2009/11/29

揉み師

08 空詠大智 著。クラブサンデー(Webコミック)掲載読み切り。

 胸を揉むことで脳や身体に刺激を与え、体調を劇的に変えることができるという、中国で4000年前にあみ出された究極のマッサージ、乳揉(ニャオマム)。その後継者である高校生、黒木マサトは、白井剣術道場に居候する傍ら、修行のための人助けと称して乳揉みを行う日々を送っていた。だが本人は至って真面目に乳揉みを行っているのだが、その行為のイメージからか道場の評判は悪くなり、最近では乳揉み道場なとど噂されて門下生も増えず、経営も苦しくなるばかり。このままでは道場を畳むことになるかもしれないと、幼なじみの道場主、白井時奈に言われ、マサトはそれならばと一計を案じ、乳揉みの技術を活かして門下生を増やそうとするが……。

 そんな出だしの、能力バトルマンガ。マサトの乳揉みは単純に体調を良くするものから、怪力になれる「鬼神揉み」、運動がしたくなる「獣揉み」等の奥義まであり、かつ服の上からだろうと乳を見れば、その人物の身体の事がわかる、という分析能力まで持っています。くだらない設定を一つ用意し、あとは真面目に話をつくる、というスタイルは私が好きなものではありますが、この作品におけるネックは、あまりに中盤以降の展開がオーソドックスすぎること。この程度の展開では、起承転結の承程度だと思います。この作品タイトルなら女の乳を揉むシーンが満載なんだろう、と思わせておいて、序盤から中盤にかけて揉むのは男の乳ばかり、という展開は笑えただけに、中盤以降はもう一ひねりどころか、二ひねり、三ひねりくらいあっても良かったんじゃないかと思いました。

 ところが、です。この作品は全34ページで、33ページ目までですべての決着が付き、34ページ目はオチとしてのページなわけなんですが、この最終ページのオチが、それまでのオーソドックスすぎる展開を補って余りあるくらいの、私好みの秀逸なラストでした。詳細はぜひ読んで欲しいので書きませんが、作者は実はこのオチを書きたいがためにこの作品を考えたんじゃないの? とか思いたくなってしまうくらい。画像のアオリに「28ページ目まではある意味前フリ」と書いてあるのですが、これって「33ページ目まではある意味前フリ」の間違いですよね? こんな重要な部分を間違えるなんて問題ですよ? まぁ落ち着け?(お前がな

 何度も言いますが、メインストーリー自体は悪い意味でオーソドックスすぎ、つまらないとまでは言いませんが、正直オススメとも言えません。だけどこのラストは、思わず感想を書いたり語ったりしたくなるくらいの、話の流れにも沿った本当に秀逸なものでした。オチとはこうあるべき、と言ってしまっていいくらいです。あとはメインストーリーをもう少しなんとかしてくれれば、一気に本誌掲載どころか連載獲得レベルだと思います。ただそれには、若干目の描き方等に不満もありますけどね。

 この作品は現在、小学館のWebコミック「クラブサンデー」にて無料公開中ですので、気になった方はぜひ「クラブサンデー 揉み師」でググって読んでみてくださいませ。(掲載期間は2010/1/21まで予定)

| | コメント (0)

2009/10/03

燃えよペン

Img461 島本和彦 著。シンバット及びYOUNG CLUBにて1990年~91年にかけて連載、単行本全1巻完結。

 現在月刊連載を数本持つ漫画家、炎尾燃は、どこにでもいるごくありふれたスパークするマンガバカ。東京に城(スタジオ)をかまえた彼は、そこでアシスタントたちと共に、昼夜命がけで作品に取り組んでいた……! 例えば、熱い効果線を描くために、実際に自分の大事な物を破壊してその効果線を確認してみるとか! スタローンがモデルのキャラを描くときには、自身がスタローンそっくりになってしまうとか! これ以上のリテイクは彼女と別れることになろうとも、作品の質のためにはリテイクを出してしまうとかである!! すべてのマンガ家がこうだと思ってもらいたい!! 熱血マンガ家炎尾燃の、身体の限界や作品の質、そして〆切との戦いは今日も続く……!

