2009/12/30

りびんぐゲーム

Img554 星里もちる 著。ビッグコミックスピリッツにて1990年~93年にかけて連載、単行本全10巻完結。

 社長を含めて従業員5人という小さな会社に勤める25歳の会社員、不破雷蔵の目下の不満は、住んでいる部屋がとにかく狭いということ。意を決して引っ越した先は、家賃は高いが広々とした2DK、しかも後日決まった会社の引っ越し先であるビルの目の前という好立地だったのですが……。なんと会社の引っ越し当日になって、会社が入る予定だったそのビルが手抜き工事で傾いてしまい、入れなくなってしまいます。元のビルには戻れないし、かといってある程度の広さがあって、すぐに荷物が置けて仕事が始められる場所なんて……。というわけでまさかのまさか、その条件にぴたりと当てはまった不破の新居に、会社が転がり込んできてしまったのでした。狭いのは嫌だと訴える不破でしたが、現状他にどうしようもなく、最終的には我慢するしかありません。ところがただでさえ狭いそこに、以前から約束していたからと、新人を入れると社長が言い出します。もう机を入れるスペースも無いと不満を募らせる不破でしたが、島根から出てきたばかりという15歳の女の子、氷山一角(ひやま いずみ)の希望とやる気に満ちあふれた台詞を聞いているうちに、不破は自分がまだ新人だった頃、仕事に広さは関係ありませんと熱意を持って言っていたことを思い出すのでした……。

 そんな出だしの、ホーム(住宅事情)ラブコメ。ストーリーはこの後、15歳ということで部屋探しがうまくいかないいずみちゃんが、最終的には不破くんの部屋(兼会社)で一緒に暮らすようになり……という感じで進んでいきます。そのあたりはとにかくいずみちゃんが健気で可愛いということもあり、展開的にもシチュエーション的にも読んでいて非常に楽しかったのですが、残念ながら中盤以降の三角関係部分にちょっと不満が残りました。具体的に言うと、今作では不破くんといずみちゃんはずっと両思いなのですが、そこに新キャラを出してどっちかに近づけさせて誤解から話がこじれて……、というパターンの繰り返しなんですよね。中盤までの時子絡みの三角関係はキャラも立ってたし設定もきちんとしてたし問題なかっただけに、中盤以降は非常に残念でした。

 しかしその部分にさえ目を瞑れば、いずみちゃんは健気で可愛いし、住宅事情ネタというのは当時の時流にもあっていましたし、いずみちゃんは健気で可愛いし、丸っこい輪郭の画は私好みだし、いずみちゃんは健気で可愛いしと、もう壊れたレコードのようになってしまうくらい、文句なしに私好みの作品でした。なんというかですね、この作品は私のマンガ人生の元となる作品(の片方)である、と断言してしまうくらい、私にとって重要な作品だということです。ああホント、いずみちゃん可愛かったなー。当時は萌えなんて言葉はありませんでしたが、今思うに私が初めて萌えたキャラというのは、このいずみちゃんだったのでしょう。

 ちなみに私のマンガ人生の元となるもう一つの作品は、椎名高志「ゴーストスイーパー美神 極楽大作戦!!」です。2009年の最初にGS美神の感想を書き、最後にこのりびんぐの感想を書くというのは、初期の頃から考えていたことですが、無事達成できてほっとしています。閑話休題。

 作者はその後、いくつもの作品を連載、完結させ、現在はビッグコミックスペリオールにて「光速シスター」を不定期連載中。どの作品もつまらないとまでは言いませんが、徐々に面白みは減ってきてるかなー、というのが私の正直な感想です。そんな状態なので、りびんぐの続編を書いて欲しいとはちょっと怖くて思えませんが、いつかまた、りびんぐ並みに面白い作品を描いてくれることを信じて、これからも読み続けたいと思っています。

| | コメント (0)

2009/03/31

リボンの騎士

Img270 手塚治虫 著。少女クラブ1953年1月号~56年1月号にかけて連載、単行本全3巻完結。現在は画像の文庫版全1巻が発売中。

 天使チンクのいたずらで、女の子の心と身体を持ちながら、男の子の心も併せ持って生まれてしまった王女、サファイア。天使長にしかられたチンクは、サファイアの中から男の子の心を取ってこいと言われ地上に遣わされるが、なんと城では王女ではなく王子が生まれたと噂になっていた。それは最初は誤解だったのだが、男の子でないと王位を継げないという掟があったこともあり、王は結局誤解を解くことなく、サファイアを王子として育てることにしていたのだった。――そして12年後、サファイアは朝8時から9時までの間だけを城の奥庭で王女として過ごし、それ以外の時間は王子として過ごすという日々を送っていた。そしてサファイアが男なのか女なのかもわからず、城に忍び込むこともできなかったチンクは、未だ地上にとどまり、サファイアと出会う機会を覗っていた。

 そんな出だしの、少なくとも名前は超有名な冒険ファンタジー。タイトルのリボンの騎士とは、サファイアが身分を隠して変装して戦う際の名前です。半世紀以上前の作品なわけですが、設定や展開、コマ割りなどはさすがに古くささを感じるものの、ストーリーの軸となる部分はわりとひねられていて、今でも十分面白く読めると思います。強いて注文をつけるなら、サファイア視点のストーリーとチンク視点のストーリーが、前半はあまり噛み合ってないと思うんですよね。そこがもっと噛み合ってくれれば良かったのになー、という感じです。

 この作品には、作者自身の手によるリメイク(なかよしにて連載)があるんですが、こちらは未読なので、そのうち読んでみたいと思っています。それと、現在なかよしにて連載中の「サファイア リボンの騎士」ですが、主人公はサファイアの子孫であり、リボンの騎士の続編という扱いらしいです。作者自身の手による、サファイアの子供が主人公の続編「双子の騎士」もありますし、これだけ派生作品が生まれるのも、リボンの騎士が素晴らしい作品であるという証拠の一つと言えるんじゃないでしょうか。

 手塚治虫といえばマンガの神様なわけですが、一番好きな作品を一つだけ選べと言われたら、悩んだあげくに「ブラックジャック」を挙げると思います。ブラックジャックと火の鳥は、完結してほしかったなー。

| | コメント (0)

2009/02/18

臨死!! 江古田ちゃん

Img211 瀧波ユカリ 著。アフタヌーンにて2005年より連載中、単行本3巻まで以下続刊。

 西武池袋線江古田駅近隣に住む24歳、江古田ちゃん(仮名)のポリシーは、家の中では全裸で過ごすこと。昼は派遣、夜はホステスをしており、時にヌードモデルも請け負います。運命の人を捕まえる気はまんまんですが、いいと思った相手とはほとんどいつもうまくいきません。人生に疲れてはいますが、でも自己流で乗り切る強さも持っています。冷静だけど夢見がち、バッドエンドが似合う女、そんな江古田ちゃんの本音と建前を、余すことなく公開中。

 見た目は強烈でかつシュールですが、本質を鋭く突いているような気もする日常系4コマ。面白いというよりも、考えさせられると言う方が正しい作品だと思います。描かれる独自の世界観は、一度浸かってしまうと抜け出せなくなるかもしれません。もちろん私は、もうとっくに抜け出せなくなっています。定期的に読み返すべき作品ですね。

 いつか来るであろうラストでは、ぜひ江古田ちゃんには幸せになってほしいとは思うのですが、でも江古田ちゃん、君には普通の幸せなんて似合わないよ……

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り