2009/11/16

めぞん一刻

Img501 高橋留美子 著。ビッグコミックスピリッツにて1980年~87年にかけて連載、単行本全15巻完結。

「疲れた……」と言い残して田舎に帰ってしまった前管理人の後を継ぎ、風呂無しトイレ共同というアパート「一刻館」にやってきた新しい管理人は、音無響子というまだ若い女性だった。五号室に住む浪人生、五代裕作はそんな彼女のことを好きになるが、面白おかしく飲めればいいという他の住人たちの邪魔もあって、なかなか二人きり良い雰囲気にはなれずじまい。そうこうしているうちに迎えた春、かろうじて二流大学に合格した五代は、衝撃の事実を知らされる。それは、音無響子が大家の義理の娘であるという事。そして、彼女の夫、音無総一郎は、すでに亡くなっているのだということを……。

 そんな出だしの、アパート一刻館を舞台としたラブコメディー。作者が同時期に連載していた「うる星やつら」もラブコメですが、うる星やつらに比べるとめぞん一刻のほうがストーリー色が強いのが特徴。説明するまでもないような作品かと思いましたが、タイトルはともかく内容は、若い人たちは意外に知らなかったりするかも? 当初はコメディー色が強く、五代君の響子さんに対するアタックは誤解されたり邪魔にあったり恋敵が現れたりと、オチに使われることが多数。響子さんは亡き夫に操をたてていますし、五代君の方にも彼女と呼べるような女の子がいましたので、つかず離れずを意図的にやっていたんでしょうね。五代君が大学を卒業するあたりからそう言った部分での物語は動き始め、終盤は序盤に比べると一転してストーリー色の強い作品となりましたが、いくつかの三角関係を精算し終わった最終巻は、全編がほぼエピローグ風にもとれると思うのですが、そのあたりの盛り上がりも、やはり前半~中盤のラブコメ部分の積み重ねがあってこそのものと言えるでしょう。20年以上前の作品ということで、一見して古い作品だと思ってしまうのはどうしようもありませんが、それでも今読んでも十二分に面白い、素晴らしい作品でした。

 作者は現在、週刊少年サンデーにて「境界のRINNE」という霊能コメディーを連載中。漫画家って年齢を重ねるごとに作風も変わっていき、徐々に掲載誌の年齢層も上がっていくのが普通だとは思うのですが、未だに少年誌で書いてるのってちょっとすごいですよね。まためぞん一刻のようなちょっと大人のラブコメディーを読んでみたいと思っているのですが、月一連載くらいでどこかでやってくれないものですかねー。ただ正直、めぞん一刻を超えるのは無理だと思うので、怖さもあるんですけどね……。

| | コメント (0)

2009/11/10

めとろガール

Img495 入江紀子 著。近代麻雀オリジナルにて1990年~92年にかけて連載、単行本全2巻完結。

 大学時代に好きだった人は、麻雀同好会に所属していた。それがきっかけで麻雀を覚え、ものの見事にハマってしまった山瀬絵里は、その先輩に彼女がいるとわかった後も、大学を卒業しお茶くみOLになった後も、毎日のように麻雀を打ち続けていた。そんなある日、山瀬は大学時代からの行きつけのフリー雀荘のマスターに、いっそメンバーにならない? と誘われる。楽しくはないけれど楽なOL生活を辞めて、一番好きなことを仕事にする。悩んだ挙げ句、山瀬はついに会社へ辞表を出し、雀荘のメンバーとしての一歩を踏み出すが……。

 そんな出だしの、雀荘のメンバー(従業員)を主人公とした麻雀マンガ。今までは趣味としての対象であった麻雀が、仕事としての対象となることで、今まで気付いていなかった麻雀の様々な面に山瀬が気付いていく、と言う感じのストーリーです。好きが高じて仕事にしてしまうというのは理想論とも言えるかもしれませんが、麻雀という行為に対して一途とも言える山瀬の態度は、やはり見ていて応援したくなります。立場がメンバーなのでまず勝敗ありきという話にもあまりなりませんし、設定も非常にうまかったんじゃないでしょうか。麻雀雑誌に載る漫画としてはおそらく異色だったのでしょうが、面白い作品でした。

 作者はその後、麻雀漫画は一切描いていないというか、そもそも単行本で麻雀はほとんどやらないと書いていますので、続編とかはさすがにあり得ないんでしょうね。しかしそうなると、一体どんなきっかけがあってこの作品を描くことになったのかが、ちょっと気になります……。やっぱり当時はまだ新人だったわけで、仕事もらえるならなんでも描きます、という感じだったのかなー。

| | コメント (0)

