2009/12/04

読もう! コミックビーム

Img518 桜玉吉 著。週刊ファミ通にて1998年より断続的に連載中、単行本はコミックビーム100号記念に出た画像のものと、タイトルを「4コマ漫玉日記」と変えて2009年に発売された全2巻が発売中。

 1995年、とある漫画雑誌が創刊された。オリジナリティに溢れた個性的な誌面はコアなファンを生んだが、知名度の低さからか販売部数は伸びず、創刊からおよそ3年後、コミックビームはいつ休刊してもおかしくない状態となっていた。だがそこで、一人の男が立ち上がる。彼は自分が持つ漫画家としての技術を利用し、同じ出版社から出ている業界最大手ゲーム情報誌で、コミックビームの宣伝4コマの連載をはじめたのだ。さぁ、きみも読もうコミックビーム! そこにビームがあるかぎり!

 上記の時代背景、経営状況等は私の想像であり、当たらずとも遠からずだと思ってはいますが、実際のところがわかりませんのであしからず。(前置き)

 コミックビームという雑誌がありまして、その宣伝の為にファミ通で連載されている4コマを集めたのが、この単行本です。初期はビームが売れてない、という自虐的なネタが多かったのですが、徐々にビームと関係が無い作者の日常をコメディタッチに描いたものになっていき、そして内容にかかわらず最後に無理矢理こじつけて「読もうコミックビーム!」と繋げるのがお約束。正直コミックビームの内容に関する宣伝にはまったくなっていませんが、毎回毎回「読もうコミックビーム!」と最後に叫ぶことにより、コミックビームという名前を覚えて貰う、ということを目的としているのでしょう。商品名をとにかく連呼するCM、という感じなんでしょうね。単純な日常4コマとしての面白さと、最後に「読もうコミックビーム!」に繋げる強引さが楽しい作品でした。

 そして私は、コミックビームは購読していた時期もあったのですが……森薫「エマ」が終わると同時に買うのをやめてしまいましたごめんなさい。志村貴子「放浪息子」や鈴木みそ「」等、面白い作品はまだありましたが、当時雑誌を買いすぎて読む時間が確保できなくなっていたので、その辺は単行本で読めばいいやとばっさりと切ってしまったんですよね。しかも森薫の新連載はビームではなかったので、今後も当分ビームを買うことは無さそうです。そしてこういう考え方こそが、「次の機会はもう無いかも! だから今すぐ読もうコミックビーム!」という感じで桜玉吉のネタになるんでしょう。

 このビーム100号記念の単行本は掲載順が時系列順になっていて、時代の移り変わりも見えて面白いのですが、つい最近出た「酸」「アルカリ」の2冊は、時系列順じゃないらしいんですよね。なのでちょっと買おうかどうか悩んでいます。時系列順にしてくれれば、ノータイムで買ったんだけどなー。

| | コメント (0)

2009/10/20

よいこのしごと

Img476 まがりひろあき 著。まんがライフにて2005年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 OL1年生の吉沢宵子は、間違えて悪の秘密結社、BC団に就職してしまうようなうっかり者。入社当初は色々不安もありましたが、怪人や戦闘員の人たちはみな優しく、楽しい毎日を過ごしています。両親には人に迷惑をかけないようにと育てられましたが、こうなってしまった以上は仕方ないと、宵子も悪の名に恥じないような人になろうと決心するのでした。

 そんな感じの、いわゆる特撮戦隊物の悪の組織にスポットを当てた、ギャグ4コマ。BC団の目的は世界征服ですが、その活動資金を集めるために普通の仕事もしており、宵子の仕事はそこでのデスクワークという設定。ここまではある程度まともな設定ですが、ネタ自体はギャグで占められていて、へんてこな怪人が出てきて一発ネタで終わるとか、リストラした怪人と面接で落とした科学者が対抗組織として立ちはだかるとか、悪の組織というわりにはやってることがおとぼけすぎとか、お約束をひねったネタが多いのが特徴。思わずクスッと笑わされてしまうような、面白いというより楽しいと言った方があってるような4コマ作品です。

 今回調べていて知ったのですが、作者は「魔女っ娘つくねちゃん」シリーズの作者だったんですね。どこかで見た絵柄だとは思っていたんですが、気付いてませんでした。つくねちゃんはあんまりちゃんと読んだことが無かったので、機会を見つけて読んでみようと思います。

| | コメント (0)