 この物語はフィクションだがフィクションでないところもある! と作中でも語っている、おそらくはマンガ家としての作者の実体験マンガ。商業であれ同人であれマンガというものを描いたことがない私でも(だからこそ?)、ああ、マンガ家ってのは、こんなに熱くて、辛くて、そして心震えるものなんだ……と思わずにはいられない作品です(褒めてます 古い作品で設定にやや現在とはそぐわない部分もありますが、マンガが好きで島本和彦が嫌いじゃなければ、きっと楽しめると作品ではないでしょうか。

 この作品は、その後、炎尾燃がまだプロになる前を描く第2部が始まるんですが、1話限りで雑誌休刊に伴い終了。しかしその魂は、おそらくは現在ゲッサンにて連載中の「アオイホノオ」に受け継がれているのだと思います。そしてそれとは別に、この燃えよペンの続きといえる作品「吼えろペン」が、サンデーGXにて連載、完結済み。吼えペンも面白かったですが、燃えペンに比べるとややストーリー色が強く、なんというか、エンターテインメント作品だなー、という感じなんですよね。けなしてるつもりじゃないんですが、私はこの燃えペンの、まさに熱き情熱をだだ漏れにさせている「無駄な熱さ」が大好きだった、というわけなんでしょう。また10年後や20年後になれば、作者にも新たな自説が生まれていることでしょうし、その時にまた続きが読めれば、と思っています。

| | コメント (0)

2009/09/05

もずく、ウォーキング!

Img432 施川ユウキ 著。ヤングチャンピオンにて2004年~08年にかけて連載、単行本全3巻完結。

 小学4年生の藤村サチの家族構成は、両親、自分、弟、そして犬のもずくの、4人と1匹。言葉は通じないけれど、サチはもずくの事が大好き。家族の事を書く作文に、父のことを書くのは忘れても、もずくのことを書くのは忘れません。ところが実はもずくは、人語を解し思慮を巡らせることができるという、とんでもない犬だったのです。「室内犬の生活は、まるでニートだ……」 「負け犬という言葉はあるが、勝ち犬という言葉は無い……」 そんな無駄に哲学する犬、もずくと、その飼い主、サチの繰り広げる、ハートフル哲学コメディ。

 日々の些細なことから真理(に思える物)を見つけ出す、という感じの哲学コメディーですが、主人公が犬であるというのがポイント。人の言葉を理解できるのはいいとしても(いいのか)、ネコやモグラの言葉もわかるとか、様々な分野の知識がありすぎるとか、ツッコミ所は色々にありますが、これくらいの知識、知能がないと哲学なんてできないでしょうし、コメディー作品としては問題ないでしょう。以上のように設定自体はシュールですが、哲学部分はまともだし、犬視点だからこそのテーマを扱った話が多いので、主人公が犬という必然性も十分。クスリと笑えて、それでいてちょっと考えさせられたりもする、面白い作品でした。

 作者は現在も、複数の作品を同時連載中。週刊少年チャンピオンに戻ってきてくれる日を楽しみに待っているのですが、この現在進行形の連載が終わらないことには、戻ってくるのは難しいでしょうね。他誌の連載を読みながら気長に待ってますので、そのうちまた戻ってきてくださいねー。

| | コメント (0)

2009/08/13

百舌谷さん逆上する

Img408 篠房六郎 著。月刊アフタヌーンにて2008年より連載中、単行本3巻まで以下続刊。

 小学5年生の百舌谷小音(もずや こと)は、100万人に一人しか発症しないという、ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害、俗称ツンデレだった。誰かと仲良くしたいとか好きだと思った時に、普通の人とは逆に攻撃的な言動や行動をとってしまい、しかも自分ではそれを抑えられない、というその症状から身を守るため、小音は他者をすべて拒絶し、すべての事に期待せず、そして事件が起こるたびに、自分なんか生まれてこなければ良かった、と思い続ける日々を送っていた。そんなある日、小音は新しい転校先の学校で、一人のクラスメイトに出会う。好みの顔でも性格でもないし、勉強もできないし運動もできないしという、小音が好きになる要素が一切無いその少年の名は、樺島番太郎。こういう相手となら、ツンデレの症状が出ることもなく、薄く長いつきあいをしていけるんじゃないだろうか……? そう考えた小音は、とある事件をきっかけに番太郎の弱みを握り、いいように使い始めるが……。

