2009/09/17

のら

Img444 入江紀子 著。シンバットにて1991年連載開始、以後掲載誌をヤングクラブ、コミックガンマ、スピリッツ21と変えつつ断続的に掲載。画像は竹書房版の単行本3巻まで未完。後にアスキーよりアスペクトコミックスとして、単行本全3巻完結。

 歳は知らない。誕生日も知らない。戸籍も無い。住民票も無い。親も兄弟も親戚もいない。帰る家は時々あるけど、普段は無い。自称木の股から生まれた、二十歳前に見えるその女性は、名前ももちろん、無い。「だから、好きな名前で呼んで。ずっとそうしてきたから――」 失恋し、やけ酒を飲んだ後の繁華街で出会い、そのまま泊めてと小林が一人暮らしをしている部屋まで付いてきた彼女は、こともなげにそう言った。「出てけって言われたらすぐ出てくよ」 あっさりそう言う彼女は、出てけと言わない限り、本当に出て行きそうもなかった。だけど、何日か経って、不意に情が移りそうになったとき……。彼女はコンビニに行くとでかけ、そのまま帰ってはこなかった。のら……彼女と袖すり合った人たちは、人の優しさと、ぬくもりと、そして自由を思い出す。

 そんな感じの、住所不定年齢不詳の名無し少女、通称「のら」を中心とした、彼女に関わった人たちの綴るオムニバスストーリー。一番呼ばれる名前がのらなのであって、他の名前で呼ばれている事もあります。物語の基本は、のらが誰かの家に居候したり、野宿したりと、特に目的もなく(あるのかもしれませんがその辺は不明)自由に生きているのを見た他の登場人物が、彼女に感化されることで、気づけていなかった新しい生き方、視点等に気づいていく、というものです。のらの性格や生き方ももちろんいいのですが、のらに関わった人たちが、のらから影響を受けて変わっていく様というのが、読んでいてとても心地いいんですよね。こう書くとのらはまるで幸せを運ぶ妖精のようですが、実際作中では、のらはまるで実在の人物ではなく、どこかファンタジックな存在として意図的に描かれている事もあります。戸籍無し住所無し名前無しという、一見それは無理と思える設定までもが、のらが不確かな存在であるというイメージに一役買っている感じでした。

 この作品にはきちんとした最終回というものが多分無く、未完状態で終わっているわけですが、それすらもこの作品の一部なんだ、という気分です。いつかひょっこり、のらは帰ってくるかもしれない。そう思わせる終わり方が、この作品に一番似合っているのは間違いないでしょうし。でも、二度と同じ人の所には帰ってこないんでしょうけどね。だから登場人物たちは思うのでしょう。願わくば、のらが今日もどこかで、自由に生きていますように、と……。人の優しい気持ちを思い出せる、素晴らしい作品でした。

 作者の作品は、この作品を含む初期の数作以外はほぼすべて女性誌掲載作品でして、現在も活躍の場はそちらなのですが、最近は年に1、2作しか作品を発表していない……のかな? ずっと追ってはいたつもりだったのですが、情報が少なくて、単行本も持ってたり持ってなかったりという状態だったりします。個人的にはこの作品が一番好きなわけですが、続編をなんて贅沢は言わないので、定期的に作品を読めるようになればいいなー、と思っています。

| | コメント (0)

2009/09/13

のの美捜査中!

Img441 重野なおき 著。ヤングアニマルにて2003年~07年にかけて連載、単行本全5巻完結。

 まるで小学生のような外観ながらも、東大法学部を首席で卒業し、国家公務員試験Ⅰ種を満点で合格。特例で警視待遇となるも、興味本位でパトカー3台を分解して2階級降格、火の不始末で警察庁を半焼させて3階級降格、結果巡査待遇としてこの桜台署に左遷させられてきた彼女の名は、野々村のの美。経歴通りに頭脳は抜群だが、見た目どおりに性格は子供っぽくて天然というのの美が、桜台署の先輩刑事、真田軍平や近藤ナツキらと共に、凶悪犯罪やどうでもいいような事件に立ち向かう! 行け、野々村のの美、練馬区の平和を守るのだ!