2009/08/25

世直し伝説!! 世奈押郎

Img421 根田啓史 著。週刊少年ジャンプ2009年39号掲載読み切り。

 時は西暦20××年、全世界を襲った大不況はパソコンやケータイが滅び去った現在もなお続き、大人たちはこれ以上ないというくらいにヤケクソになっていた。子供はそんな大人たちに立ち向かえるはずもなく、ここ大不況小学校4年2組でも、漢字のテストを1問でも間違えたらワニのいる池からバケツで水を汲んできて廊下に立っていなければならないという、国語の先生の無理難題が押しつけられていた。前日に徹夜で漢字ドリルをやってきたにも関わらず、一問も同じ問題が出ないという事態に陥っていたマモルは、無理矢理空欄を埋めるもののあえなく0点。だがその時、突然クラスに3匹のワニを従えた転校生が入ってきて、もうワニの心配は無いと言う。彼の名は、世奈押郎。こんな世の中を少しでも良くしたいと思っている、一介の小学生である……!

 そんなテンションの、小学生とは思えない渋さで世直しを行う人情ギャグ。今風のシュールな部分もありますが、どちらかというとバカバカしくて笑えるタイプのマンガです。まるで世紀末救世主伝説のようなキャラを出しておきながら、やってることがマル付けをしたいがためにテストを時間前に終わらせてしまうとか、非常にバカバカしいそれらのギャグは逆にセンスが光ります。「正しさ」には「企み」が隠れているとか、3秒以内と言いながら3から数え始めるのはおかしいとか、そういった小ネタも秀逸。ただし連載として考えた場合、一番のネックは、このクオリティを継続できるかどうかでしょう。今回は14ページ+16ページの二本立てですが、ギャグマンガとしてはちょっと長めなので、10ページくらいに凝縮しての短期集中とかで腕試ししてみてもいいんじゃないでしょうか。ネタを出し続けるのが難しいタイプのギャグマンガだけに、期待しています。

 作者はえーと、2年前に赤塚賞佳作を取ったのが最初なのかな? ギャグのネタは面白いですが、長く漫画家をやろうと思ったら画力がまだまだ足りてないと思いますので、そういう意味ではまだまだ精進の時でしょう。がんばってください。

| | コメント (0)

2009/08/22

よにんぐらし

Img418 宇仁田ゆみ 著。月刊まんがライフオリジナルにて2003年~08年にかけて連載、単行本全4巻完結。

 本田家は一男一女の四人家族。ところがちはるは思います、この家には、4歳の長女ゆりと、2歳の長男コタロー、そして29歳の夫タローくんと、野生児が3人もいると……。だけどちはるは幸せです。まだまだオムツの外れないやんちゃ盛りのコタロー、保育園に行くようになりお姉ちゃんとしての責任感も出てきたゆり、そして子供っぽいけれど優先して育児も手伝ってくれるタローくんたちといっしょに、昨日も今日もこれからも、ずっと4人で暮らしていけるのですから。

 そんな感じの、2歳児と4歳児の育児をメインとしたファミリー+ショートコメディ。育児メインだとネガティブなネタも出てきそうではありますが、この作品にはそういったネタはあまり無く、あってもラストは必ずポジティブに締めくくられているので、そういう意味では安心して読めます。メインストーリーと言えるものは特に無く、本田家4人のハートフルな日常を見守るというか眺めるというのがベストな表現の気がしますね。ゆりとコタローは当然として、ちはるとタローくんまで含めて非常に微笑ましくて、優しい作品でした。

 宇仁田ゆみと言えば、私の中では圧倒的に「うさぎドロップ」なわけですが、今度小学館から創刊される「月刊スピリッツ」でも新連載が始まるそうです。うさぎドロップはこないだ6巻が出たばかりで、先の読めない展開にハラハラドキドキさせられっぱなしなわけですが、今度の新連載も非常に楽しみにしています。ただ、うさぎドロップに響かない程度にしてくださいね? いやーしかし、うさぎドロップ6巻は、コウキママがああ出るとはちょっと予想外でした……。

| | コメント (0)

2009/07/26

よつばと!

Img390 あずまきよひこ 著。月刊コミック電撃大王にて2003年より連載中、単行本8巻まで以下続刊。

 小岩井よつばは、まだ5歳。夏休みを目前に控えたある日、ずーっと遠くにあるじーちゃんとばーちゃんの家から、とーちゃんと一緒に綾瀬家のとなりに引っ越してきました。田舎に比べれば家も多いし人も多いこの町は、よつばにとって目新しいものばかり。持ち前の行動力と元気さで、すぐに綾瀬家3姉妹とも仲良くなったよつばは、今日も元気に目を覚まし、一日を最高に楽しく過ごしてしまうのです。