2009/10/07

めだかボックス

07228640 原作・西尾維新、漫画・暁月あきら。週刊少年ジャンプにて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 このたび1年生にして、98%という冗談みたいな支持率で箱庭学園の生徒会長となった黒神めだかは、全国模試では常に上位をキープ、偏差値は常識知らずの90を記録し、スポーツにおいてもあらゆる記録を総なめ状態、さらに容姿も引くほどの美人という、まるで完璧超人のような有言実行のお嬢様。公約として設置した目安箱に入っていた、剣道場にたむろする不良を追い出して欲しい、という匿名生徒からの投書を目にしためだかは、2歳の頃からの幼なじみ、人吉善吉を伴って剣道場へと赴くが……。

 そんな出だしの、完璧超人の生徒会長を主人公とした人助けコメディー。目安箱に投函された悩み相談を、善吉を引き連れためだかが華麗に解決する、というのが作品の基本スタンスです。となれば当然、物語のキモは、いかにめだかが悩み相談を「読者の予想外の展開、方法」で解決するか、になると思うのですが、私にはどうにもその部分に不満が残ってしまう作品でした。この作品には、読み切りとして掲載されたプロトタイプ版「めだかボックス」があるのですが、そちらはすべてにおいて完成度が高すぎるという感じの、非常に面白い作品だったんですよね。では何故、連載版に私は不満を感じているのか。色々考えてみたんですが、1つは読み切りと連載というスタイルの違いがそのまま出てしまった、という感じだと思いました。読み切り時はめだかの性格や言動が当然わかっていないわけで、だからこそめだか独自のちょっと真似できないような解決手段も、鮮やかな物に見えたわけです。しかし、連載化してそれを何度も行っていれば、一回目はインパクトがあって鮮やかに見えても、どんどんマンネリ化していくのは当たり前。しまいには作中でピンチと表現していても、読んでいてピンチとは思えなくなる始末。読者に「いくらめだかでもこれは無理だろう」と思わせつつ、納得できる内容で華麗に解決する、というのを繰り返すのは、相当しんどい作業なんでしょうが、でも連載するからにはそれをやってほしかった、と思わずにはいられませんでした。

 もう一つ気付いたのは、コメディーの比率。読み切り時よりも連載時の方が、あきらかにコメディー比が下がってるんですよね。もちろんそれだけで好い悪いが言えるものではありませんが、読み切り時の面白さの一つに、「下心を持って目安箱に投書した人物が、めだかがそれに応じることで逆に酷い目にあう」というドラえもんののび太的なコメディー要素があるんですよね。しかし連載版からは、そのような要素はほとんど見えてこず、その代わりに陰謀とか策略とか、そういうもってまわった展開が多いように感じます。コメディーとシリアスの比率がどのくらいがベストなのか、それは一朝一夕で答えの出るような問題ではないのでしょうが、それでも読み切り版の方が連載版より面白いと思っている以上、私としてはコメディー比をもっと増やすべきなんじゃないかなー、と思わざるをえませんでした。

 この本誌掲載順(常時ラス3くらい)でまだまだ切られそうにないというのは、なんか密約でもあるんじゃ? なんて勘ぐってしまいたくなるわけですが、良い方に考えればまだまだ挽回のチャンスはあるということ。ようやくvs風紀委員長戦も終わりましたし、コメディー比率の高い展開にシフトしてくれないかなー、と思っているのですが……。バクマンじゃないけど、売ち切りが決定してからじゃないと、そういうのは難しいのかなー。

| | コメント (0)

2009/09/12

銘高祭!

Img438 TOBI 著。まんがタイムきららフォワードにて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 地味で、小柄で、引っ込み思案な高校2年生、紺野みちえは、5月のある日、校内放送で、文化祭実行委員会からの呼び出しを受ける。呼び出しに従い生徒会室へ向かったみちえを待っていたのは、なんと文化祭実行委員長をやってみないか、という生徒会長からの提案であった……。県立銘蘭高等学校文化祭、略して銘高祭に対し、みちえは特別な感情を持っていた。中学生3年生の時に初めて目にした銘高祭は、感動のあまり泣いてしまった。その想いのまま銘蘭高校に進学し、迎えた1年目の銘高祭は会計として実行委員に参加。あこがれていた輪の一員になれたことはとても嬉しく、次はもっと輪の中心に近づきたいと強く想った。そして2年生に進級し、今回の生徒会長からのこの提案に、みちえの心は震えないはずがなかったが……。

 そんな出だしの、「文化祭」をテーマとした学園ドラマ。普通の学園ドラマだと、テストや夏休み、修学旅行等と同列に文化祭「も」あるという形が一般的ですが、この作品は主人公のみちえが文化祭実行委員長に就任し、その年の文化祭を成功させるのが目的、という一風変わった作品です。このように焦点を狭めるのは、長期連載を考えた上での展開の広げ方という意味では、寄り道が難しい分マイナスだと思うんですよね。またゴールが最初からわかってしまっている以上、結果的には意外性の無い作品になってしまうのではと危惧してしまいます。逆にメリットとしては、遊びが入れられない分プロットさえしっかししていれば、最初から最後まで一貫性のある物語にしやすい、という感じでしょうか。