 いわゆるツンデレをリアルの病気(症状)として取り扱い、その症状に悩まされつつあきらめ達観している百舌谷さんと、その周囲の人々が繰り広げる日常コメディー。ラブコメ要素もあるような気もするんですが、百舌谷さんのツンデレが発症しちゃうので、出かかりで潰されています。基本的には病気に悩まされる可哀想な女の子の物語、になるのでしょうが、散りばめられた小ネタとツンデレ状態の時の百舌谷さんの言動がかなりコメディーとして狙っているため、笑い所の方が多いです。ただ話の終着地点として考えると、やっぱり百舌谷さんがツンデレを克服する感動的な話、になるとは思うんですよね。果たしてそこに至るルートはどうなるのか、そもそもそういう結末を迎えるのか。興味は尽きません。

 作者の作品は初期の読み切りはいくつか読んでいたのですが、緻密な絵柄+エロ+内容は特に無し、というイメージがあったので、それっきりあまりチェックしていませんでした。ところがこの百舌谷さんは読んでみてびっくり、作り出した設定の上に構築された人間関係は非常に緻密で、単に面白いと言ってもいいのですが、続きがとても気になる作品と言っておきます。難を言えばセリフや心理描写等、ネームが非常に多いことですが、作品の質を考えると、それも仕方のないことでしょう。安易なハッピーエンドにはきっとならないでしょうし、最後がどうなるのかも含めて、期待しています。

| | コメント (0)

2009/05/02

ももんち

Img305 冬目景 著。ビッグコミックスピリッツにて2006年~09年にかけて不定期掲載、単行本全1巻完結。

 この春に高校を卒業した岡本桃寧は、美大合格を目指して予備校に通う浪人生。寝癖のようなくせっ毛と、のんびり、おっとり、人見知りも激しい性格のせいで、周囲からは頼りなく思われがち。本人もそれはわかっていて、そんな自分を少しでも変えたいと思い、卒業を機に家を出て一人暮らしを始めたのでした。カット描きのアルバイト代等だけで生活費すべてを賄っており、キャンバス代や絵の具代もかかるため、生活はかなり切りつめざるをえません。だけど一人暮らしは自分で決めたことだからと、あくまで自分のペースを保ちつつも、少しずつ自立し、大人になっていこうとする桃寧。ところがそんな彼女の気持ちを知ってか知らずか、公認会計士の兄と大学生の姉は、なにかにつけて桃寧に優しく接してくれます。桃寧もそんな気持ちをありがたく受け入れながら、今日もまた予備校へと向かうのでした。

 そんな感じの、桃寧のほのぼの青春ストーリー。作品内期間は1年で全5話という短いものですが、1話のボリュームは多く、読み応えはあります。小さなことで喜んだり悲しんだり落ち込んだりするももは、兄と姉にこれだけ過保護にされるのも仕方ないと思わせるくらい、見ていてとてもかわいいしいじらしいですね。儚げで頼りなげだけど芯の強いところも持つという、ある意味完璧なヒロインと言えるでしょう。もともと全1巻構想で、話もこれで完結とのことですが、できることならばもっともっとももの青春を読み続けたかったです。

 作者の作品は、実は「ハツカネズミの時間」以外は読んだことが無く、そのハツカネズミの時間も繊細でいて重苦しい雰囲気がちょっと私には合わなくて、当時アフタヌーンを買っていたにも関わらずあんまりちゃんと読んでいませんでした。ところがこのももんちは、同じく繊細な作品ではあるのですが重苦しい部分はほとんどなく、あっても青春のほろ苦さという感じの、とてもさわやかな私好みの作品でした。それまでの作者のイメージは私にはけして良くはなかったのですが、こういう私好みの作風も持ち合わせているのなら、これからはもっとちゃんと追っていきたいと思います。

| | コメント (2)

