2009/05/14

ONEPIECE

Img317 尾田栄一郎 著。週刊少年ジャンプにて1997年より連載中、単行本53巻まで以下続刊。

 海賊が世界の海を制している時代。カナヅチでありながら海賊に憧れる少年、モンキー・D・ルフィは、町を拠点としていた海賊、赤髪のシャンクスに仲間にしてくれと頼んでは断られる日々を送っていた。そんなある日、ルフィはシャンクスたちが奪ってきたゴムゴムの実を、それと知らずに食べてしまう。それは、一生泳げなくなる代わりに特別な力を得るという悪魔の実の一つであり、食べると身体がゴムになってしまうというものであった。泳げなくなる代わりに能力を得たルフィだったが、別のある日、山賊たちがシャンクスたちをバカにしているのに腹をたて口を出したことで、山賊の頭に海に突き落とされてしまう。泳ぐこともできず、同時に巨大海獣にも襲われ、絶体絶命ピンチのルフィを救ったのは、海に出ていたはずのシャンクスだった。シャンクスは一睨みで海獣を追い払うとルフィを助け出すが、その代償は大きく、左腕を丸ごと失ってしまう。こうしてルフィは、海の過酷さと、己の非力さ、そしてシャンクスの偉大さを知ったのであった……。そして10年後、鍛え、力を得たルフィは、一人海賊として海へと旅立つ。目的は、10年前に借りた麦わら帽子をシャンクスに返すこと。そして、海賊王になることだった。

 知らない人はいないんじゃないかと思えるくらい、ちょー有名な冒険バトルファンタジー。この後仲間を集めたり他の海賊や海軍と戦ったりしながら海をまわり、海賊王ゴールド・ロジャーが残した一つなぎの大財宝「ONEPIECE」を目指して旅を続けることになります。連載開始から12年というものすごい長期連載となっており、さすがに連載初期と比べれば爽快感は減っていますが、それでも今でも問題なく面白いです。中期以降はシリーズ一つ一つが長編になってしまい中だるみ感もあるのですが、特に心配していた空島編ラストが個人的に素晴らしかったこともあり、もう今は変に心配することなく毎週毎週楽しみに読ませてもらっています。キャラもそうとう増えたわけですが、現在連載中のインペルダウン編なんてその増えたキャラをうまく使ってるなー、という感じです。というか私は多分信者と言えるくらい好きなので、何でも褒めますよ?

 一番好きなキャラは何か悩むところではありますが、サブキャラではスモーカーとたしぎのコンビの再登場が楽しみです。好きな話は圧倒的に単行本11巻収録の第94話。アーロンを倒しナミが本当に仲間となる回なのですが、サブタイトル「2人目」の意味に気付いた時は、正直震えました。もう最高です。

 まだまだ話は終わらないとは思いますが、正直風呂敷を畳めるのだろうかとか心配はしていないので、もう作者の好きなように描いてもらいたいです。少なくとも私は、ずーーっと読み続けますよー。

| | コメント (0)

2009/04/08

WORKING!!

Img278 高津カリノ 著。ヤングガンガンにて2004年より連載中、単行本6巻まで以下続刊。

 ファミリーレストラン、ワグナリアの新人アルバイト、小鳥遊(たかなし)宗太は、子供、仔犬、仔猫、ハムスター、ミジンコなど、小さいもの好きのロリコン高校生(本人自覚無し)。このバイトを始めたきっかけも、見た目小学生(実際には高校生)の先輩、種島ぽぷらに勧誘されたからです。毎日小さな先輩に「かたなし君、かたなし君」と舌足らずに間違って呼んでもらい、幸せにひたる小鳥遊でしたが、仕事もしないで食べてばかりの傍若無人な店長、白藤杏子や、その店長を盲信しつつ、接客時でも帯刀している轟八千代、男性恐怖症で嫌いな余りにすぐ手が出る伊波まひる等、迷惑をかけられる相手もたくさん。そんな小鳥遊の勤めるワグナリアは、「病みつきになる危なっかしさ」と、常連さんたちにも密かな人気なのです。

 ファミレスを舞台にしたギャグ4コマ。ラブコメ要素も有り。個性が豊かすぎる店員たちのかけあいが楽しいマンガ。主人公扱いである小鳥遊(小鳥が遊ぶ=捕食者(鷹)がいない=たかなし)はロリコンではありますが、性的に云々というのはありませんので、安心して読めます。人気投票では伊波さんがダントツトップらしく、そのせいかはわかりませんが、初期に比べると先輩の出番が減ってしまったのが、個人的には残念です。