 実際には24歳だが見た目は小学生のような野々村のの美が主人公の、刑事ギャグ4コマ。事件が起き、ちゃんと解決もしますが、内容にはギャグが多量にちりばめられており、本物の刑事がこんなことしてたらアウトだよね、というネタは多数。ただしそういったギャップを笑う作品ですので、そういう意味ではまったく間違ってはいないのでしょう。のの美の刑事としては有能なんだけど、天然ボケな性格がその足を引っ張っている(というか、登場人物の多数がそういうパターンかもしれない)、という部分がギャグマンガとして非常に楽しい作品でした。決めゼリフは「真相みっけ」 しかし作中では、イマイチ流行っていないとネタにもされています。

 作者は現在も多数の連載を持っていますが、ヤングアニマルでは「信長の忍び」を2008年より連載中。その名の通り織田信長に仕える忍び(くのいち)、千鳥をを主人公とした戦国ギャグ4コマですが、元々のストーリーがはっきりとあるためにそれに振り回されてしまい、ギャグの切れが悪いなー、というのが今のところの正直な感想です。信長なんて有名なんですからストーリーを追うのはほどほどにして、もっと千鳥を中心としたギャグに偏った方がいいんじゃないのかなー、なんて思っています。

| | コメント (0)

2009/08/24

ノーマーク爆牌党

Img420 片山まさゆき 著。近代麻雀オリジナルにて1989年~97年にかけて連載、単行本全9巻完結。

 麻雀荘「どら道楽」の常連である鉄壁保は、ある日フリーで入ってきた爆岡弾十郎という男に出会い、彼の放つ一見セオリー無視の「爆牌」の前に完敗する。その後アマチュア枠から達人戦に出場、優勝し、達人位についた爆岡を追って、鉄壁は爆守備を武器に、当大介、九蓮宝燈美らと共にプロテストを受験、合格し、満強位戦Cリーグ入りを果たす。だが、爆牌を分析しつつ、一歩一歩爆岡の元へと近づこうとする鉄壁に対し、爆岡は並み居るライバルを蹴散らしてあっさり満強位を獲得。迎えた麻雀界三大タイトルの最後、雀竜王戦の本予選最終戦にて、鉄壁はついに爆岡と同卓になるが、浮けば決勝進出というその場面で、鉄壁は事もあろうか爆岡の役満に振り込み、予選落ちしてしまう……。

 そんな感じの、麻雀マンガ。作者の初期代表作「ぎゅわんぶらあ自己中心派」や「スーパーヅガン」とは違い、非常にストーリー色の濃い作品です。コメディー部分もあるにはありますが比重は少なく、麻雀のルールを知らなければ話にはついてこれないでしょう。反面、ルールがわかるのなら、作中で明らかになっていく「爆牌」の秘密部分も含めて、面白く読めるんじゃないかと思います。ただ、この作品はあくまで「爆牌」を軸としたマンガであり、主人公は爆岡や鉄壁ではなく「爆牌」そのものと言っていいくらいなんですよね。なので、一般的なストーリー重視の麻雀マンガとは、受ける印象がだいぶ違うんじゃないかと思います。キャラクターとしての主人公は鉄壁ですが、倒すべきは爆岡ではなく「爆牌」である、という感じですから。いや、まぁ、作中では爆岡=爆牌であり、そこまで線引きしなくてもいいんでしょうけどね。

 作者の代表作はどれかと言われると、現在連載中の「打姫オバカミーコ」も含めて悩むところではありますが、やはり個人的にはこの「ノーマーク爆牌党」です。失礼な言い方ですが、正直爆牌党を超える作品は無理なんじゃ? とか思っています。それくらい完成度の高さも含めて好きなんだ、ってことにしておいてくださいませ。

| | コメント (1)