 とまぁ、ちょっと今までに出会ったことのないタイプの作品だったので不安を書いてしまいましたが、正直これは期待作ですね。いろんな問題が起こって、それを乗り越えていく、というパターンの話であろうと予想はできますが、1巻を読む限りではサブキャラもふんだんに出して様々な視点からの銘高祭を表現するようですし、期待はしていいと思います。今後どのような準備期間を経て、どんな当日を迎えるのかはまだわかりませんが、願わくば、銘高祭が無事終わったら、後日談程度で連載もちゃんと終わりますように……。(焦点が違います

 ちなみにこれはある意味ツッコミ所でもあるのですが、第1話が5月なのは確定ですが、文化祭自体が何月にあり、何日間行われるのか、単行本1巻の時点では明らかになっていないんですよね。過去の回想では長袖の生徒と半袖の生徒が両方いるので、9月~10月くらいかなぁ、とは思いますが、日程等はギリギリまでプロットを練らなければいけない関係上、まだぼかしておいたほうがいいのかなー、なんて下世話なことを考えています。余計なお世話ですね。

 作者の他作ですが、雑誌媒体での連載はこれが初めてだと思うのですが、ネット媒体ではFlexComixブラッドにて「眼鏡なカノジョ」等を連載、完結済みです。ストーリーマンガである銘高祭とは違いオムニバス形式のラブコメディーですが、そちらも十分面白いです。というか、1話完結作品としての完成度は高いです。今でも第1話だけならネット上で無料で読めますので、気になった方はググって読んでみてください。

| | コメント (0)

2009/09/01

メタリカメタルカ

Img428 水野輝昭 著。週刊少年ジャンプ2009年40号掲載読み切り。

 レアメタル、それは希少価値が高く、特別な性質を持つ金属の総称。そして危険を顧みずにそれらを探し求めたり、加工したりする者たちのことを、この世界では鋼探索士(ミネア)と呼んだ。中央金工都市メタルシティにある金属管理協会員であり、元C級鋼探索士でもあるシノの仕事は、そんなレアメタルの流通状況をチェックしたり、流通量の少ないレアメタルの採掘を鋼探索士に依頼したりすること。その日もいつものように仕事をしていたシノだったが、そんな彼女の前に、級付きの鋼探索士になるためにこの街にやってきたのだという、ルカという少年が現れる。シノはとりあえずルカを協会本部へ連れて行くが、この仕事は危険なものであり、子供にできるようなものではない、と会長は渋い顔。ところが、なんとルカが消えた英雄と呼ばれるSS級鋼探索士、バルクの息子であることがわかり、状況は一変。まずはE級鋼探索士になるため、ルカはテストとして、C級危険区ヴォルカノ山地に、レアメタル、ジュエライト鋼を取りに行くことになる。そしてシノは、そのお目付役兼保護者として、ルカに同行する羽目になってしまうが……。

 そんな出だしの、アドベンチャーバトル。ルカは実は鋼探索士のルーツであるメタリカの一族の末裔であり、触れることで金属を流動化させ、自在に形を作り替えることができる、という能力を持っています。起承転結もしっかりしてるし、わかりやすい悪役も出てくる、見栄えのいいドラゴンも出てくる、ピンチの回避方法もなるほどと思える、さらに長期的な目標として、父を見付け、超金属を探す、というものもあり、正直今回の金未来杯の中では、読み切りとしても連載前提作品としてもピカイチの出来だと思いました。抜群に面白いというわけではありませんが、完成度は非常に高いと思います。

 問題点を探すとすると、まずはキャラの顔というか目。どのキャラもアップになると目の下にくまがあるように見えるというのは問題だと思います。また4ページ目のヒロイン、シノの3段ぶち抜き、腰が太すぎてバランスがおかしいですよね。足も長すぎますし。それからこれは重箱の隅ですが、ジュエライト鋼が時価300万バールなのはいいのですが、冒頭でグリア鋼の価格とか出しておくべきだったんじゃないでしょうか。300万バールがどれだけすごいのかイマイチわかりません。それとこれは問題点というか要望ですが、チタンとかタングステンとか、実在の金属は可能な限り出さない方が良かったんじゃないでしょうか。硬さの対比のためにダイヤとかはまだいいとは思うのですけどね。他にも、やけにトリコっぽいとか、モンスターハンターの影響受けてる? とか、ツッコミ所もありますが、そのあたりはまぁいいとしましょう。