 設定がかなり似ている、同じくファミレスを舞台にしたショートギャグ「ハニカム」を読んだ際は、ハニカムの方が面白いなーと思ったものでした。ところが今回WORKING1巻を読み返してみたらなんともはや、やっぱりこちらも面白いです。分析するに、ハニカムと比べたのはWORKING5巻時なので、まずWORKINGにマンネリ感を加味してしまっていたのと、WORKINGは4コマでコマの大きさがすべて同じですが、ハニカムはショートギャグなのでコマの大きさは自由自在と、ハニカムに目新しさを感じていた結果なんでしょうね。結論としては、どちらも負けず劣らず面白いということで、一つよろしくお願いします。

 このWORKINGですが、実は作者のWebでは、別店舗別キャラという設定での同名作品が掲載されていたりします。その歴史はガンガン版WORKINGよりも古く、作者はWeb版の人気により商業デビューを果たしたということらしいです。すごいのは、商業デビューしてもう何年も経っているというのに、Web版の更新がまるでおろそかにならないこと。きっとそのうちWeb版も単行本化されるんでしょうが、今現在はフツーに無料で読めますので、未読の方は一度読んでみてください。面白いですよー。

 ハニカム(サイト内ページ)

| | コメント (0)

2009/02/21

ワンダービット

Img216 島本和彦 著。ログインにて1991年~94年にかけて連載、単行本全4巻完結。現在は写真の文庫版全3巻発売中。

 好き嫌いが多い人や、食べ物を残す人をこらしめるため、科学者、首藤レイは食べ物が人を選ぶようになる機械を開発し、作動させる。機械は正常に作動し、食べ物を残すような人の前からは食べ物が消えたが、同時に首藤レイの前からは、彼が唯一嫌いなナス以外の食べ物が消えてしまった……。魔法のランプから出てきた魔神に、3つの願いを10000個にしろと男が言うと、なんとその願いは叶えられてしまう。喜び勇んで様々な願いを言う男だったが、すぐに願いたい事は尽きてしまい、男は願いを言うことすら苦痛になってしまった……。平行世界の自分に出会った男は、お互い示し合わせてわざと違う選択肢を選び、未来にどう影響が出るかを確かめようとした。結果は少しずつ、だが確実に出始め、やがて楽な選択肢を選び続けてしまった側の男は、自分がもう一人の自分に比べて、明らかに劣ってきたことを知ってしまった……。くだらないアイデアをSFっぽく味付けし作品にまで昇華させた、島本風無駄に熱血短編集。

 3つの願いを100個にしてもらう、とか誰でも考えると思うんですよね。で、そこからさらに発展させて、オチのある作品に仕立て上げてしまう。それを月2回ずつ連載していく(当時のログインは月2回発行でした)。そこがこの当時の作者のすごかったところでしょう。短編集だけあって、面白い話もあればそうでもない話もあるわけですが、総じて作品のレベルは高いです。私が一番好きだったのは、「怪奇カメムシ男」ですね。ヒーローにあこがれていた男がいたが、いつまでたっても悪の組織は現れない。それならばと自分で悪の組織を旗揚げし、息子をヒーローに育てあげ、息子に倒されようとするが、まだ息子が小さい時に、組織を乗っ取られてしまう……。この後の展開が最高です。あとは上でも描いた、平行世界を描いた「敵に勝つより己に勝て!!」とかですね。これもラストが最高。

 島本和彦と言えば代表作は山ほどあるわけですが、私としては「逆境ナイン」「燃えよペン」そしてこの「ワンダービット」がトップ3ですね。そういえばワンダービットには、確か本連載前のプレ連載の時に、この世にはマンガの釜があって、そこに手を入れてマンガを取り出す、というのがあって、そこに一度取ったマンガを落としてしまった島本和彦が、釜の女神から「あなたが落としたのはこの金の作品ですか? それとも銀の作品ですか?」と聞かれ、正直に答えて金と銀の作品をもらう、というネタがあったんですよね。で、片方がこのワンダービットだったと思うのですが、もう片方はどうなったんだろう。そしてその話は、文庫版のワンダービットには収録されてないんですよね。確か初期単行本の方には収録されていたと思うのですが、手元にないので確認もできません。残念。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り