2009/04/19

木造迷宮

Img289 アサミ・マート 著。月刊COMICリュウにて2006年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 売れない気弱な三文小説家、柴谷広一の住み処は、昭和の趣あふれる2階建ての一軒家。人が住んでいないと傷むからと、空き家だったところを従姉妹のサエコのはからいで住まわせてもらっていたのだが、あまりに家の中が片付かない事に業を煮やしたサエコによって、ある日一人の住み込み女中が連れてこられる。広一より一回りは若いその女中の名は、ヤイ。間違いがおきたらと口実を付けて断ろうとする広一だったが、そんな度胸ないでしょとサエコに押し切られてしまい、結局ヤイを女中として受け入れることとなる。そしてその日から、広一とヤイの、旦那と女中としての生活が始まるのであった。

 女中(家政婦)のヤイさんと、その主人である広一の、ほのぼの日常マンガ。ストーリーは特になく、二人の日々の出来事を綴っている、という感じですね。森薫「シャーリー」や、小谷あたる「まかないこむすめ」のテイストに近いです。1巻前半はちょっと不要なお色気シーン等があり、方向性が定まってないなー、という感じでしたが、後半からは作風も安定してきて、読んでいてほんわかできる、良い作品に仕上がってきたと思います。

 作者のアサミ・マートは、この作品で商業デビューというわけではないようですが、以前の経歴はちょっと調べただけではわかりませんでした。同人活動はやっていたようですけど、そういう漫画家は今は少なくないですね。もし商業で短編を発表していたりしているのなら、そのうち短編集として読みたいなー、と期待しています。そのためにはこの作品が売れないといけないんでしょうけど、売れて初期短編集が出るくらいのポテンシャルは問題なくあるとおもいますし。

 まかないこむすめ(サイト内レビュー)

| | コメント (0)

2009/03/24

もやしもん

6 石川雅之 著。イブニングにて2004年より連載中、単行本7巻まで以下続刊。

 実家を離れ、東京の農業大学に入学した沢木直保には、ある不可思議な能力があった。それは、本来顕微鏡等でなければ見えない菌やウィルスを、デフォルメした姿で肉眼で見ることができ、かつ交流できるというおそるべきものだった。入学式後、沢木の能力を知ったうえでの友人である結城蛍と共に、祖父の知りあいである樹慶蔵教授の元へ向かう沢木だったが、道中で死んだ動物が埋められているかのようなものすごい菌の発生現場を見つける。折しも大学内では生徒が一人行方不明になっており、警察が出動する事態となるが、そこに沢木が会おうとしていた樹教授が現れ、警察の静止も聞かずにスコップで掘り起こしてしまう。果たしてそこに埋まっていたのものは、乳酸発酵中のアザラシと海鳥であり、埋めたのはこの樹教授と、ちょうど帰ってきた行方不明だったはずの長谷川遥であった。こうして沢木の能力が無ければ起こりえなかった事態は収束するが、彼の菌に右往左往させられる大学生活は、まだまだ始まったばかりだった。

 菌と発酵食品をテーマとしたストーリーマンガ。特に酒造り(主に日本酒やワイン)に関する話が多数を占めます。序盤は、菌が見えてしまう沢木が、白癬菌を見つけてしまったり、O-157菌を見つけてしまったりと、さまざまな事件を引き起こしてしまうという展開が多いですが、徐々に沢木の主役としての出番は少なくなり、単なる菌マンガとなっていきます。それはおそらく当初の構想からずれてきてしまっているのでしょうが、菌が見えるという沢木の能力を使わなくても作品として十分面白く成り立っているというのは、私としては歓迎すべきことだと思っています。ただこの作品に関しては、沢木の目に映るデフォルメされた菌たちが、例え沢木がいなくても大活躍をし、それにより話が面白くなっているという部分が確実にあるので、実質的に必要なのはデフォルメされた菌たちであり、それを登場させるためのからくりが、沢木の能力であるという見方もできるんですけどね。というか、もしかしたら最初からそれを狙ってる……? もしそうだとしたら、沢木がちょっと不憫だなー。

 作者の他作は、短編集の「週刊石川雅之」だけは読みましたが、やはりこれも話作りがうまいなー、と思いました。第1話の「彼女の告白」とか、もう最高です。今回調べていて知ったのですが、この彼女の告白って、実写化されているんですね。ちょっと見てみたい気もしますが、どこまで原作の面白さを再現できているものなのかなー。こういうのってほとんどの場合、見ない方が幸せなんですよね……。

| | コメント (0)