2009/08/11

north island

Img406 安藤英 著。週刊少年ジャンプ今週号(2009年37、38合併号)掲載読み切り。

 アシュラ組幹部だった宇宙ヤクザのエイシンは、あるときヘマをしたとはいえ彼の舎弟を破門しようとした組長を、それでは仁義が通らないとカッとなって半殺しにしてしまい、宇宙の果てへと逃げる羽目になってしまう。そしてやってきたのは、宇宙の果ての果てにある、どの宇宙ヤクザのナワバリにもなっていない星、地球。だが到着間近というところで、エイシンはとある地球の映像を見る。それは、一人の女子高生が腕がぶつかったという理由でヤクザに難癖をつけられ、慰謝料を請求されているという場面であった。その場には仁義も任侠も無いと憤ったエイシンは、女子高生を助けに行くと決意するが、舎弟のヘマによりバーストエンジンを暴走させた宇宙船ごと墜落。その衝撃であろうことか、エイシンと女子高生、新海月帆の心と身体が、入れ替わってしまう。舎弟の推測によれば、もう一度同じショックを与えれば戻れる可能性があるということだが、バーストエンジンを再チャージするために必要な時間は、20時間。それまでエイシンは月帆として、月帆はエイシンとして過ごすこととなるが、両親から厳格に育てられ、言いたいことを言えないでずっと生きてきた月帆の生活は、エイシンにとって筋が通らないものばかりであった……。

 いわゆる任侠物に仕立て上げてはありますが、本質的には青春ストーリーですね。変わりたいけど変われない。なら俺がそれを手伝ってやる、みたいな。かと言って宇宙ヤクザという設定が浮いているわけでもなく、アクセントとしてはまったく問題なく働いていますし、内容もわかりやすくオチもちゃんとあって、十分面白かったです。ここが最高に面白い、という部分は無いのですが、総合力の勝利という感じでしょうか。派手さは無いけど心にじんとくるような、良い作品でした。

 最初読んだとき、タイトルの意味が全然わからなかったのですが、これ、北島三郎の北島を英語にしただけですね。作中でエイシンが好きな歌手が北島三郎だ、という設定があるのですが、ジャンプの読者世代じゃあ、北島三郎=ヤクザの世界 とはなかなか連想できないんじゃないかなー、なんて的はずれなことを考えていました。

 作者の安藤英は、2001年の天下一漫画賞で審査員特別賞を取ったのが最初なのかな? 読み切りデビューもしているようで、ちょっと読んだ覚えはないのでわかりませんが、今作は問題なく面白かったです。ただこれ、連載向きのネタでは無いと思うんですよね。なので、次は連載に向けた読み切りを読んでみたいなー、と思います。

| | コメント (0)

2009/04/18

野に咲く薔薇のように

Img288 ひな。 著。コミックハイ! にて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 音楽系の専門学校に通う一馬は、ある日先輩に誘われた合コンで、自分そっくりの女子大生、右田川のばらに出会う。合コンの間ずっとつまらなそうにしていた彼女と一緒に店を出た一馬だったが、ささいなことから口論になってしまい、足を滑らせたのばらが数メートルの高さから海に落ちてしまう。慌てて一馬が下を覗き見ると、そこにはびしょぬれで気を失っているのばらと、どうしてそんな所にいるのか、服を着ていない小さな女の子が一人いた。ところがなんと、裸の女の子は自分こそがのばらであると言い、証拠として先ほどのばらが見た、一馬の作曲した歌を歌うのだった。

 そんな出だしの、少しファンタジックな恋愛ストーリー。このあと一馬はのばらの代わりに大学に行ったりと女装要素もありますが、他の女装漫画に比べればウェイトは低めです。のばらは女子大生時はやや冷たい性格なのですが、小さくなると性格もかなり子供っぽくかわいくなり、そのギャップもいい感じです。展開もゆっくり丁寧に一馬とのばらの過去が明らかになっていくという感じでいいのですが、問題というか不思議なのが、どうしてのばらがこうなってしまったのかとか、元に戻るにはどうすればいいのかとか、そういう方向に話が進まないんですよね。避けて通れる道ではないのでいずれは触れるんでしょうけど、未だに触れないということは、おそらくのばらが小さくなってしまった理由は、のばらの過去の出来事にあるってことなんでしょう。のばらはどうやら過去にピアノをやっていたらしいとか、小さい頃に一馬とのばらは会ってるらしいとか、まだまだ伏線を色々張っている段階なのかもしれませんね。いずれにせよ、今後の展開も期待しています。