 近未来杯で1番になったところで掲載が決まるわけではないはずですが、今作は十分連載としてやっていけるポテンシャルを持った作品だと思います。次回が首尾よく連載か、もしくはまた読み切りかはわかりませんが、とりあえず名前は覚えておきますので、がんばってください。

| | コメント (0)

2009/08/02

明治百機八匣譚 DENGI

Img397 芝田優作 著。週刊少年ジャンプ今週号(2009年35号)掲載読み切り。

 安永8年(1780年)、無実の罪で江戸城地下に投獄されていた平賀源内は、助手の電次の力によって助け出される。だがアトリエに戻ってみると、源内がつくった百八つの傑作発明品、「百機八匣」が盗まれてしまっていた。それ以来、電次は平賀源内の頭脳を転送した機匣乃獣三(ナンバー13)機巧犬型(オートドッグ)と共に、百機八匣を取り戻す旅を続けているのだった。ある時電次と源内は、元源内の助手であった烏間紺平を訪ねてとある町へやってきたが、ちょうどその頃、町では建物を丸ごと切断してしまうという奇怪な事件が起こっていた。電次と源内は、盗まれた百機八匣が関係しているのではないかと疑うが……。

 発明バトル。舞台が明治15年なのですが、西暦に治すと1882年。源内が助け出されてから(史実では獄死してから)、102年経ってることになります。そして、作中に出てくる烏間紺平の娘、雛子は、子供の頃に人間姿の源内に会っているそうです。というか紺平も1年前に死んだばかりだそうですし、電次にしても、源内を助け出した電次と今の電次は同一人物のようです。というわけで、時代設定がまったくもってわかりません。100年間違えたという説明が一番しっくりきそうです。

 とまぁいきなり時代設定へのツッコミが入りますが、ネタとしては108個の発明品を巡ってのバトルという、少年漫画の王道といえる作品でしょう。連載化しやすいネタでもありますし、そういう意味での完成度は高いですが、難を言えば主人公の魅力が今一歩に感じました。実際に動いたり戦ったりするのは電次ですが、キャラとしては犬になってしまった平賀源内の方が魅力的なんですよね。いっそ平賀源内を主人公にしてしまえば良かったんじゃ? という気もします。どちらにせよ、連載化の際にはもうちょっと主人公を魅力的にしないと苦しいんじゃないでしょうか。あともう少し、画が見やすくなるといいなー、とは思いますが、その辺は、書き慣れていけば良くなっていく部分でしょう。

 作者の経歴は、今年の赤マルに掲載されたのがデビューなのかな? どこかが飛び抜けてすごいという感じではありませんが、総合的な力は高いと思いますので、今後も期待しています。

| | コメント (0)

2009/02/02

めだかボックス

Img188 原作・西尾維新、漫画・暁月あきら。週刊少年ジャンプ今週号(2009年10号)掲載読み切り。

 箱庭学園の新生徒会長は、全国トップクラスの成績、スポーツもあらゆる記録を総なめ、実家は財閥で容姿も端麗と、まさに非の打ちどころの無い才色兼備な1年生、黒神めだか。公約として設置した目安箱に溢れかえった投書のチェックのため、とある浅い事情からめだかに逆らえない幼なじみの人吉善吉が、選挙活動の手伝いに引き続き駆り出される。そしてめだかと善吉は、人数が足りずに他校との交流戦ができず困っているという柔道部の投書に応じ、柔道場に赴くが、赤帯(9段~10段)の実力を持つめだかにしごかれ、翌日には退部届を提出してしまう部員たち。めだかは善吉一人を選手として立て、交流戦へと挑むが――。

 ジャンプ今週号掲載作品ですが、読み切りとしてはちょっとレベルが高すぎる感じでした。面白いは面白いのですが、それよりも完成度の高さに正直やられました。ストーリーもラストもバッチリ、キャラもいいし何よりセリフがいい。このセリフの良さは、原作が小説家という部分が大きいのかもしれませんね。一読の価値は十分あると思います。

 あえて注文を付けるとすれば、タイトルが内容に則していないと思いました。めだかの目安箱でめだかボックスというのはわかりますが、主人公めだかの性格や姿勢、居ずまいを考えると、ボックス、というポップな言葉は向いてないと思います。めだかは漢字で目高なので、目安箱とかけてるのかもしれませんが、もうちょっとなんとかならなかったのかなー。まぁ、重箱の隅ですが。

 これだけのレベルの高さを維持するのは難しいでしょうし、原作者も本業が小説家である以上、週刊連載の原作はやってられないでしょうが、それでも単行本1冊くらいの短期集中連載なら原作もまとめてできるでしょうし、いけるんじゃないかと思います。作品としては非常に面白いですし、そうなれば喜んで読むのですが、どうなのかなー。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り