2009/01/11

もっけ

Img163 熊倉隆敏 著。2000年にアフタヌーンシーズン増刊にて連載開始、現在はアフタヌーンにて連載中。単行本8巻まで以下続刊。

 勿怪が見える見鬼の力を持った中学生の姉、檜原静流と、勿怪に取り憑かれやすい憑坐の力を持った小学生の妹、檜原瑞生。人の多い都会で暮らすには不都合な力を持った二人は、拝み屋を副業とする祖父に引き取られ、勿怪とのつきあい方を覚えながら、少しずつ成長していく。

 勿怪は物の怪、妖怪のことです。妖怪マンガですが、妖怪と戦ったり退治したりといったストーリーではなく、静流と瑞生の姉妹が日常に普通に存在している勿怪たちと出会い、対応方法や共存の仕方を覚えていく、と言った感じのお話です。拝み屋である祖父のセリフ「奴らは居ンのが当たり前ぇ……俺らは奴らと交渉する立場なんだ。拝んで離れて頂くんだよ」 これが、この作品の妖怪マンガとしての本質を表していると思います。派手さはないですがその知識は深く、人の心の闇に触れる話もあれば、心温まる話もあり、非常に読み応えがあって面白いです。

 基本1話完結方式で、当初は静流と瑞生はほとんど一緒にいてお互い助け合っていたのですが、現在は静流が高校の寮に入り、瑞生も中学生になり、二人をバラバラにしたことで新しい展開へと進んでいます。わりと長期連載ではありますが、そういう意味ではたるんだところはなく、今後の展開も楽しみです。

| | コメント (0)

2008/12/28

森田さんは無口

Img143 佐野妙 著。まんがライフMOMOにて2007年より連載中。単行本1巻まで以下続刊。

 女子高生、森田真由は、人よりもちょっぴり無口。だけどそれは寡黙だとかクールだとかではなく、話す前に心の中で色々と考えてしまい、なかなか口に出せないからなんです。無口とは言っても表情は豊かで、人の話もちゃんと聞くし、つきあいも悪くありません。そのことがわかっているからこそ、友達も森田さんのまわりに集まるのです。森田さんのことをよく知らない人ならば、彼女の事を無口で冷たい人間じゃないかと思ってしまうかもしれません。だけど本当は、相手の事を思い悩むがあまりについ無口になってしまうような、心優しい女の子なんですよ。

 そんな感じの、女子高生4コマ。なんというか、無口な森田さんというキャラの勝利という感じがします。無口というとクールという印象があるとは思うのですが、森田さんの場合には心の中でかなり色々と考えて、喜んだり困ったりしている、というギャップがいいんだと思います。特に、悶々と考え込んでいる森田さんは、かなーり可愛いです(聞いてない 連載開始当初から、これは絶対に単行本を買うと決めていましたが、無事出て本当に良かったです。

 作者は他に、「Smileすいーつ」という姉妹4コマも連載中。過去にレビュー済みですが、私としては森田さんは無口の方が好きですねー。これからも期待しています。

「Smileすいーつ」(サイト内レビュー)

| | コメント (0)

2008/11/07

もうすこしがんばりましょう

Img104_3 山口舞子 著。花とゆめにて2002年より連載中。単行本4巻まで以下続刊。

 むつ、ひよ、ふみの3人は、花もうらやむ女子高生。時にだらだら、時にわいわい、時ににょろにょろしたりしながら、おバカな高校生ライフ満喫中! 読めばあなたも苦笑しながら、「もうすこしがんばろうよ……」とつぶやいちゃうはず!

 そんな感じの、学園4コマ&ショートギャグ。頭をゆるーくして、深く考えずに読むのが吉。昨今あまりないレトロ具合と、むつ、ひよ、ふみのおバカ具合が、ほんと楽しいです(褒め言葉)

 1巻が出たとき単行本に「1」の文字が無くて、2巻が出るのかどうかすごい不安だったんですが、無事連載も続き単行本も刊行され、ほんと良かったです。

 作者はこれが初めての連載みたいですね。この後他誌で始まったカギっこという作品もまた面白いので、機会があったら取り上げようと思います。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り