 ひな。と言えば、(私の中では)絵のかわいいろりぷに漫画家として有名でした。このマンガもそうですし、だいぶ前の作品ですがデジキャラットのぴよこのマンガや、(確か)金魚の擬人化マンガなども、同じような感じでした。しばらく作品を見ていなくてどうしちゃったのかなー、と思っていたのですが、こうやって新作を読むことができて、本当に良かったです。

| | コメント (0)

2009/02/15

濃爆おたく先生

Img207 徳光康之 著。マガジンZにて1999年~2002年にかけて連載、単行本全2巻完結。

 機動戦士ガンダムに出てくるモビルスーツ「ドム」が大好きな新任教師、暴尾亜空。ガンダムの事もよく知らず、おたくという人種を蔑む生徒たちを前に、暴尾は熱く心震える妄想を語る。なぜなら、それは彼がガンダム科教師だからだ。語れ、暴尾よ、ジオンが連邦に勝つその日まで!

 ガンダム(とサクラ大戦)をネタにしたショートギャグ。暴尾が様々な妄想(こうすればジオンは連邦に勝っていたのに、とか)を語ったり、時には妄想勝負を挑まれて戦ったりというわけのわからない内容(褒め言葉)。ザクレロがモノアイではない理由の妄想は泣けました。あとPSソフト「ギレンの野望 ジオンの系譜」で、連邦でザクのみプレイとか、もうアホすぎです(褒め言葉)

 絵はうまくない上に濃くてきついという、ぱっと見の評価は非常に悪い作品だとは思いますが、ガンダムとサクラ大戦を知っていれば、滅茶苦茶笑える作品だと思います。さらにジオンが好きなら文句無し。暴尾の妄想話はネタのレベルがかなり高く、ホントステキで面白いですよ。そしてもちろんのこと、ガンダムを知らない人にはまったく受け入れられない作品でしょう。サクラ大戦は知らなくてもまだなんとかなると思います。

 作品後半に、ダメ自慢をするダメな大人(褒め言葉)の頭をなでてくれる「ダメなで妖精」というキャラが出てきまして、作者は濃爆おたく先生完結後に、ダメなで妖精をメインにした新連載を始めた……ような気がするんですが、ネットでちょっと調べた限りではそういう記述は見あたりませんでした。あれー? 作者はそれ以外には、「濃爆おたく大統領」「妹ガンダム」といった作品を発表していますが、おたく先生を超えることはできていないなー、というのが正直な感想です。

 濃爆おたく大統領2巻オビに、「第1期濃爆シリーズ完結」とありますので、第2期を気長に待ちたいと思います。

| | コメント (0)

2009/02/10

のだめカンタービレ

Img202 二ノ宮知子 著。Kissにて2001年より連載中、単行本21巻まで以下続刊。

 高い音楽の才能を持ちながら、飛行機及び海恐怖症のせいで海外留学することができない音大生、千秋真一は、自身の性格も災いして大学内での人間関係に疲弊し、このまま日本を出ることができないのなら、音楽なんてもうやめてしまおうか、とまで考えるようになる。だがそんな時、千秋は隣の部屋に住む、野田恵というピアノ科の生徒に出会う。のだめの部屋はゴミに埋もれ、彼女自身もとても清潔とは言えず、第一印象は最悪だったのだが、千秋はのだめの中に荒削りだが確かなピアノの才能を見いだしたことで、少しずつのだめの世話をやくようになる。やがてのだめは少しずつ才覚を現していくが、それは千秋にとっても大きな転機となるのであった。

 説明するまでもないような、クラシック音楽マンガ。何度もアニメ化、ドラマ化されており、今後もまだまだ予定があるということで、ここ10年の漫画界で一番世間一般に名が売れたタイトルなんじゃないかと思います。内容も、クラシック音楽をあんまり知らない私でも十分面白いですし、今後もどうなるのかなー、と楽しみです。

 一つ不満というかツッコミ所をあげますが、タイトルはのだめカンタービレですが、少なくとも日本編の主人公は千秋です。のだめは準主役レベル。パリ編以降になって、ようやく千秋とのだめ二人が主人公と言えるかなー、という感じなんですよね。別に悪いというわけではないのですが、最初読んだときはあれー? と思ったものでした。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り