻しているという虚弱体質者、安藤一意と、体力や身体能力、運転技術は一流だが、頭脳労働はからっきしという元警官の三輪青午。まるで正反対の彼ら二人の職業は、田沼平九郎探偵事務所に所属する、私立探偵である。その日の依頼主は、女子高生の稲葉美矢。映画部所属の彼女は友人の丹生佳子と共にとある湖に撮影に向かったが、早朝の撮影中に美矢だけが昨晩も泊まったペンションに戻ると、何故かオーナーに美矢と佳子は泊まっていないと言われてしまい、さらに佳子はそのまま姿を消してしまったのだという。佳子は消えてしまった。そして消えなかった美矢は、泊まったはずのペンションに泊まらなかった。安藤と三輪はこの二つの謎を解き明かすため、早速現地へと向かうが……。

 そんな感じの、探偵マンガ。脳味噌まで筋肉でできている肉体労働担当の三輪が暴れ、頭脳労働担当の安藤が吐きながら推理、解決する、という感じのコミカルとシリアスが同居する作品。元々作者の作品は、8頭身と3頭身のキャラを状況に応じて描き分けるという独自の手法がとられているわけですが、その手法を設定面でも後押ししている、という感じですね。内容はほとんどがシリアスで理論詰めで話が進んでいくので、ネームが多いのがややネックではありますが、探偵物なら当たり前とも言えるでしょう。そして探偵物というと事件の質が問題になると思うのですが、正直に言うと、この作品の事件の質が高いか低いかは私にはよくわかりません。そもそも私は推理系の作品であってもあまり自分で推理しながら読んだりはしないので、推理系作品の正しい読者とは言えないと思うんですよね。ではなぜこの作品が好きなのかというと、それはキャラの良さだと思っています。正反対の性格である安藤と三輪、それに探偵事務所の人々や様々な依頼主、関係者、犯人等々。どのキャラもそれぞれに魅力的であり、彼ら、彼女らが繰り広げる人間ドラマは、推理なんかしないでただ見ているだけでも非常に楽しかったです。なので、推理系作品としてよりも、人間ドラマとして評価している、ということですね。

 一つだけ残念な部分を上げておくと、画像の単行本表紙を見てもわかるとおり、そもそもの設定としては安藤と三輪のダブル主人公だったんだと思うんですよね。しかし上で何度も書いた通り、三輪は筋肉バカであって推理とかほとんどできないため、肝心の推理シーンでほとんど出番が無く、結果的に安藤ばかりが目立つ、ということになってしまっています。設定や展開を考えると、確かにどうしようもない気はしますが、それでももうちょっと、この点における推理だけは三輪も冴えてる、とかあれば良かったのになー、と思わずにいられませんでした。

 そして今回調べていて知ったのですが、この作品は単行本全13巻、全88話なわけですが、なんと文庫版には第89話が描き下ろされてるらしいんですよね。すでに絶版らしく手に入れるのは大変そうですが、これは読まないわけにはいかないですし、なんとかして読みたいと思っています。

| | コメント (0)

2009/07/23

NARUTO -ナルト-

Img387 岸本斉史 著。週刊少年ジャンプにて1999年より連載中、単行本46巻まで以下続刊。

 木ノ葉隠れの里の忍者候補、うずまきナルトの夢は、里一番の忍びとなり、里の頭領、火影となること。ところが威勢はいいものの、実技はイマイチ理論はボロボロと、実はナルトは下忍になるための卒業試験に何度も落ちていたりします。今日も分身の術に失敗し、また卒業試験に落ちてしまったナルトでしたが、実は彼には、里の中で彼にだけ秘密にされているとある事実がありました。それは、4代目火影と相打ちで倒れた、木ノ葉隠れの里を襲った九つの尾を持つ妖狐が、ナルトの中に封印されているということでした……。

 そんな設定の、忍者マンガ。と見せかけて、全然忍んでないので、忍術バトルマンガ、と言った方がいいですね。実はナルトは4代目火影の子供であり、才能+封印されている九尾の力で、どんどん強くなっていきます。連載10年目とものすごい長期連載となっていますが、私的には一番面白かったのは、ホントに初期の頃ですね。中忍試験編くらいまでは、技と知恵で戦っている感じで面白かったですが、正直そのくらいから強さのインフレが激しくなっていき、新しい敵の新しい技が理屈関係なく強い、という感じになってきてしまい、ちょっとげんなりしてしまいました。もちろん今でも読み続けていますが、そろそろ終わりにしてもっとこぢんまりした物語を新たに始めてほしいなー、なんて思ってはいます。しかしこれだけ広げた風呂敷を畳むのは、ちょっとやそっとじゃ終わりそうにはないですし、まだまだ続くんでしょうけどね。

 作者は双子の兄なんだそうですが、弟も漫画家で、岸本聖史という名前で「666~サタン~」等の作品を発表しています。兄弟漫画家とかは多少は聞きますが、双子で両方漫画家っていうのはちょっとめずらしいと思います。しかも双方ともそれなり以上に売れてるわけですから、すごいですよね。いや、兄の方はジャンプの看板ですし、それなりとか言ったら怒られそうですけど。

| | コメント (0)