 そんな出だしの、わりとハートフルなほのぼのコメディー。基本スタンスはよつばの日常をただ描くだけなので、起承転結と言える物はあまり無いのですが、かといって淡々とした話になるわけではなく、画になる場面場面をきちんと切りそろえてはある作品です。主人公が子供ということと、専門的なネタは無いということ、さらに一般生活におけるネガティブな部分もほとんど排除してあるということで、老若男女誰もが気軽に安心して楽しめる、すばらしい作品に仕上がっていると思います。ざっくばらんに言って、ちょー面白いです。

 不安というか今後の展開において気になる部分なんですが、よつばは作中で来年の4月から小学生なわけですが、管理された集団行動って、絶対無理だと思うんですよね……。このまま幼稚園や保育園に行かずに小学生を迎えるのは、平気なのかなー、と正直思ってしまいますが、そういう部分に重きを置くマンガでは無いでしょうし、心配する必要は無いんでしょう。それに、1巻で7月だったのが8巻ではまだ9月か10月くらいなので、入学は多分20巻くらい? まだまだ先の話です。

 作者ですが、デビュー作が同誌の「あずまんが大王」なわけですが、このたび小学館のゲッサンであずまんが大王の新作を書き下ろして、単行本の愛蔵版も出てるんですよね。メディアワークスで現在も連載中なのに、なんで小学館でも描いてるの? とちょっと不思議な感じですが、将来的には小学館で新作を描いたりするんでしょうか。いやでも、メディアワークスがあずまきよひこを手放すとはとても思えないんだけどなー。実際問題としては、よつばとは電撃大王紙上で、確かに浮いてるとは思いますが……。このあたりは、色々かけひきがあるんでしょうね。

 かけひきといえば、作者のブログでよつばとがアニメ化されない理由が書かれていましたね。「アニメ化の打診はあるけど、アニメに向かない作品だから断っている」とのことですが、ようは「アニメ化して面白くなるとは思えない」って意味ですよね。これだけ聞くと何様だという風にもとれますが、確かによつばとは、アニメ化しやすい話としづらいというか無理な話とありますね。ハンバーグつくるだけの話とか。それならもっともっと粘って、アニメ26話きっちりつくれるくらいのネタを貯めてからのアニメ化の方がいいでしょうね。どんな優遇措置だよ、って気もしますが。

 なんか微妙に褒めてない気もしますが、私は作者も作品も大好きですので、ご承知ください。

| | コメント (0)

2009/06/11

弱虫ペダル

Img344 渡辺航 著。週刊少年チャンピオンにて2008年より連載中、単行本6巻まで以下続刊。

 小高い山の上に位置する千葉県立総北高等学校に行くには、緩やかで道路幅も広い通称正門坂と、距離は短いが斜度20%を超える激坂を登らなければならない通称裏門坂の二つがあった。小学生の時から毎週欠かさず45キロ先の秋葉原まで往復しているアニメオタクの新入生、小野田坂道は、人が通らなくて歌っても誰にも聞かれないからという理由で裏門坂を自転車で登っていたところを、同じく新入生の今泉俊輔に見られてしまう。中学時代に数々のロードレースの大会で優勝するも、中学最後の大会で大差で敗北させられた相手と再び戦うまでは全戦全勝を誓っていた今泉は、裏門坂をママチャリで歌いながら登っていた小野田にそら恐ろしさを感じ、気になる要素はすべて払い落とすためと小野田に裏門坂登りの勝負を挑む。アニメ・マンガ研究部を復活させるための部員集めをしていた小野田はそれを断ろうとするが、敗けたらアニ研に入ってやると今泉に言われ、一人目ゲットとばかりに勝負を請ける。それは、クライマーとして天性の素質と持った小野田坂道の、ロードレーサーとしての最初の一歩であった。

 そんな出だしの、自転車マンガ。競輪を扱った作品ではなく、ツール・ド・フランス等に代表される自転車レースを扱った作品です。そしてこれが、今週刊少年誌で一番熱い「少年マンガ」と言ってしまっていいくらい、面白い作品だったりします。その理由は一にも二にも、レースシーンが熱すぎる事でしょう。文字通り風を切る自転車の速さ、限界に近づく人の鼓動、並んだ時の熾烈なもがきあい。作者の作品はほとんど読んでいるつもりですが、こんなに速さと瞬間を表現するコマ割りができる人だとは知りませんでした。もちろん表現だけでなく、レース中の人と人との繋がりあいの表現もとても良いです。