2009/06/13

なないろレシピ

Img347 野広実由 著。まんがタイムスペシャルにて2007年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 仕事で海外に行ってしまった両親の後を継ぎ、佐倉奈々はさくらクッキングスクールの先生をしています。背は小さいし言動も子供っぽいところがあるため、少々見た目は頼りないけれど、料理の腕は天才的で、調理器具を手にすれば顔つきも鋭くなってしまいます。今日も菜々先生は、助手の蔵間先生や経理の玄田じいに農家の播野さん、そしてたくさんのクッキングスクールの生徒さんたちと一緒に、一生懸命料理(と恋)の修行中なんです。

 そんな感じの、料理教室を舞台としたコメディ4コマ。ラブコメ要素もありますが、量は少なめ。料理の腕は天才的で顔つきも変わってしまうほどですが、普段の生活では整理整頓ができず(調理器具の整頓は平気)、箸使いが下手で(菜箸は平気)、様々なことに不器用(調理は以下略)、というギャップで笑わせてくれるのがメインの作品です。同作者の「パティシエール」シリーズはお菓子作りをテーマとした4コマですが、この「なないろレシピ」はお菓子を一般的な料理に置き換えた作品、と言って差し支えないかと思います。そしてパティシエールに比べると、この作品はだいぶ萌え4コマにシフトしているわけですが、実はそこにマイナスポイントがあります。

 この作者の絵柄って、胴体に比べてやや頭が大きく、微妙にバランスが悪いんですよね。そして売れる萌え4コマというのは、画のバランスが良いことが絶対条件だと思うんですよ。というわけで、「パティシエール」や「うちの姉様」ではそれほど気にならなかったバランスの悪さが、この作品では非常に気になってしまいました。作品としてはフツーに面白いんですけどねー、しょんぼり。

| | コメント (0)

2008/12/07

ななこまっしぐら!

Img118 小池恵子 著。まんがくらぶオリジナルにて2003年連載開始、2004年まんがライフとの2誌連載に移行、現在はまんがライフのみにて連載中。単行本4巻まで以下続刊。

 夫、タクのことが大好きな佐藤ななこは、元気あふれまくりの専業主婦。物事をなんでもポジティブにとらえ、炊事洗濯、掃除に買い物と、どれもこれも楽しんでやってしまいます。猫好きなのに猫アレルギーでさわれなかったりとちょっと淋しい時もあるけれど、そういう時は得意の空想パワーで華麗に解決。ななこは今日もいろんなことに向かってまっしぐらです。

 という感じの、夫婦コメディ4コマ。メインはあきらかにななこさんですが、タクさんが絡んでくる話も半分以上なので、そう表現していいでしょう。明るく楽しくめげないななこさんを微笑ましく見守る、というスタンスで読むのが吉だと思います。

 作者は他に「うちは寿!」「おかあさまと一緒」等を連載中。どれも面白いのですが、ここらでそろそろ4コマ以外をちょっと読んでみたいかなー、と思うのですがどうでしょう。4コマ漫画家には、4コマ「しか」描けない人と、4コマ「も」描ける人が当然いるわけで、ななこまっしぐらの躍動感ある絵柄やコマの使い方を見る限り、この作者はストーリーもいけると思うんですけどねー。

| | コメント (0)

2008/10/31

ナンバデッドエンド

Images 小沢としお 著。週刊少年チャンピオン新連載。チャンピオンお得意の不良マンガ。前連載であるナンバMG5の完全な続き。

 両親も兄も妹もヤンキー、自身ももちろんヤンキーという見事なまでのヤンキー一家次男である難波剛は、高校進学の際にこのままヤンキーを続けることに疑問を感じていた。そして剛が出した結論は、家から離れたヤンキーが集まる市松高校に進学すると見せかけて、家族には内緒でその高校の隣にある、白百合高校という普通の学校へ入学するというものだった。

 家族をだましつづけるため、朝は金髪トゲトゲに母手製の特攻服を着て家を出るが、駅のトイレで髪を下ろして普通の学生服に着替えるという二重生活を続ける剛。初めはうまくいっているように見え、美術部にも入り、充実した学生生活を送っていた。

 だがヤンキーとして曲がったことが嫌いな剛は、自校の生徒がヤンキーにからまれていたりすると、正体がばれないように特攻服に着替え、その場を力で解決するといったことを繰り返す。なしくずしに千葉を制覇し、次いで横浜も制覇してしまう剛。謎の特服の噂はヤンキーの間に広まっていき、ふとした発言から兄にも疑われはじめ、剛の二重生活は徐々に破綻の様相を呈していく……。

 以上が、ナンバMG5のおおまかなあらすじ。そして新連載は、バッドエンド(いきどまり)。第一話でいきなり生徒会長に当選してしまったり、妹が進学先を白百合にすると宣言したり、剛の二重生活包囲網は、加速度的に進行していくのであった。

 MG5の連載中に「次回最終回」の文字を見た時は、こんなに面白いのにどうみても打ち切りかよ……と大ショックを受け、チャンピオンに対する不信任案まで提出しそうになりました。そしてしょんぼりしながら最終回を読み終えたら、次のページには「新連載 ナンバデッドエンド」の文字が。やってくれるぜチャンピオン! だてにヤンキーマンガと格闘マンガと萌えマンガを同じ雑誌に載せたりしてないってことか!(褒め言葉)

 前作チェリーは正直面白くなかったのですが、これは本当に面白い。もっと古い作品は読んだことがないので、機会があったら読んでみたいなー、とは思っています。

 ところで今更なんですが、MG5って何の略だったですかね……?

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り