 ストーリー部分は、正直あまり話は進んでいませんが、それでも今のところは全然面白いですし、来るべきインターハイに向けて着々と進行中、というところでしょう。小野田、今泉、鳴子と言ったキャラもいいですし、2年生も3年生も、それぞれ見せ場があって良い感じです。一人、同じく1年生の杉本というキャラがいるのですが、この杉本だけがちょっと報われてなくて可哀想です。キャラとしてはちょっと鼻につく言動はあるものの基本的にはいいやつだと思うのですが、なんか微妙に、退部しちゃいそうな雰囲気もあるんですよねー。そのうち見せ場が来ることを信じます。

 レースとレースの間の話の練り込みが甘いことや、序盤にいくつか設定上の矛盾点があることなど、ツッコミ所もあるにはあるのですが、レースシーンの熱さの前には正直全部無視できます。本当はそれじゃいけないのでしょうが、レースシーンが本当に面白い、という証拠にはなりますよね。この熱さを維持したまま連載が順調に進んでくれることを、本当に願っています。というか、「制服脱いだら♪」の頃から期待していた渡辺航がやっと売れたよ嬉しいー!(だまれ

| | コメント (0)

2009/03/11

ヨイコノミライ!

Img247 きづきあきら 著。COMIC SEED!(Webコミック)にて2003年連載開始、2005年の本誌休刊に伴い連載中断、単行本3巻まで。現在は名前を「ヨイコノミライ」と変え、書き下ろし120ページを加え完結した完全版が全4巻にて発売中。

 将来の夢はマンガ編集者という高校生、井之上広海が部長を務める漫画研究部の大半は、部室で漫画やアニメ等の批評や批判をわかったようにするだけで、まともな創作活動などしたことが無いという部員たちで占められていた。井之上は部員たちに漫画を描かせようとしつつも思い通りにならない日々を送っていたが、ある日保健室で青木杏という女生徒と出会い、それならば部誌を創るという目標をつくればいいのではと提案される。その作戦は見事はまり、根拠の無い自信の元、夢に向かってやる気を出す井之上と部員たち。だが理想ばかりが先走る部長と、マンガと呼べるようなものをまるで描いたことがない部員たちでは、まともなものが創れるはずもなく、計画はすぐさま難航する。そしてそれをけしかけた青木は、口先ばかりの部員たちの夢を叩き壊すため、密かに行動を開始するのであった。

 登場人物のほとんどが、いわゆる厨2病と言えるようなやばい性格の持ち主という、痛い青春群像劇。普通は夢に向かってがんばろう、障害があっても皆で乗り越えよう、という感じのストーリーになるところですが、メンヘラにリストカッター、ストーカー、etcと、痛いキャラばかりがそろっているため、痛い方向に話はどんどん進んでいきます。ところがそういった展開ばかりになりつつもストーリーは破綻なく進んでいくというのは、高い構成力があってこそでしょう。連載中は、この作品にはいったいどんな結末を用意してあるんだろう? と思いながら読み続けていましたが、出版社の倒産によりあえなく中断。どんな形でもいいから続きが読みたいと思っていましたが、単行本書き下ろしという形で読むことができ、本当に良かったです。

 そして期待したラストは、強烈なものではあったのですが、意外に救われる部分もあり、最初読んだ時はちょっとがっかりしたものでした。しかし今回読み返してみると、明るい未来が開けたキャラもいれば、そうでないキャラもいる、という、青春群像劇としてよくできたラストだと思うことができました。これはおそらく、当時と今との期待のベクトルが違うからなんでしょうね。面白い作品であるという事実には変わりありませんが、新しい魅力に気づけたようで、ちょっと嬉しいです。

 私はこの作品の単行本を、SEEDコミックで1~3巻まで持っていて、後から出た完全版は最終巻の4巻だけを持っていたのですが、今回レビューのために読み直していて、衝撃の事実に気付きました。それは、SEEDコミック3巻が13~18話収録で、完全版4巻は22話~28話収録だということ。あれ、19~21話は……? 今度完全版の3巻を買おうと思いますorz

 作者の作品は、ヨイコノミライ以前の短編集は多分全部持っていると思うのですが、以降の作品はサトウナンキという方の原作付きだという理由で、手を出していませんでした。ところが、今回完全版の4巻を読んでわかったのですが、このサトウナンキという方は、どうやらヨイコノミライにもからんでいるらしいんですよね。あとがきにそれっぽいことが書いてありました。というわけで、きづきあきら+サトウナンキ名義の作品も、これからは買っていきたいと思います。そして今回調べていて知ったのですが、きづきあきらとサトウナンキは夫婦だそうですね。なるほどー。

 ……しかし、ヨイコノミライを読んだあとにこんなレビューを書いていると、青木さんに「感想と書評の区別もつかない自称批評家」とか言われそうで怖いですorz いやその通りなんですけれどもorz

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り